1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0010号

メルマガバックナンバー0010号

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 2004/10/22━
●【音的♪生活】・・・音の匠のお悩み解決塾!       ● 通算 第10号
          <http://www.soundzone.jp/>
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

□■ みなさんこんにちは、音美です! 
このメルマガも今回で10号。ついに二ケタになりました。
皆様、読んでくださって、ほんとうにありがとうございます。
先号の「新・音の辞典」プレゼントへの返信でも、「楽しく読んでいます」とのうれ
しいコメントを何通もいただきました。皆様の声を励みに、これからも楽しいメルマガ、
お届けしまーす!
さて、今号は? 音楽に造詣の深い音美の友達ヤヨが、また興味ある話をしてくれました。
----------------------------------------------------------------------------
♪ 目次 ♪
● 【レコードの逆襲!?】    
● 【音の辞典】   -アナログとデジタル デジタルはなぜ高性能?-
● 【NEWS】  -BOX型防音室「mysta」発表!-

-----------------------------------------------------------------------------
■ 【レコードの逆襲!?】 
-----------------------------------------------------------------------------
1982年、鳴り物入りで発売されたコンパクトディスクはたった5年間で市場を席巻し、
「レコード屋」は次々と「CDショップ」へと姿を変えていきました。
1877年のエジソンによる蓄音機発明から実に105年の歴史を重ねてきた
アナログレコードは、その新参者に土俵際まで追い詰められます。
利潤を追求するレコード会社はプレスを中止。さらに致命的であったのは、
レコードプレイヤーの「命」とも言えるレコード針の生産が次々と止められたことでした。

針がなければ、せっかくのレコードコレクションも宝の持ち腐れ。レコードで持っていた
名盤をCDで買いなおす「再消費」により、業界は一種のバブルを迎えました。

「レコード盤は過去の遺物になる」
誰もがそう思ったことでしょう。

しかし現実はそう単純ではありませんでした。
頭を冷やした音楽ファンは、しだいにCDの力量を問い直し始めたのです。
そしてそこで露呈したのは、圧倒的な音質の違い。音圧の違い。そして空気の違い。

またLPならではの、広いキャンバスを使ったレコードジャケットのアート性が
再評価され、さらにはDJ人気も追い風となり今やレコードは完全復権となりました。
アナログプレイヤーも新製品が続々と発売され、レコードバッグを持ち歩けば
「おしゃれ」と言われる昨今。
レコードの「溝」から発せられる空気のうねりは、デジタル信号に取って代えられる
ものではありません。

部屋の電気を少し落として、好みのお酒を一杯だけスタンバイ。
ジャケットを愛で、レコード盤の裏表を確認してターンテーブルをまわし、針を落とす瞬間。
至福のときが、そこにあります。

音を思いっきり楽しめるオーディオルームが欲しいなあと思ったら
⇒⇒⇒    http://www.soundzone.jp

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■	音の辞典  -アナログとデジタル  デジタルはなぜ高性能?- 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

さて、アナログ(レコード)とデジタル(CD)の違いって何でしょうか。
当たり前のように使っているけど、いざそう聞かれると??
ちょっと複雑そうだけど、やさしく説明するから読んでね♪

アナログとは、数値を連続的に変化する物理量で示すこと、デジタルとは、
連続的な量を段階的に区切って数字で表すこと、です。

アナログは、「類似した物」「相似形」「類似語」などの意味があります。
アナログの代表、レコード盤には細い溝があって、その溝をレコード針が
トレースして音を再生しています。
このレコードの溝の壁面は波状になっていて、この波が音波を表しています。
つまり溝の壁面の形と音の波が相似形であるという訳です。再生時は壁面の波で
針が振動して電気信号になり、この信号がアンプで増幅されスピーカーを駆動します。
つまりスピーカーから出る空気の波と、レコードの壁面の波は相似になるのです。 

次にデジタルであるCDを見てみましょう。
デジタル信号は1と0だけで成り立っています。
CDは、アナログ音声波形の高さを測りこれを16個のデジタル信号に置き換えます。
この測定と置き換えは1秒間に44,100回(!)行われます。このようにして置き換えられた
デジタル信号が1列の1か0にされてCD盤上に渦巻き状に記録されています。 
再生では読み出した16個のデジタル信号により表される高さの電圧を順番に並べ
ます。そしてその隙間をなだらかにして元の音信号の波形として取り出すのです。 

しかし何故アナログは性能が悪く、デジタルは高性能に見えるのでしょうか。
それは、アナログ信号はコピー、つまり記録をすると、多かれ少なかれ元の信号とは
異なったものになるからです。つまりコピーをする度に音や映像が劣化してしまうのです。
これに比べデジタルでは1か0かを間違えさえしなければ、コピーを繰り返しても
劣化はしない、ということなのです。

アナログがデジタルか、あなたのお好みはどちらですか?

■■NEWS■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

BOX型防音室「mysta」 発表!

防音したいけれど、床・壁を傷つけられないし・・・と悩んでいる賃貸住宅の方に朗報です!
【音的♪生活】 第2号でお知らせしたBOX型防音室「mysta」の細かい仕様が発表に
なりました。自分だけのプライベートスタジオが家の中に出来ちゃいます。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◇◆ 先号お知らせしましたが、ついに音美登場の「新・音の辞典」が完成しました!
左から開くと「音の辞典」、右から開くと「音的♪生活はじめませんか?」楽しいコラムが
満載です。今、この冊子を無料でプレゼントしています。
こちらのフォームにメルマガの感想を書いてどしどしお申し込みください!
               ⇒⇒⇒   http://www.soundzone.jp/info3

秋も深まってきましたね。いつまでたっても台風がやってきて、どうなってるの今年は?
音美もお遊び計画がたてられず毎日憂鬱。こんな気候が不安定なときは体調も
悪くなりがち。皆さん、風邪などひかないようにご注意くださいね。
では、次号まで、音美でした。  ◇◆

*********************************************************************

防音・音響工事のご相談は ⇒⇒⇒    http://www.soundzone.jp/

*********************************************************************
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定のの実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら