1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0011号

メルマガバックナンバー0011号

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 2004/11/05━
●【音的♪生活】・・・音の匠のお悩み解決塾!       ● 通算 第11号
          <http://www.soundzone.jp/>
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

□■ みなさんこんにちは、音美です!
ハロウィンも終わり、季節はもう11月。ちまたでは、すでにクリスマスツリーを
見かけるようになりました。ここ2、3日はまだ暖かいですが、一気に寒くなる
のでしょうね。

さて、今号のメルマガは?
音美の姪っ子が誕生日プレゼントに「携帯MDプレイヤーがほしい!」と言いました。
それを聞いたその父は「これからはMP3プレイヤーだろう」と知ったかぶり。
最近よく耳にする「MP3」。そもそも「MP3」って何でしょう?

----------------------------------------------------------------------------

♪ 目次 ♪
● 【“MP3”ってなあに?】    
● 【引き続き“MP3” プレイヤーの話】 
● 【ヘッドフォンの音漏れ】  -あなたは迷惑掛けていませんか?

-----------------------------------------------------------------------------
■ 【“MP3”ってなあに?】 
-----------------------------------------------------------------------------
MP3とはエムピースリーと読み、「MPEG Audio Layer-3」の略で音声圧縮技術の規格の
名称です。

あっ、今読み飛ばそうとしましたね。だいじょうぶ、やさしく解説しますから!

CDと同等の音質を保ちながらサイズを大幅に縮小できる音楽形式で、パソコン上で
手軽に音楽を楽しむための新しい技術です。
音質をほとんど劣化させずに約11分の1の容量に圧縮することが出来ます。

具体的には、音楽CDからパソコンに何百曲も取り込んで、CDを用意しなくてもいつでも
音楽を聴くことができるものです。
パソコンの中に曲を保存するとき、このMP3の技術を利用します。

圧縮の仕組みは、人間が聞き取れない音をカットするというもので、規格は異なりますが
MD(MiniDisc)も同様の方式を取っています。人間が聞き取れない音をカットして圧縮する
ためCDと聞き比べてもほとんど差がありません。

けれど、MP3には著作権保護機能がないため、市販のCDから音楽をパソコンにコピーして、
MP3で圧縮、インターネットを通じて配布する海賊行為が世界的に問題となっています。
自分の持っているCDをMP3にして聴くなど、著作権法に沿って楽しむ分には、なんら問題は
ないのですけれど。

♪ さて、少しはMP3のこと、わかっていただけましたか? 
  ではなぜMP3は注目されているのでしょうか ♪

MP3はもっとも高音質な音楽形式だから広まったわけではなく、音質とファイルサイズの
バランスが良く、規格も公開されたため多くのソフトウェアに採用されて使用されるように
なりました。どんなに優れた規格でも、ある程度の普及がなければ対応するソフトウェアや
ハードウェアが少ないなど、使い勝手はよくないですよね。昔々のビデオ規格 
-ベータとVHS戦争でVHSが勝利したようなかんじです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■	【引き続き “MP3” プレイヤーの話】 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さて、その音データを持ち歩いて再生するのに必要なのが、先ほど登場したプレイヤーです。
ウォークマンのような携帯型がほとんどなので、「携帯プレイヤー」「ポータブルオーディオ」
などと呼ばれることもあります。

その最大の魅力は、携帯性にあります。例えば、40GB(ギガバイト)の容量を持つプレイヤー
なら、手のひら程度の大きさで3~4分の曲が軽く8,000曲は入ります。
CD数百枚分をポケットに入れて持ち歩けるなんて、衝撃的ですよね。
CD3枚分ぐらいの容量でよいなら、何とライター程度の大きさのものもあるようです。
おおざっぱに言って、3~4分の曲なら1GBあたり200曲ほど入ると考えればよいようですよ。
製品としては、アップルのiPodや、Rioなどよく聞かれますね。

パソコンで作成(変換・エンコードとも呼ぶ)した音データをMP3プレイヤーに転送すれば
準備は完了。
さて、よい音を気軽に楽しむことができるでしょうか?!
一度機会があったら、試してみてください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■	【ヘッドフォンの音漏れ】 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
音美のところに寄せられるご相談は、防音室などに関するお悩みが殆どなのですが
日常の音の不満を何とか聞いて欲しい!という次のようなメールもあります。

「電車の中で、ヘッドフォンから漏れてくるあのシャカシャカ音! あれって、ご本人は
気づかないのでしょうか?普通の音量で聞いていれば音は漏れてこないと思うのですが、
(実は私も試してみたことがあります)、よほどの大音量で聞いているのでしょうね。
耳にもよくないように思うのですが、何とかならないものなのでしょうか・・」

中にはわざと周りに聞かせているんじゃないかと思われるような人も! 電車ならまだ
逃げ場があるけれど、バスや新幹線だったら、なおどうしようもない!といった意見も
ありました。

今ドッキリした、そこのあなた! どのくらいの音量なら音漏れしないか、
一度試してみてはいかがですか?自分が知らない間に他人に迷惑掛けているかも
しれませんよ。

音美へのご相談は   ⇒⇒⇒  mailto:info@kankyospace.com

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◇◆ 11月3日は「文化の日」。祝日はうれしいけど、ところで「文化の日」って
どんな意味? 調べてみると、「自由と平和を愛し文化をすすめる」国民の祝日だそうです。
知らなかったなぁ。この時期学園祭が多いのはこれと関係が...ないか??
あなたはどんな文化の日を過されましたか?
では、次号まで、音美でした。  ◇◆

**************************************************************************

防音・音響工事のご相談は ⇒⇒⇒    http://www.soundzone.jp/

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定のの実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら