1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0018号

メルマガバックナンバー0018号

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 2005/02/18━
●【音的♪生活】・・・音の匠のお悩み解決塾!       ● 通算 第18号
          <http://www.soundzone.jp/>
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

□■ みなさんこんにちは、音美です!

昨日は春を予感させるような風でしたが、今日はまた一転して真冬の寒さ。
風邪をひいている方も多いのではないでしょうか?

さて、風邪にしろこれから悩まされる花粉症にしろ、つきものの「くしゃみ」。
今号はくしゃみのお話から。

----------------------------------------------------------------------------

♪ 目次 ♪

●	【くしゃみはなぜ出る?】 
●	【音のお悩み、解決します】  - 犬の鳴き声のご相談 -
●	【音の辞典】  - 超音波、超・音波? -

-----------------------------------------------------------------------------
■  【くしゃみはなぜ出る?】 
-----------------------------------------------------------------------------

鼻の粘膜に異物が張り付くと、その刺激が呼吸筋(肋間筋や横隔膜)に伝わって
呼吸筋を緊張させます。緊張に耐えきれなくなると一気に緩み、気道から空気が
勢いよく飛び出して異物を吹き飛ばします。これがくしゃみです。

なんだかよくわからない?
そうですよね。
もっと簡単に言うと、身体に入ろうとしているほこりなどを外に出そうとする
人間の働き、と言えるでしょう。

比較的きれいな所で集めた呼吸1回分(=0.5リットル)の空気の中にも、
17万個以上のほこりが含まれています。
実は、知らないうちに人はたくさんのほこりを鼻から吸っているのです。

鼻から吸いこまれたほこりは、まず一部が鼻毛にくっついてとらえられます。
さらに奥に入りこんだほこりは、ねばねばした鼻水でとらえられます。
それでもとらえられなかったほこりがさらに奥まで入りこむと、くしゃみが出ます。

くしゃみは、鼻毛や鼻水でとらえられなかったほこりが鼻の奥までやってきた時、
それを外に追い出そうとして出るのです。
そして、空気中にふくまれるウイルスや細菌が鼻から身体の中に入ってくるのを
防ぐ大切な働きもしています。

くしゃみをすると、つばは秒速8mもの速さで吹き飛びます。

100万分の1秒の動きまでとらえるカメラで、くしゃみの時の体の動きを調べると、
ハ・ク・ションの3段階で出ていることがわかりました。

「ハ」の動きでふだんの4倍の量の息(=2リットル)を吸い、
「ク」の動きで息をこらえて肺(はい)の中の空気をぎゅっと押しつぶし、
「ション」の動きで押しつぶされた空気を一気にはき出します。

「ハ」「ク」「ション」のすべてに意味があるなんて、おもしろいですね。

とはいえ、花粉症の方には面白がっている余裕はないと思います。
コップがいっぱいになってしまった方、お見舞い申し上げます。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 【音のお悩み、解決します】  - 犬の鳴き声のご相談 -
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

音美のところに最近寄せられるお悩みで目につくのが「犬の鳴き声」。

飼っている方が吠える声を気にして、何とか防音できないかといった
ご相談が寄せられます。なかにはブリーダーをしている方もいらっしゃいます。

先号のメルマガでも、名古屋市の裁判の例をお話しましたね。

ちょうど1年ほど前、犬の鳴き声について環境省が初めて実施した
騒音レベルの調査結果があります。

調べたのは、シェパードやビーグル、ミニチュアダックスフンドなどを含む
計11種類26頭。犬から5メートル離れた場所で、ほえた時の騒音レベルを
測定しました。

結果は、ラブラドルレトリバーとアメリカンコッカースパニエルの鳴き声は
92デシベルで、金属プレス機から5メートル離れた場所で測定した騒音
(90デシベル)を上回ったとのこと。

シェパードやゴールデンレトリバー、ミニチュアダックスフンドの鳴き声も、
5メートル離れた場所で聞く大型自動車の走行音(86デシベル)より
うるさかったそうです。

02年度に東京都、横浜市、大阪市に寄せられた飼い犬に関する苦情は
計2万1420件。そのうち10%は、鳴き声がうるさいという内容でした。

環境省動物愛護管理室は「飼い主にはうるさくなくても、イヌの鳴き声は
騒音レベルが高く、近隣の迷惑になる。飼い主は、無駄ぼえしないように
しつけたり、防音の工夫をした犬小屋を使うなど飼い主側の対応が求められる。」
と話しているそうです。
 
ご心配な方、音美にご相談くださいね。  →   mailto:info@kankyospace.com


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■  【音の辞典】  - 超音波、超・音波? -
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

犬は鳴き声で会話しているのでしょうが、イルカやコウモリなどが会話をしたり、
自分の位置を感知するのに利用しているのは超音波。

音波? 超・音波? さて、何を超えているのでしょうか?

ふつう、私たちの耳には50ヘルツから15キロヘルツくらいの周波数の音が
聞こえます。この、人の耳で聞きとる事のできる音波を可聴音、それ以上の
高い周波数の音を不可聴音、または超音波と呼びます。

つまり超音波とは人間の耳に聞こえない、周波数15キロヘルツ以上の
高い音のことを言うのです。

この超音波は固体や液体の中を遠くまで伝わり、違った物体に出くわすと、
その境界面では透過したり反射する性質があります。

しかも、いくら大きな音を出しても人の耳には聞こえませんし、X線のように
被爆の心配がなく人体に無害であることから、工学や医学の産業分野で
多方面に利用されています。

例えば、病院での心臓や胎児の診断に利用されているエコー検査を
ご存じの方も多いのでは? 

手術をしないで腎臓結石を取り除くことだってできるのです。

女性に多い骨粗鬆症の診断も、超音波を利用して、かかとの骨の音速を
測定して行います。なぜ、かかとの骨かというと、ここが脊椎以外の
部位でもっとも骨量を評価しやすいんですって!

おもしろいところでは、お肌の深部にまで刺激を与え、深部からの皮膚の
活性化により顔面のシワを減らすこともできます。
もちろん音美はまだ大丈夫ですけれど!!

また、油やガス漏れの診断に役立つ機械構造物の接触面間の圧力分布や
締結されたボルトの軸力を測ったりしています。

もともと超音波を利用した最初の計測技術は、海中に漂う氷山の発見が目的でした。
これはご存じ「タイタニック号」の事故が発端と言われています。
このような事故を未然に防ぐために、その90%が海中に没しているといわれる
氷山を発見することが必要となりました。

その後この技術は、第2次世界大戦において、ドイツの潜水艦Uボート発見の
ための潜水艦ソナーや、魚群探知機としても活用されていきました。

すばらしきかな、超音波! ですよね。
 

■■NEWS■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

引っ越しました!

環境スペース株式会社は、恵比寿4丁目から3丁目に移転いたしました。
ガーデンプレイスのすぐお隣です。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◇◆  今は受験シーズン真っ只中ですね。未来に、夢に向かって努力する、
すてきなことです。寒いけれど、ぜひがんばってもらいたい、そしてそのがんばりを
少し見習わなくちゃ、と思っている音美でした!  ◇◆

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
  発 行 : 環境スペース株式会社  http://www.soundzone.jp/
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3階
TEL 03-5795-1215   FAX 03-5795-1216
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定の実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら