1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0020号

メルマガバックナンバー0020号

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 2005/03/18━
●【音的♪生活】・・・音の匠のお悩み解決塾!       ● 通算 第20号
          <http://www.soundzone.jp/>
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

□■ みなさんこんにちは、音美です!
メルマガ第18号で花粉症のことに触れましたが、この2~3週間の花粉の
飛び方は尋常ではないようで。 かく言う音美もついに! 涙と鼻水に
悩まされています。
とは言っても、ガラス張りの無菌室で一日過ごすわけにも行かず・・・

さて、メルマガ第20号は「ガラス」のお話です。

----------------------------------------------------------------------------

♪ 目次 ♪

●	【ペアガラスは防音に効果的?】 
●	【効果的な窓の防音は】 
●	【音の辞典】
  - ちょっとむずかしそうですが・・・「質量則」と「コインシデンス効果」 -

-----------------------------------------------------------------------------
■  【ペアガラスは防音に効果的?】 
-----------------------------------------------------------------------------

ペアガラスってご存知ですか?

サッシにはめ込まれるガラスがペアつまり2枚になっているガラスのことで、
複層ガラスとも呼ばれます。

2枚の板ガラスの間の乾燥空気層が断熱効果を生み出します。
空気層は一般的に6mmまたは12mm。空気層が大きいほうが断熱性に
優れます。封入した空気を乾燥させておくのはペアガラスの内部で結露を
起こさないためで、乾燥を保つために乾燥剤が充填されています。
断熱性にすぐれるペアガラスは結露も発生しにくくなります。

何だか素敵なペアガラス。ペアっていう言葉の響きもいい感じ。

さて、ペアガラスは防音効果も優れているのでしょうか。

ガラスの間に空気層があれば、いかにも音を防いでくれそうですが、
実はこれは正しくありません。

単板ガラス6mmのものと、3mmのガラスを2枚用い空気層12mmの
ペアガラスを比較してみます。

周波数2KHz付近はペアガラスの方の遮音性が良いのですが、
1KHz以下では6mm単板の遮音性の方がよくなります。

低音域で遮音性が低下するこの原因は共鳴透過といって、
ペアガラスの内部で起きる共鳴現象が原因です。
2枚のガラスの厚さが異なればまだよいのですが、同じ厚さのガラスを
使用したペアガラスだと、ある周波数によっては音が共鳴してしまい、
防音効果はあまり期待できない、ということになります。

けれど最近は2枚のガラスの間が真空な真空ガラスもあり、
この真空ガラスには、防音効果の高いタイプのものもあるようです。

音の世界は難解複雑で、質量則とかコインシデンス効果という聞き慣れない
単語で説明される現象により、単に厚さを2倍にすれば騒音は半分になる、
というようなものではありません。

ペアガラスは断熱の効果が断然アップ、冬の暖房燃料の消費量は
半分になります。
また断熱だけではなく、不快な結露、さらにLow-E複層ガラスには
紫外線カットの効果もあり、なかなかの優れものではあるのです。

ガラス一つとってみても奥が深く、特性をよく知って的確に
使うことにより快適な生活が送れそうですね。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■  【効果的な窓の防音は】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

では、効果的に窓からの音を防ぐにはどうすればよいのでしょう。

防音ガラスもあるのですが、「二重サッシ」の効果が高いと
思います。

二重サッシは今ある窓サッシ(今は多くの場合アルミサッシ)の
内側に内窓をつけます。
二重サッシにすることにより、サッシの枠と戸のすきまからも音が
入ってきにくくなります。
同時に断熱性も非常に高く冷暖房効率を高めます。

ただ、ご存知の通り、音は空気の振動ですので、窓を二重サッシに
するだけではだめで、天井、壁、床などからも音は伝わります。

気になる方は音美にご相談ください!

音美へのご相談   ⇒⇒⇒  mailto:info@kankyospace.com

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■  【音の辞典】 
- ちょっとむずかしそうですが・・「質量則」と「コインシデンス効果」 -
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

先ほどちょっと触れた「質量則」と「コインシデンス効果」。
せっかくですので、簡単にご説明しますね!

まず、質量則。

これは、壁のような板状材料の遮音特性に関する基本的な原理です。

複雑な式はさておいて、一般に「高密度で質量が大きい物質である程、
音を遮る能力が高い」という法則です。

つまり遮音性能は、同じ質量であれば厚い方が高く、同じ厚みであれば
質量が重い方が性能は上がり、また、高音域になるほど音を防ぎます。


さて次に「コインシデンス効果」。

物質によっては、固有の音域では共振現象を起こし、音を通しやすくする
音域があります。これをコインシデンス効果といいます。

質量則がある周波数域になると、透過損失が質量則より下回る現象です。

まだわかりにくいですね。

あらゆる物質は、ある周波数で共振して音を通しやすくする
(透過損失が低下する)性能があります。
つまり、壁を通る音は高い音になるほど聞こえにくくなるはずなのですが、
それがある周波数になると、壁を通り抜けてしまい、その音だけが
よく聞こえてしまう、ということなのです。

音ってほんとに一筋縄ではいかないですね。
でもきちんと気を使ってうまく付き合えれば、至福のひとときを与えても
くれるもの。

音的♪生活、思いっきり楽しみましょう!!

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◇◆  3月は卒業式、謝恩会シーズン。華やかで楽しくもあるけれど、
ちょっぴり別れの寂しさもある、そんな季節です。
4月から新たなステージでスタートを切る方も多いのではないでしょうか?
さあ、もうすぐ桜が咲くでしょう。
そう思うとなんとなく心がウキウキしてしまう音美でした!  ◇◆

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定のの実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら