1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0041号

メルマガバックナンバー0041号

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 2006/01/06━
●【音的♪生活】・・・音の匠のお悩み解決塾!       ● 通算 第41号
          <http://www.soundzone.jp/>
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

□■  みなさんこんにちは、音美です。
このメルマガを読んでくださってありがとうございます。心より感謝いたします。
2006年、新しい年が始まりました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
新年初メルマガ、やはり「音」の基本のお話から。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

♪ 目次 ♪

● 【音はどうやって生まれる?】
● 【音の伝わり方】  - 空気伝播音と固体伝播音 -
● 【音の速さ】

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 【音はどうやって生まれる?】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

音はどうやって生まれるのでしょうか?
このメルマガでも何度かお話させていただきましたが、
「基本のき」なのでもう一度。

音は、空気のある場所で物が振動すると起こります。
物の振動が空気を運動させて音に変換されるのです。

音を発生させるためには空気の他に、発生の元となる
「音源」と「空気を振動させるエネルギー」が必要となります。

音は空気圧を高くしたり低くしたりして、空気の分子を
進行方向に前後にゆすり疎密を作り出し、その分子が
バネのように振動して空気中を伝わります。

だから、宇宙空間に音は存在しないのです。
空気がなければ波紋ができず空気の疎密が生じないからです。

エネルギーを伝える媒質が進行方向に振動するので縦波と言います。

人間が音を聴くというのは、空気の分子の振動が耳の中にある
鼓膜を振動させ、それが何らかの信号に変換されて神経を通り、
脳に送られて処理されることで音として感じます。

空気の分子はバネのように押されたり引き戻されたりして
空気中を伝わります。
音量がとても大きいと耳から聞こえる音としてだけでなく、
体でも空気の振動を感じます。
近くで花火を見た時、太鼓の音を聞いた時、耳だけでなく
体に響く空気の振動を感じるのがこれです。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 【音の伝わり方】  - 空気伝播音と固体伝播音 -
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

音の伝わり方には「空気伝播音」と「固体伝播音」の2種類があります。

「空気伝播音」とは、空気中を伝わって耳に届く音のことで、
ジェット機や自動車の音、楽器の音や人の声、雷、
クラクションなどがこれにあたります。

空気伝播音を防ぐには、より重くより厚い材料を選ぶ、
隙間をなくす、壁や窓を二重にする、などの方法があります。

一方「固体伝播音」とは、床や壁などの固体を伝わって
聞こえてくる音のことで、2階の足音やスピーカーなどの振動音、
電車やトラックの振動、トイレの排水音などがこれにあたります。

これを防ぐには、コンクリートの造りや梁など建物構造を強くする、
カーペットなどにクッション性のある材料を使う、浮き床にして
構造体と離す、などの方法があります。

たとえばピアノの音は、空気を伝わって聞こえ(空気伝播音)、
さらにピアノが振動して壁や天井を震わせて伝わります(固体伝播音)。
ただ単に窓をふさいでも実際聞こえるのは壁を通して伝わってくる
固体伝播音だった、ということも十分考えられるわけです。

 防音のご相談はこちらへどうぞ ⇒⇒⇒ info@kankyospace.com


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 【音の速さ】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

音が伝わる速さを音速と言いますが、これは、音がどこを
伝わるのか(空気中なのか水中なのかといったようなこと)、
その温度、気圧などに左右されます。

そして、その条件下での音速を「マッハ1」と言います。

たとえば、「気温15℃の空気中」という条件では、音速は秒速340m、
時速にすると1,224kmとなり、これが「マッハ1」となります。
つまり、さまざまな状態での音速(条件によって多少違ってきます)を
「マッハ1」というわけです。

コンポから聞こえるSMAPの歌声はマッハ1で耳に飛び込んでくるし、
ディズニーランドの花火の音もマッハ1で伝わってきます。

これが気温15℃だと、秒速340mというわけです。

音速は、気温が1度上がるごとに0.6m速くなります。
なので、気温が0℃になると音速は、
340m-(0.6m×15)=331m
となるのです。

暖かいと空気も元気に動くなんて、音っておもしろいですね。

気温15℃というのは常温と言って、温度によって値が違ってくる
ような場合に、比較しやすいように使われる温度なんですって。

ちなみに音速とよく比較される光速は、1秒間に地球を
7周半といわれますが、秒速にすると約30万kmです。
花火が光ってからしばらくして「ド~ンン!!」と聞こえるのも
この速さの差を見ればうなずけますね。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◇◆  年明け早々から、事件事故気象状況のニュースが続いています。
今年は昨年より少しでもよいことが多くなって、少しでも前に進みたいですね。
皆様によいことがたくさん起こりますように! 
音美にもよいことがたっくさん起こればいいなぁ! ◇◆

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定の実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら