1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0046号

メルマガバックナンバー0046号

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 2006/03/17━
●【音的♪生活】・・・音の匠のお悩み解決塾!       ● 通算 第46号
          <http://www.soundzone.jp/>
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

□■  みなさんこんにちは、音美です。
寒暖の差が激しいこの頃、いかがお過ごしですか?
今年は少ないとはいえ花粉も飛んでいるし、体調にはじゅうぶん
お気をつけくださいね!
さて、音美は最近、駅で耳にする発車音が気になるのですが・・・

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

♪ 目次 ♪

● 【音のバリアフリー】
● 【聞きとりやすい音】
● 【男声と女声】 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 【音のバリアフリー】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

音美がよく利用する、山手線恵比寿駅は発車のベル音が
「第三の男」のテーマ曲、一般にはエビスビールのCMソングとして
よく知られているあの曲です。
そういえば、ディズニーランドのある舞浜駅では
ディズニーソングが使われていました。

たとえば駅では、電車の発車ベル、構内アナウンス、
エレベーターの到着音など異なる様々な役割の音が存在しています。
それらをトータルでデザインし、「音のバリアフリー」に
役立てようとする流れがあるそうです。

建物や道路などではよく「バリアフリー」とか
「ユニバーサルデザイン」という言葉を聞きますが、
音にもそういうのがあるんですって。

まず、そもそもの「バリアフリー」とか
「ユニバーサルデザイン」というのはどういう意味なのでしょうか。

バリアフリーとは、障害のある人たちや高齢者が
社会生活していくうえで障壁(バリア)となるものを除去(フリー)すること、
障害者の社会参加を困難にしている社会的、制度的、
心理的な障害を除去することを指します。
つまり、個別の障害に個別に対応し、既存のものを
使いやすく工夫・改良することをいいます。

これに対しユニバーサルデザインは、『あらゆる年齢、体格、能力の人が
利用可能であるように、製品や建築、空間、サービス等を
デザインしようとする試み』と定義されています。
初めの段階から、最大限可能な限り、できるだけ全ての人々に
利用しやすいようにデザインすることをいうのです。

「音のバリアフリー」として、最近は特に、
報知音や音声案内への注目が高まっているようです。

その一番の理由は技術が進歩したことです。
以前からあった音声合成技術は音質が悪かったのですが、
技術の進歩により極めて高音質な「音」を
様々な機器に搭載することが可能になりました。

それに加えてバリアフリーやユニバーサルデザインの
認知度の高まりによって、高齢者、障害者への対応があたりまえになり、
報知音や音声案内に対する関心も高まってきたのです。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 【聞きとりやすい音】 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

以前にこのメルマガでもお話しましたが、高齢者になればなるほど
高い音が聞こえにくい傾向が強くなります。
若い人が聞こえやすい音が、必ずしも高齢者にとって
聞きとりやすいとは限らないのです。

たとえば、家電などで以前よく使われていた「ピッ!」という電子音は、
4000Hz(ヘルツ)付近の音で、高齢の方には殆ど聞こえない
周波数領域だったということがわかりました。

今では、より多くの人が聞きとりやすいということで、
報知音の周波数は2500Hz以下というのがJIS規格になっています。

実際、年齢に関わらず高い周波数よりも低い周波数の方が
聞こえやすくなるようですが、逆にあまり低い音だと、
身の回りの音にかき消され聞き取りにくく、
さらに、「警報感」の印象が弱くなるそうです。

また、「聞こえる・聞こえない」「わかる・わからない」 という
音に対する人間の生理的な部分と、
「心地よい・心地よくない」「好き・嫌い」 という
感情的な部分も考慮しなければなりません。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 【男声と女声】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

女声と男声を比べると、どちらが聞きやすいのでしょうか。

女性の声の方が高いわけですが、ある調査研究によると、
長時間測定し平均すると、成分的にはあまり変わらないそうです。
つまり、分析しても男声・女声で聞きとりやすさに差はないんだとか。

ただ、火災警報の声は男性なんですって(音美は聞いたことがないけれど)。
危険な状況下では、女性の高い声ではパニックを起こしやすく、
声の太い男性の方が安心感を与えるからともいわれていますが、
はっきりとした結果があるわけではないようです。

先ほどの駅の例では、ホームの上り下りによって
男女のアナウンスを使い分けていますよね。

音美は朝の忙しいときなど、「間もなく電車がまいります・・・」の
アナウンスが男声か女声かで、乗りたい方面の電車なのかどうかを
判断しています。

いえいえ、決して駆け込み乗車はしませんよ!

ちなみにJRは、上りは男声、下りは女声だと思うのだけれど違うかな??


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◇◆  それにしても音って、心理的な影響がありますよね。
高い音で感覚が短いとなんとなく危険が近づいている感じ、
これは車のソナーなどに利用されています。
単純な音美は、昔運動会でよく聴いた「天国と地獄」を耳にすると、
思わず走りたくなっちゃうのでした。  ◇◆

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定のの実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら