1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0047号

メルマガバックナンバー0047号

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 2006/03/31━
●【音的♪生活】・・・音の匠のお悩み解決塾!       ● 通算 第47号
          <http://www.soundzone.jp/>
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

□■  みなさんこんにちは、音美です。
今日で3月も終わり、明日から新しいステージが始まる、という方も多いのでは?
水ぬるみ麗しの4月、音美も心新たに張り切っていきまーす!
今日は、基本の「デシベル」のお話です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

♪ 目次 ♪

● 【「デシベル」とは】
● 【「デシベルA」とは】
● 【もう一度、騒音レベルのめやす】 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 【「デシベル」とは】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

もともとデシベル(dB)とは、電圧や電流、電力、電波、音量などの
量を比較するために対数を使って表す比率のことです。

基準値と比較して、何分の1、または何倍であるかということを
対数表示したもので、メートルとかグラムのような数量を
示す単位ではなく、比を表わす単位です。

つまり、「倍」という概念を表わすものなのです。

これは、「人間の感覚は与えられた刺激量の対数に比例する」という
『ウェーバー・フェヒナーの法則』にあてはめられています。

うーん、むずかしい。

『ウェーバー・フェヒナーの法則』をもう少しかみくだきましょう。

「刺激から受け取る感覚量は相対的なもので、ある一定の
相対的違いができると、人間に『違い』として感じられる」ということです。
たとえば、ろうそくが1本から2本に増えたら明るくなった、と
感じられるけど、50本が51本になって、増えた本数は同じ1本でも
その違いは感じにくい、ということなんですって。
なるほど、これなら「感覚的に」わかりやすいですね。

この法則に従った人間の感じる音の大きさを表す単位として、
用いられるのがデシベルです。

デシベルでは、「対数・log」という数学用語を使うため
とてもわかりにくく感じてしまいますが、実際には、
数字のケタが大きすぎて扱いにくいため、それを
扱いやすくするために対数を使っている、と考えれば
納得できますよね。

一応、計算の仕方をお話しすると(数学大嫌い、って方は
【騒音レベルのめやす】まで読み飛ばしてくださーい!)、

対数というのは、「この関数では10の何乗するとその数になるか」と
いうもので、デシベルは「20logA」で表せる「比率」です。

これを計算すると、元の2倍の大きさの場合は6dB、
元の10倍の大きさの場合は20dBとなります。

たとえば、20dBの騒音が40dBの騒音になった場合には、
物理的には10倍の騒音になっているのですが、
人間には2倍の騒音に聞こえるんだそうです。

ちなみにデシベルという名前ですが、デシベルのベルは
電話を発明したあのグラハム・ベルのベルです。
それに、10分の1という意味の”デシ”が付いています。

一般に人間が聴取する音の大きさは、0dBから140dBの間にあります。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 【「デシベルA」とは】 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

もう一つ、デシベルA(dBA)という単位があります。
これは、「騒音レベル」の単位です。

騒音を評価するにはいろいろな方法がありますが、
その最も基本的なものが「騒音レベル」です。

騒音レベルは、人間の耳の感度を考慮して得られた
騒音の音圧レベルのことです。
人間の聴覚の感度は周波数によって変化します。
これを補正するために、騒音を測定する際に
「聴感補正回路」というものを使います。

dBの後についているAは、A特性と呼ばれる聴感補正回路を
通して測ったことを示しています。
これを通すと、人間の耳で感じる音の大きさに近似した
補正で測定した、ということになります。

騒音レベルについては、地域ごとに守るべき値が決められています。
その値は、住居用一般地域の昼間で55dB以下、となっています。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 【もう一度、騒音レベルのめやす】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

これまでも何度かご紹介しましたが、もう一度まとめてみます。
参考になさってくださいね!

・120デシベル   飛行機のエンジン近く
・110デシベル   自動車の警笛
・100デシベル   プロのピアノ、電車が通過する時のガード下
・90デシベル   騒々しい工場の中、犬の鳴き声
大声による独唱、カラオケ
・80デシベル   普通のピアノ、せみの声、赤子の泣き声
電車・地下鉄の車内
・70デシベル   ステレオ、電話のベル、騒々しい事務所の中
騒々しい街頭、鈴虫の音色
・60デシベル   普通の会話、静かな乗用車車内
平均的な事務所内、電気ひげ剃り
・50デシベル   静かな事務所、扇風機、クーラー(室外、始動時)
・40デシベル   図書館、クーラー吹き出し音
市内の深夜、静かな住宅地の昼
・30デシベル   郊外の深夜、板の間の足音、ささやき声
・20デシベル   木の葉のふれあう音、置き時計の秒針の音


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◇◆  今年はサクラの咲くのが早かったですね。 
ちょうどこの週末が見ごろとか。
開花が早いと見ごろも長い、というので、ちょっとは長く楽しめるかな?と
期待している、サクラ好きの音美でした。 ◇◆

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定のの実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら