1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0051号

メルマガバックナンバー0051号

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 2006/05/26━
●【音的♪生活】・・・音の匠のお悩み解決塾!       ● 通算 第51号
          <http://www.soundzone.jp/>
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

□■  みなさんこんにちは、音美です。
もうすぐ6月。これから入梅、そして夏へと向かっていくわけですが、
その前になんと音美はもう蚊にさされてしまいました!
なんだかな~。夏は好きなんだけど、あの蚊の音はな~。
今号はそんなモスキートのお話。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

♪ 目次 ♪

● 【蚊の音はなぜ不快?】
● 【羽音の周波数で撃退?!】
● 【モスキートで迷惑な若者撃退】 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 【蚊の音はなぜ不快?】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

なんとなくの気配とともに、ん?と思う間もなく聞こえてくる
あの、ぷ~~~ん~という耳障りな音。

そう、あのにっくき(と表現したくなる)蚊の音です。
さあ刺すぞ、刺すとかゆいぞ、でも刺すぞ、って
言いながら近づいてくるような感じですよね。

この音を無視すれば、必ずといっていいほど
刺されたかゆみに悩まされるわけで、
それを知っているからこそ、先に不快感を感じてしまいます。

ただ、それだけでなくあの音自体にも不快の要素が
含まれているようです。

まずはあの単調な音。
蚊の羽音は単音に近く、そのため人間の耳に聞こえやすい
という特徴があるのです。

また、羽音自体は小さなものなのですが、
耳のすぐ近くにまで飛んでくるため、音圧は高くなります。

特に夜、寝ている時などは周りが静かなため、
より一層大きく聞こえてくるということもあります。

さらに、さきほどお話したように、“蚊に刺される”という
恐怖心があるため、なおさら不快に感じるんですね。

ちなみに、人の血を吸うのはメスのみ。
血液はエサではなく、卵巣を発達させて産卵するための
タンパク源を血に求めるからなんですって。
そして、刺す時は唾腺から麻酔物質や凝血を防ぐ物質などを注入し、
気づかれないようにするんだとか。
刺されたあとがかゆくなるのは、これらの注入物質による
アレルギ-反応のためなんだそうです。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 【羽音の周波数で撃退?!】 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

蚊が飛ぶ時の羽音は雌雄間の会話に用いられます。
羽音の周波数は、種類やオスメスによってそれぞれ決まっており、
メスの羽音周波数は340~600ヘルツです。

さて、これはどのくらいの高さの音でしょうか。

NHKの時報、「ポッポッポッピー」の「ポッ」が440ヘルツ、
「ピー」が1オクターブ高い880ヘルツです。
これは「ラ」の音です。
人間にとっては、「ラ」の音は1番感度が高いといわれています。
メスは「ラ~~」って音で飛んでいるような感じなんですね!

オスはメスの羽音に強く反応して集まってきます。
というより、オス蚊の可聴域はとても狭くて、
メスの羽音以外は、ほとんど聞こえないそうです。

なので、この音を出してオスの蚊を集め、集まったところを
粘着材などで能率的に捕らえ駆除することができます。
蚊が集まってくるなんて想像しただけでかゆくなりそうですが、
オスは刺さないのでだいじょうぶ。
オスの除去によりメスの受精率を下げるので、次第に蚊の数が減るんですって。

逆に、人の血を吸うメスの蚊はオスの蚊を避ける習性があるそうです。
なので、オス蚊の出す周波数を出してメスを寄せつけない
デジタル蚊取り線香なるものもあるようです。

かたや引きつけられ、もう一方は避ける・・・
うーん、自然界って不思議ですね。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 【モスキートで迷惑な若者撃退】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

英国人の発明家が発明した黒い箱形のマシン、その名も「モスキート(蚊)」。
これは、店頭などでやかましく騒ぎ立てる若者に対抗するための装置です。

イギリスのある町で、若者達が店の入口にたむろするという
問題が起こっていました。この若者達のせいで他の客が入れないことも。
若者達に注意をしても全く無駄で、法律違反をしているわけではないので
取り締まりようもありませんでした。

ところがこのモスキートを店先に設置したら効果てき面。
たむろしていた若者達がその場を去っていくのに、
大人には全く影響がありませんでした。

さて、どんな仕掛けが?

このモスキートは、子供と30歳以下の若者にしか聞こえない
高い周波数の音を発生させています。
それは、16800ヘルツ、85デシベルのキーンとした不快な音。
85デシベルは法律で認められる最大音量で、
健康被害が出ない程度の音で若者だけに不快な音が聞こえているのです。
この不快な音のため、若者は10分もしないうちにその場を立ち去ります。

人間に聞こえる音はおよそ20~20,000ヘルツですが、
聴力は年齢と共に衰え、聞こえる音の幅も狭くなり、
同じ音量でも高周波の音ほど年齢による低下が著しいので、
高周波の音は若者にしか聞こえないのです。

ただ、普通に買い物に来た若者たちも、店に入るたびに
不快な音を耳にしなくてはなりませんけど、ね。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◇◆  最近は、体力年齢とか能年齢とかが言われます。
年齢より若い結果が出るのはうれしいけれど、何にも
トレーニングが必要かも。
心も身体も健康が一番、なんて思っている音美でした。

 音美へのメールはこちら ⇒⇒⇒ melmagas@soundzone.jp ◇◆

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定の実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら