1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0057号

メルマガバックナンバー0057号

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 2006/08/18━
●【音的♪生活】・・・音の匠のお悩み解決塾!       ● 通算 第57号
          <http://www.soundzone.jp/>
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

□■  みなさんこんにちは、音美です。
お盆も過ぎ、残暑といわれる時期になってきましたが、しかし暑い!
雨も多くてジメジメ、不安定な天候の日々が続いています。
こう暑いと何となくイライラしがちなもの。
そんな時は、音楽でも聴いてリラックスしませんか。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

♪ 目次 ♪

● 【高周波音と1/fゆらぎ】
● 【気分と音楽】
● 【防音室施工例ご紹介 -マンションでグランドピアノ防音室-】 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 【高周波音と1/fゆらぎ】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

これまでも、音の癒し効果についてはたびたび
触れてきましたが、今回もその続きです。

まず、モーツァルト効果、というのを覚えていらっしゃいますか?
モーツァルトの音楽は、聴く人の心と体をリラックスさせ、
活力や安らぎを与え、頭脳を明晰にする不思議な力を
持っている、と言われるものです。

これは、モーツァルトの音楽が、バイオリンなどに代表される
高周波音を多く含み、その音が神経を活性化し、不安やストレスを
取り除くと言われています。

高周波音。これも何度かお話しましたね。

人間の耳で聞くことのできる音、可聴域範囲は、
約20ヘルツから16Kヘルツの間です。
この可聴域である16Kヘルツより上の部分を高周波、
20ヘルツより下の部分を低周波とよんでいます。

その高周波の音というのは、森の中や小鳥のさえずり、
川のせせらぎなどの自然の空間に満ちています。

あれ?この自然の音って、もう一つ何かなかったっけ。

そう、それは「1/fゆらぎ」。

心地よく感じる自然界が持っている、一定ではない「ゆらぎ」のリズムは、
大きくなったり小さくなったり、バラバラのようですが、
人間の心臓のリズムと同じ、「1/fゆらぎ」という法則をもっています。

この時期では、風にそよぐ風鈴の音がこれでしたね。

さらに言うと、高周波音は、繊細な音、詳細な情報を含んだ音、
微妙なニュアンスを伝える音です。
これらの高周波数の音はやさしい音のため、
リラックス効果があるとされています。

さあ、なかなかよい仕事している高周波音ですが、
実際、今の都市部では、自然の環境音はどんどん
聞かれなくなりつつあるような気がします。

自然の環境音が消えると、人間の脳は混乱を始め、
ストレスを解放することができなくなり、心身の抵抗力を弱め、
その結果、自律神経の制御も困難になってくる、と言われているそうです。
そして、その自律神経の不安定さが、いわゆるキレる子供が
多くなっている原因の一つとも言われるそうです。

お盆は過ぎてしまったけれど、都会に暮らす人たちは、
なるべく自然の音が聞こえるようなところに出かけていって
その恵みに感謝しながらリラックスする、というのも
必要なことなのかもしれません。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 【気分と音楽】 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

さて、音楽はというと、これはリズムとメロディとハーモニーで
出来上がっている波動です。
そして、脳波も波動なので、この波動どうしが干渉し合うと
共鳴し、波形が変わります。

人は、緊張している時、めげている時、活発な時など
それぞれで脳波の波形のパターンが変わります。

この、心のゆれに対しては、自然な欲求があるのだそうです。
つまり、落ち込んでいる時はゆっくりと落ち着いた曲を聴きたくなり、
活発な時はアップテンポの曲を選ぶというもの。

まずは、自分の心情と同じ曲調のものを選び、
内にたまったストレスを発散させることが先決なのだそうです。

落ちこんでいる人を元気づけようとして、わざと明るい
アップテンポの曲を勧めたりすると、かえってストレスに
なる場合もあるようですよ。

曲選びもむずかしいですね。

やっぱり高周波と1/fゆらぎの自然の音なら
間違いないかな?


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 【防音室施工例ご紹介 -マンションでグランドピアノ防音室-】  
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

シャンソン歌手の小堀順子様がご自宅をマンションに新築なさる際、
グランドピアノが2台入るレッスン室を作ることになりました。

環境スペースでは、事前に小堀様のご希望を細かく伺い、
声の測定も行なって、防音及び声の響き、ピアノの響きを
充分考えた設計を行ないました。

マンションでのグランドピアノの演奏なので、
防音は弊社ハイグレード仕様での設計にしましたが、
できるだけ他の部屋との統一感を出すために
フローリングや壁紙などは他の部屋と共通のもので仕上げました。

完成後の測定では下の階に対してD-70の遮音性能と
小堀様が長年お付き合いをなさっている有名な調律師の方からも
お墨付きをいただける響きを得ることができました。

環境スペースへのご相談はこちら
 ⇒⇒⇒ http://www.soundzone.jp


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◇◆  先週の首都圏大停電、皆様は影響ありませんでしたか?
音美は、朝の突然の停電でびっくりしました。
何もできない状態に驚き、本当に生活って電気に
頼っているんだなーと実感。
高周波と1/fゆらぎの自然の音とともに暮らせるような生活も
憧れだけれど、やはり都会から離れられそうもない音美なのでした。  ◇◆

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定のの実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら