1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0063号

メルマガバックナンバー0063号

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 2006/12/08━
●【音的♪生活】・・・音の匠のお悩み解決塾!       ● 通算 第63号
          <http://www.soundzone.jp/>
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

□■ みなさんこんにちは、音美です!
何度かお話してきたゲーム機ですが、いよいよニンテンドーwiiが発売されましたね。
そして海外でのプレステ3関連の事件もありました。
ウィンドウズ、ハリーポッター・・・ 流行りものに列をなす国は平和なのでしょうか?
さて、今号はしばらくぶりに防音室のお話。
防音室ってなぜ必要なのでしょうか。

----------------------------------------------------------------------------

♪ 目次 ♪

●	【私たちと音との関係】 
●	【快適さの追求】
●	【防音室施工例ご紹介  -ピアノ音楽教室のピアノ防音室-】

-----------------------------------------------------------------------------
■ 【私たちと音との関係】 
-----------------------------------------------------------------------------

私たちと音はとても密接な関わりがあるのはご存知の通り。
身の回りにはさまざまな音があふれています。

会話をしたり、楽器を演奏したり、音楽に癒されたりと
楽しむための音。
また危険を察知するなど生活に役立てることのできる音。
反面、時には騒音として不快感を感じたりもします。

けれど、音はあまりに当たり前の身近な現象ということで、
つい軽視されがちです。

集合住宅では半数強の人が音に関する悩みを持ち、建築のクレームでは
その6割が音のトラブルと言われているにも関わらず、です。

音は空気を伝わって聞こえるだけでなく、壁や天井を震わせて伝わり、
上下左右に響きます。
このことを正確に知らない施工会社にまかせると、入居後に
とんでもないトラブルが起こってしまう可能性があるのです。

さらに、音の感じ方には人それぞれ個人差があります。
同じ音でも苦痛に感じる人、まったく意に介さない人とさまざまです。
また自分は心地よい音だと思っていても、周りの人には不快に
感じる場合もあるのです。

「騒音」の定義は、自分にとって必要のない音。
必要でなければ、心地よいピアノの音もクラシック音楽も
騒音になり得る可能性があるということです。

音の問題は、生活に密着していて他人に迷惑がかかるものであり、
問題が起こると一時も我慢できない状態となります。

音漏れがする、リラックスできない、音環境がよくない、など
音に対する不安や怖れは多種多様です。
良いデザインで格好よい建物でも、防音など音環境的に優れているか
どうかは二の次になっているものが多いのも事実のようです。

音に無神経でいるととても大きなトラブルに発展する可能性もあります。
これまでも何度か例としてお話しましたが、昭和49年に平塚で発生した
いわゆる「ピアノ騒音殺人事件」。
これは近隣騒音殺人事件の第1号といわれており、この頃からこういった
近隣騒音が原因の殺人事件が起きるようになりました。

最近では、故意に騒音をたてた、奈良のいわゆる「騒音おばさん」の例があります。
一町民の迷惑行為で条例が制定、条例案では、昼間は65デシベル、
夜間は60デシベルを超える音を故意に流した場合に「騒音」と規定しています。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■	【快適さの追求】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

音は本来生活に役立ち、心を癒し楽しむためのものです。

防音室は、周りを気にせず音を思いっきり楽しめる・・・
そんな快適な室内環境づくりの夢をかなえることができるものです。

・	隣近所への音漏れを気にせず、いつでも存分に楽器の練習ができる
・	オーディオ機材の特性を最大限に発揮できる
・	ホームシアターで映画館の指定席より優れた音場環境をつくれる
・	周りを気にしないで思いっきりピアノが弾ける夢の空間を作ることができる

大きく言えば、「不安」や「怖れ」を解決して「安心」に変え、さらに高度な「癒し」の
空間にまで高めること、防音室にはそこまでの機能があると考えています。

環境が整えば、いがみあわず共存共栄できる快適な生活空間が確保できます。
相手のことを思いやり譲り合うことのできる、そんな環境で暮らせたら最高ですね!


-----------------------------------------------------------------------------
■ 【防音室施工例ご紹介  -ピアノ音楽教室のピアノ防音室-】
-----------------------------------------------------------------------------

今回は浦安市のM様の防音室をご紹介します。

マンションの7階の洋室を防音室にされたM様、
毎日たくさんの生徒さんを教えていらっしゃいます。

生徒さんが多くなり、生徒さんの成長とともにだんだん大きい音を
出されるようになったのと、お嬢様の練習をきっかけに
ピアノ室の防音室を作られることとなりました。

小さなクローゼット付きのお部屋で、クローゼット部分にも
防音工事を施す関係で、このクローゼットは楽譜入れにすることになりました。

ピアノ室はハイグレード仕様の設計で、防音ドアーはD-30のものを2枚。
D-60~65の遮音性能を達成しました。

防音室に接しているお隣のお部屋はご夫婦の寝室でしたが、
ピアノの音は聞こえなくなったそうです。
防音、音響ともご満足いただき、音楽教室としてはもちろん、
お嬢様も心行くまで練習ができ、朝早くから夜遅くまで
居心地よく、楽しく演奏できるようになりました。

環境スペースへのご相談はこちら
 ⇒⇒⇒ http://www.soundzone.jp


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◇◆  12月に入り、めっきり寒くなってきました。こたつが恋しい季節。
先日音美はテーブル式の、椅子にすわって入れるこたつを見て、
とても楽で便利そうと思ったのですが、友人に言わせるとこたつでゴロンと
寝転ぶのが最高の幸せなんだとか。なるほど、音だけでなくこたつの入り方まで
人それぞれだなぁと改めて感じた音美でした。  ◇◆

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定の実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら