1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0085号

メルマガバックナンバー0085号

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 2008/3/19━
● 上下左右に住まう方への配慮が第一。マンションでの防音対策
● 懐かしの名器がDSで甦る?シンセザイザーDS-10発売!
● 通算85号
          <http://www.soundzone.jp/>
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

♪―目次―♪

● 施主の立場に立ったアイデアで、困難な問題もクリア!
● DSで憧れのサウンドを作り出そう!コルグとニンテンドーの強力タッグ!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■□こんにちは!音の専門家、環境スペースの音美です。□■

今回は、一筋縄ではいかない、でも誰もが夢見る集合住宅に於ける防音施工のお
話です。

エレクトーンの先生である杉並区のM様は、4階建て分譲マンションの2階部分角
部屋にお住まい。仕事上どうしても必要な防音施工ですが、マンションならでは
の難問がありました。そこで環境スペースの出番です!早速行ってみましょう!
 
***************************************************************************

■M様のお住まいはマンションの2階。防音施工したい、と思っても施工自体簡単に
いかないのが集合住宅の難しいところ。上下左右にお住まいの方にいかにして迷惑を
掛けずに施工するか。まずは、管理組合に申請し許可を得るところから始まりました。
ここで一番の悩みのタネは「窓付きエアコン」。本体と室外機が一体となった窓から
出っ張ってついてる奴ですね♪これがある限り防音効果はゼロに等しいです。そこで
M様は壁掛けエアコンを設置することを思い立つのですが、こちらの部屋にはバルコ
ニーやベランダが無く室外機を置くスペースがありませんでした。

■管理組合からなんとか許可をもらおうとM様が思案した結果、3つの案が出ました。
1. 1階部分に室外機を置く
2. 屋上に室外機を置く
3. 自宅のバルコニーのある部分までダクトを外壁に這わせ室外機を置く

1、2については、共有部分に個人のものを置くことはもちろんNGということで却下。
3についても外壁にダクトを這わすのは見栄えがよくなく、ひとりにそれを許可した
場合他の住人がそれを真似する可能性も有り、そうなれば大きく全体の外観を損ねる
恐れがあるということでこの案も却下されました。

■そこで環境スペースの登場です!
 窓枠部分のある壁から奥行き480mmほどのスペースを部屋の内側に取ることで、
室外機を置くスペースを確保、防音ルームに当たる部分とは二重サッシで区分けす
るアイデアをご提案しました。

現実的には4.5畳程度あった部屋が、エアコン室外機設置スペースの確保により4畳
くらいになってしまいますが、収納部分にも内側に遮音壁を施すことで完全なピア
ノ防音室となり、M様のニーズに対応したものが出来上がるのです。

■行き詰った難問も、環境スペースにお任せいただければご覧のように解決いたし
ます!これも防音施工専門に数多く施工してきた環境スペースのノウハウがあれば
こそ。

いまからM様も完成を心待ちにされています。そのときには、予想を上回る出来に
驚かれることでしょう。それが、環境スペースの仕事です。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪  

 __________音の体験会 予約受付中____________
|                                            |
|電話 03-5795-1215 営業までご連絡下さい             |
|ホームページ http://www.soundzone.jp 又は携帯でも予約出来ます。 |
|__________________________________|

♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪  
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■□■□DSで甦る伝説の音?!DS-10登場!□■□■

▼みなさんはシンセサイザーと言うと何を思い浮かべますか?
いまではごく普通にキーボードとシーケンサー、ドラムセット、マルチデジタル
レコーダーが一体となった夢のようなシンセが出回っていますが、シンセと言う
言葉が出回り始めた頃は、シンセサイザーの音を出すために大きなタンスのよう
な箱をいくつも並べ、漸く単音が出る、といった世界でした。値段も100万200万
と大変高価な楽器でしたが、その後質のよい国産機種がいくつも開発され、100万
も出さなくても同等の音が出せるようになりました。

その中の立役者のひとつが、78年に発売されたKORG(コルグ)のMS-10です。

▼その名器MS-10をDSで再現しようと言うのがこのDS-10。
「KORG DS-10」は、その超有名国産シンセメーカーKORGとニンテンドーの共
同開発。DSの2画面とタッチパネルを活用して操作が可能です。KORG独自のエ
フェクター「KAOSS PAD」や、直感的に演奏できる超小型シンセサイザー
「KAOSSILATOR」と同様のタッチコントロール機能を備え、リアルタイムなサ
ウンドコントロールとノート(音符)入力が可能になっています。楽器初心者か
らプロまで満足できる仕様になっているというから、もうドキドキもの♪

▼デザインコンセプトに採用した「MS-10」は1オシレーター機でしたが、
「DS-10」は2オシレーター仕様になっています。つまり音を作り出すエンジンが
2つあるようなもの!

 具体的には、パッチング可能な2台の2オシレーターアナログシンセシミュレー
ターと、アナログシンセで作成した音を使う4パートのドラムマシン、 6トラック
(アナログシンセ×2+ドラムマシン×4)/16ステップのシーケンサー、3種類の
エフェクト(ディレイ、コーラス、フランジャー)を搭載。ノート入力モードは
タッチコントロール、キーボード、マトリクスの3種類。リアルタイム演奏するサ
ウンドコントロールモードも備えるスグレモノ!

といってもシンセに詳しい人じゃないとなんのこっちゃってなりますよね。とに
かくあの懐かしいウォームなアナログシンセの音が出て、ドラムパートが作れ、
さらに6つのトラックにそのリズム隊とメロディーを記憶させることが出来る、
つまりDSとこのソフトがあればかっこいい曲が出来てしまうって寸法です!

▼「KORG DS-10」の価格は4800円。 DSのワイヤレス通信機能を使い、複
数ユーザーと同時演奏も楽しんだり、曲や音色データの交換も可能です。

まさにドリームカムズトゥルー!みなさんもこのソフトで気軽にシンセサウンド
を作って、「気分はひとりYMO」に浸りましょう!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■音の体験会のお知らせ
「防音室って実際はどれくらい防音できるの?」
…という皆様のご要望にお応えする機会をつくりました。
それが、「音の体験会」(参加費無料)です。実際にピアノを弾いたり、
楽器をお持ち込みになって防音効果を実感してみてください。

会場:環境スペース株式会社 防音ショールーム。
日時:ただいま毎日開催中!(日曜日・祝日を除く) 
時間帯/定員限定 
1時間枠1組となります。予約フォームより確認の上ご予約ください。
(1)09:30~10:30  (2)11:00~12:00
(3)13:00~14:00  (4)14:30~15:30 
(5)16:00~17:00  (6)17:30~18:30

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
♪次第に陽気が暖かくなり、三寒四温な天気になってきましたね。でもこの微妙
な時期が一番体調を崩しやすいのです。おまけにあのいやーな花粉症の季節。
マスクや外出後の花粉落としも小まめにやって、体調を保ちましょう。なぜって?
鼻水垂れてたら花見のお酒も美味しくないでしょ?と、やっぱり飲みに走る音美
でした♪
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定の実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら