1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0113号

メルマガバックナンバー0113号

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 2009/5/27━
● 高周波で店舗や公園から、夜中にたむろする若者を退散!
● グランブルーに抱かれながら、iPODを聴いてみる
● 通算113号
          <http://www.soundzone.jp/>
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

♪―目次―♪

● 17KHzのマジック 高周波で深夜の若者たむろを撃退!
● 水深90mでiPODが使える完全防水iPODコントローラー
●「音の体験会」毎日開催中!是非この機会に体感してください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


■□こんにちは!音の専門家、環境スペースの音美です。□■
 
■夜中コンビニエンスに買い物に行ったとき、入り口付近でたむろする怪しげな若者
がこちらを見てたりすると、ちょっと怖いですよね。なにをするって訳でもないです
が、嫌な感じ~。でもあからさまに追い出すことも出来ず…。

 そんな店主、お客さんに朗報です!
それが「モスキート」。モスキート、といえば英語で「蚊」を意味しますが、これは
蚊の出すようなブーンというかキーンという音で、店舗前や公園にたむろする若者を
退散させる音響装置なのです。


■「モスキート」は元々英国の会社が開発した商品名で、小型のスピーカーから17KHz
以上の高い周波数音を出す装置。では、なぜこの高周波が若者を退散させるのでしょう
か。

それは、人間の聴力に関係があります。人の聴くことができる音の周波数は20Hzから
20KHzといわれていますが、この周波数帯は年齢と共に変化し、30代になると17KHz
以上の音は聴こえなくなるそうです。これを利用し、30代以上には聴こえず、10代か
ら20代前半に良く聞こえる17KHz以上の不快音を発生させ、居心地の悪くなった若者
がその場から立ち去る、というシステムを作りました。


■実際のフィールドテストでは、平均8~10分、早ければ2、3分でその場からいなくなる
という結果が出ています。しかも、その安全性は英国の国立物理学研究所をはじめ、多く
の第三者機関によってテスト、報告されています。

日本では、足立区において、夜中公園に群がる若者退治のためモスキート採用を決定しま
した。

そして、2005年12月にイギリスで発売開始されて以降、アメリカ、フランス、ドイツ、
イスラエルなど世界中で9,000台以上使用されてます。

もちろん、若年層より上の年齢層でも聴こえる人には聴こえるため、店員や一般客から
不快感を訴えられることもあるそうです。そのため、設置にはある程度の試行錯誤が必
要かもしれません。


■それにしても、口やかましく注意したり、若者に害のあるような手段ではなく、安全か
つ自然に、たむろする若者に去ってもらえる装置が出来たことは、双方にとって大変有効
な手段ですよね。


◇       ◆      ◇       ◆


■図らずも、いまご自宅で「ある時間帯になるとなんとなく不快感を覚える」なんてこと
があったら、この「モスキート」のような音が発生している可能性があるかも?

環境スペースでは、施工前にお客様の音の悩みを詳しく聞いて、可能な限り原因を突き
止め、それを当社の様々なノウハウで解決してまいります。


今日も皆様の音のお悩み、お待ちしています!


◆◇◆        ◆◇◆        ◆◇◆



♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪  

 __________音の体験会 予約受付中____________
|                                       |
|電話 03-5795-1215 営業までご連絡下さい             |
|ホームページ http://www.soundzone.jp 又は携帯でも予約出来ます。 |
|__________________________________|

♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪  
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■□■□水深90mで音楽を聴こう!□■□■

▼ トリニティは、H2O Audioの新製品であるダイビング用iPodコントロールユニット
「iDIVE300」の販売を開始しました。価格はオープンで、予想実売価格は49,800円。

▼同製品は、完全防水仕様で水深90m(300フィート)でも専用の水中ヘッドホンにより
iPod、iPhoneの視聴が可能になっています。スピーカーは水圧による音量低下に対応する
ため内蔵アンプによって音楽を再生します。H2O Audioの製品には、水深3mまで可能な
iPod用の防水ケースなどがありますが、今回の製品はこれを20倍の深度まで対応できるよ
うにし、本格的なスキューバダイビング用途にも使えるとしています。

▼音楽視聴の他、動画再生などかなりの機能が水中でも操作できるようですが、さすがに
iPhone(3G)の電話機能は水中なので電波は届きにくく使えません。iPod本体とは別に、
内蔵アンプやコントローラ部のために単3形乾電池を3本使用するので、コントローラが本
体の電源を消費することはありません。

▼水中でグランブルーのサントラを聴けば、貴方もジャック・マイヨールになれるかも!?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■□■―――あなたの「耳」で防音効果が実感できる!
環境スペースの防音室ショールーム。―――■□■

■音の体験会のお知らせ
「防音室って実際はどれくらい防音できるの?」
…という皆様のご要望にお応えする機会をつくりました。
それが、「音の体験会」(参加費無料)です。実際にピアノを弾いたり、
楽器をお持ち込みになって防音効果を実感してみてください。

★☆★≪土曜・日曜日も開催!休みの日にしか時間が取れない方に朗報です≫★☆★

「音の体験会」大好評につき、日曜日も開催することが決定しました!
この機会に是非会場に遊びにいらしてください。お待ちしています!

会場:環境スペース株式会社 防音ショールーム。
日時:ただいま土・日を含め毎日開催中!(祝日を除く) 
時間帯/定員限定 
1時間枠1組となります。予約フォームより確認の上ご予約ください。
(1)09:30~10:30  (2)11:00~12:00
(3)13:00~14:00  (4)14:30~15:30 
(5)16:00~17:00  (6)17:30~18:30

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
♪新型インフルエンザの猛威はまだまだ続きそうですね。音美も人ごみの中に行くときは
なるべくマスクを着けるようにしています。でも電車の中で手放しで咳やクシャミされる
とガックリ感が。少しの注意で大きな予防!を心掛ける音美でした♪
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定の実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら