1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0197号

メルマガバックナンバー0197号

配信日:2013/7/10

「オーダーメイド防音室で、ワンランク上の音的♪生活を満喫しませんか?」

【防音・音響に関する疑問を解決します 音響分野の設計・施工】

音に関するトータルサイトはこちら⇒ http://www.soundzone.jp/
環境スペース株式会社のトータルサイトはこちら
                 ⇒ http://www.kankyospace.com/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆  今日のメニュー  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★                                 ★
★       キーンという耳鳴り 本当に気のせいなの?      ★
★                                 ★
★           ◆◇音のトピック◇◆            ★
★                                 ★
★         高温多湿の季節にPC修理が増加!         ★
★                                 ★
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



● 無料防音体験ルームのご案内
( 動画はYouTubeでご覧頂けます⇒ <http://bit.ly/ux4tjo> )
 
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
このメールは環境スペース株式会社のお客様、お取引様宛に送信しております。
不要の方は、お手数ですがメール後方の「配信不要」の欄をご参照下さい。
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…


♪◆◇◆◇◆◇ 音美の日々ビューティフルサウンズ ◇◆◇◆◇◆♪
 
こんにちは、音の専門家、環境スペースの音美です♪

私たちの日常生活を見渡してみると、巷には多くの電子機器が溢れているのは
ここで言うまでもないですね。
それが、もし常時耳鳴りの原因となっているとしたら、どうします?
最近、わけわかんないキーンという音が聞こえて困ってる、という方は少なく
ないようです。
そこで今回は、耳鳴り、キーン音の正体を、サウンドチェーック!


■ □    ■ □    ■    □ ■      □ ■

■あの坂本龍一も結構前ですが、原因不明の耳鳴りに悩まされて入院生活を
したという記事がありました。
彼の場合は、職業として一日の大半を音楽を聴いて過ごす、ということに
あったようで、医師からは入院中は一切の音楽鑑賞を禁じられたそうです。
ところが、ミュージシャンでなくとも、耳鳴りは多くの人を苦しめる現代病
とも言えるメジャーな病となっています。

その耳鳴りの種類と原因ですが、多くの方はキーン音に悩まされているの
では、と思います。音美も実は時折キーン音に悩まされているます。
この耳鳴りは必ずしも外的要因で聞こえてくるわけではない、という説が
あります。この「耳鳴り」は、古代ギリシャの頃から研究がなされている
にも拘らず、その原因も解決法もはっきりしていない厄介なもので、定義
としては、周囲の音とは無関係の頭の中で聞こえるだけの音、が耳鳴りだと
言われています。但し、これだけ電子機器が身の回りにあると、気のせい、
心理的要因とかたずけてしまうわけにもいかないように思います。
では外的要因として、何がこの耳障りなキーン音を引き起こすのでしょうか。


■やはりこの類の発生源のキングはテレビ。特にブラウン管テレビのころ
は多かったそうです。今は液晶になってまだましになったようですが、
それでもキーン音に悩まされる人はいるようです。
機種にも依るようですが、画面の明るさを変えると鳴り出す、などある
ようです。メーカーが対応しているようですが、PCの場合はモニタの
リフレッシュレートを変えてみるのも手です。リフレッシュレートとは、
ディスプレイの画面のちらつきを改善する周波数のことで、1秒の間に
何回画面を書き換えるかという数値のことです。

また、電子レンジ、掃除機というシロモノ家電から発生することもあります。
電子レンジは電磁波を出して温めたりするものですから当然高周波が出ます。
掃除機もモーターを高回転させて使うものですから、金属の摩擦により
高周波が出る可能性があります。
昔、掃除機使うとTVにノイズが入って困る、なんて頃もありましたよね。
そうそう、電子レンジの近くでワイヤレスでMP3飛ばして聞いてても、途切れ
途切れになりますよ。
いや、実は相当強い電磁波なんだなあってちょっとビビってます。

最近聞かれるのはIHヒーター。これは電子レンジと同じ原理でものを温め
ますから、強烈な電磁波が出ているわけです。
最近IHキッチンに立つとめまいがする、耳鳴りがするという方は増えている
そうです。ガスがあるのにわざわざ凄い電磁波出すIHを使わなくてもいいのに、
と音美なんか思っちゃうなあ。それにフライパンの振れないコンロなんて。
音美はガスでホイコーローよ、回鍋肉!鍋を振り回すのよ!


■意外な落とし穴に、電話線、電源コードそして充電器というのもありました。
音美も昔、色々電源を切って耳を澄まして、どいつがなってやがる?っと
犯人捜しをしたことがあります。このときはジージー音でしたが、なんと
充電池の充電器をコンセントに挿していただけで鳴ってました。
そして嘘のような話ですが、電子機器ではないものから高周波が。
それはガスコンロ。

どういう仕組かよくわかりませんが、以前ガスボンベを使うタイプのガス
コンロを使ったとき、キーンという音が止まなくて驚いたことがあります。
水道管からも蛇口の水量によってはそういう高周波がでることもあるそうです。
可能ならばブレーカーを落として、要因と思われる個所を一つ一つ潰していく
しかないでしょうね。ただ、それでもどうしても耳鳴りが止まらない場合は、
耳鼻科にいって診察してもらったほうがいいでしょう。
耳鳴りの原因は、メニエール病や外リンパろう 等の病気、高血圧やストレス
など医学的要因もありますから。


◆◇◆〓〓〓〓□●□〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓□●□〓〓〓〓◆◇◆

       ☆ ★ ☆音のトリビア!☆ ★ ☆

「夏は故障にご用心」、高温多湿の季節にPC修理が増加 - ユニットコム調査


■ユニットコムは、2012年の調査データを元に「夏場におけるパソコン故障に
関する動向」を発表しました。気温・湿度ともに上昇する梅雨時期から、PCの
修理受付件数に顕著な増加傾向がみられるといいます。
ユニットコムが掲示したグラフは、気象庁の「日本の月平均気温偏差(℃)」
と同社の「クリーニング系サポート応対 月別件数比率」および「サポート受付
件数総計 月別件数比率」を重ねたもの。
気温が高くなるにつれ、PC内部のクリーニングに代表されるサポート件数も
増加しています。トラブルの原因として多いのは排熱 機能の低下。
湿度が高まることで、PC内部に溜まった埃が水分を吸収してエアフローを妨害し
故障に至るケースも珍しくないらしいです。
また、台風の発生数と電源周りのサポート件数にも相関関係がみられます。
そのグラフでは、気象庁の「台風の発生数」と同社の「データバックアップ系
サポート 月別件数比率」および「電源周りのサポート 月別件数比率」を重ね、
台風が発生する6月から、電源やデータ系のサポート件数も増加しはじめること
がわかります。


■以上のことから、同社は次の6点を特に注意が必要な環境として挙げています。

・PCを直射日光が当たる窓際に設置している
・PCに多数のドライブを密着させて内蔵している
・PCを壁とのすき間が10cm以下の場所に設置している
・PCのファンの音が急に大きくなったまま変わらない
・夏場にブレーカーが落ちることがよくある
・雷の多い地域に住んでいる

内蔵HDDの動作保証温度は50度くらいのところですが、直射日光があたる設置
場所で室温が30度を超えれば、それを簡単に突破するといいます。
PCの排気については、数日間PCを起動しないと埃が蓄積して故障の原因になる
ことも。また、同社では水冷式のCPUクーラーや雷サージガードタップ、無停電
電源装置 (UPS)の導入も推奨しています。


■音美の部屋も、帰宅するとモワッとしててホコリも溜まりやすいから、突然
PCが止まることもあるかもね。
PCは商売道具。せめて壁から離して、風通し良くして、ファンの周りにたまった
ホコリはふき取って、床に散らかった衣類畳んで、台所の食器きれいに洗って。
あら、掃除してないだけか。そうね、確かに…。
日ごろのメンテが肝心だわ、PCも生活も。


◆◇◆〓 〓〓〓□●□〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓□●□〓〓〓〓◆◇◆

梅雨明けかしらと思ったら、一気に豪雨が降ったり、大変な天気ですね。
加えて夏の参院選挙も公示され、街はしばらく騒がしそうです。
音美もなんだか食べ物が傷みやすいのを忘れてついうっかり油断して
しまったみたいで、おなかが騒がしいわ。またそっちに持ってくって?
ハイ、反省します。古くなったものは食べません!
そうか、だから体重減らないんだ、食べ切らなくちゃと頑張っちゃうから…。
あ、日ごろの食生活をばらしてしまった音美でした。


〇----------〇----------〇----------〇----------〇----------〇

当環境スペースは数多い施工例と常に最新の技術 革新をもってみなさまの
ご要望にお答えしております。疑問点が少しでもあれば、とことん相談
なさってください。皆様の合点がいくまで、施 主様の夢を現実に近付ける
作業をして参ります。


音に関するご相談ご用命は、環境スペースま で!お待ちしています!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪◆◆◇◇ 防音室体験のご案内 ◇◇◆◆♪

「防音室って実際はどれくらい防音できるの?」…という皆様のご要望に
お応えする機会をつくっております。それが、「防音の体験会」(参加費無料)です。
アップライトピアノを常時設置しておりますので、実際にピアノを弾いたり、
楽器をお持ち込みになって防音効果を実感してみてください。

◆会場:環境スペース株式会社 (東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F)
◆日時:毎日開催(土・日曜日も開催中!!)

1時間枠 1組となります。完全予約制ですので、ご都合の良い日、お時間を
予約フォームより確認の上ご予約下さい。
※ご予約はご希望日の3日前までにお願いいたします。

予約フォームはコチラ⇒http://www.soundzone.jp/info07.html
お電話03-5795-1216でもご予約いただけます。
時間帯:9:30~10:30/11:00~12:00/13:00~14:00 /
14:30~15:30/16:00~17:00/17:30~18:30
	
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無料見積・ご相談はウェブ又はお電話で受け付けております。
TEL:03-5795-1215      HP:http://www.soundzone.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆ 配信不要 ◆◇◆
今後配信が不要な場合はお手数をおかけ致しますが、下記アドレスまで
件名に「配信不要」とご入力頂き、ご返信をお願いいたします。
★件名が空欄ですと、迷惑メールとしてはじかれてしまう場合がありますので、
件名ご入力をお願い致します。
こちらから⇒ info@kankyospace.com

――――― Corporate info ― kankyo Space inc ―――――――――――――
環境スペース株式会社
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F
TEL:03-5795-1215   FAX:03-5795-1216
Mail:info@kankyospace.com
HP:http://www.soundzone.jp/
※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
――――――――――――――――――――― Sounds of Life ―――――――
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定の実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら