1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0202号

メルマガバックナンバー0202号

配信日:2013/10/30

「オーダーメイド防音室で、ワンランク上の音的♪生活を満喫しませんか?」

【防音・音響に関する疑問を解決します 音響分野の設計・施工】

音に関するトータルサイトはこちら⇒ http://www.soundzone.jp/
環境スペース株式会社のトータルサイトはこちら
                ⇒ http://www.kankyospace.com/

==========★ハウスメーカー様 限定!無料セミナー開催のご案内★=========

日時: 2013年 11月 7日 (木)
時間: 14:00~15:00 (会場13:30~)
会場: 当社(環境スペース株式会社)
内容: 『防音室 音の体験セミナー』 遮音リアル体感
    これだけは知っておきたい防音室の基礎知識
    セミナーの後、個別相談会も実施致します。

お申込み方法:
下記、PDFダウンロードしFAXにて
http://www.soundzone.jp/20131107seminar.html

又は、お電話にて TEL:03‐5795‐1215
=====================================================================


★☆★☆★☆★☆★☆★☆  今日のメニュー  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★                                 ★
★          音ってどうやって発生する?          ★
★                                 ★
★           ◆◇音のトピック◇◆            ★
★                                 ★
★  バーチャルシンガーの歌声を出力できる専用音源 ヤマハから   ★
★                                 ★
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
このメールは環境スペース株式会社のお客様、お取引様宛に送信しております。
不要の方は、お手数ですがメール後方の「配信不要」の欄をご参照下さい。
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…


♪◆◇◆◇◆◇ 音美の日々ビューティフルサウンズ ◇◆◇◆◇◆♪

こんにちは、音の専門家、環境スペースの音美です♪

常々私たちを悩ませる騒音。はて、そもそも音ってなんで聞こえてくるの?
音ってなんなの?敵を知り、己を知れば、百戦危うからず
(本当は、「彼を知り己を知れば、百戦して殆うからず」と言うのですって!)
by孫子、そんなことで今回はそのあたりを、サウンドチェーック!


■ □〓〓〓〓〓■ □〓〓〓〓〓■〓〓〓〓〓□ ■〓〓〓〓〓□ ■

■音ってどんな時聞こえてきます?街を歩いてると店頭でBGMが聞こえてくる。
携帯が鳴ると桃太郎侍のテーマが鳴る(あたしだけ?)。
車が急ブレーキ掛けたらキキーッってタイヤが鳴って事故かしら!って振り返っ
たとき、持っていた丼が手から滑り落ちてガチャーンと割れる音、それを聞いて
おかみさんが「あんたこれで2回目よ!」って言うお叱りの声…。
考えてみれば町は音に溢れてますね。
…とぼけてるわけじゃないのよ、おかみさん。

これ実は、物体が震える→音になる、なんですね。音とは物の振動。
揺れているものからはすべて音が出ているというわけなんです。

■揺れるものからは周波数が出て、特定の音を出している。
じゃあ、東京タワーから音は出てるのか。あんな大きい塔なんだから風で吹かれ
たらユラユラ揺れるに決まってる、そのとき音は出てるの?
実は、名古屋のテレビ塔で興味深い実験をされた方がいます。
名古屋大学の当時院生の豊部さんの研究グループが、2012年3月に地震や強風、
機械、人力による加振で、いかにテレビ塔が揺れるかというデータを取り、
テレビ塔の保存にはどのような補強が必要かという論文を提出しました。
やはりきっかけは3.11の地震でした。今はアナログテレビ電波塔の役目を終え、
登録有形文化財として名古屋の街に立ち続けるテレビ塔ですが、何もしなければ
老朽化で、崩れ落ちないにしても何かしら不具合は出るはず。それを事前に補強
を加える手だてとしての実験でした。
やはりあのような大きな塔でさえ、人工的に振動を加えても揺れは起こるのですね。
そしてそれは固有の周波数として建造物に存在し、地震や強風によっても違う
周波数で発生するそうです。

■もちろんこの音は耳に聞こえないほどの低周波ですが、この低周波が人体に
悪影響を及ぼすことは様々なところで言われています。新幹線沿線や空港、基地
のある地域では、モーターの駆動音、ヘリ回転翼の呻る音、ジェットに含まれる
ドドドっという轟音。
音として聞こえないけれど頭が痛い、吐き気がする、イライラする、などの症状
が出ています。脳としては、聞こえない周波数でも鼓膜の振動をちゃんととらえ
ているということでしょうね。余談ですが、たとえ耳に聞こえない音としても、
空気が無ければ不快になることもありません。
この物体の振動を私たちの耳に届けてくれるのが空気というわけです。
以前にもお話ししましたが、空気でなくても水でもいいです。コンクリートでも
鉄骨でも、聞くためには音の振動を媒介する何かが必要なんです。
ですから空気の無い宇宙空間では、音は伝わりません。

■では、「音」はどのように発生するのか。主に3つに分類されるそうです。
まず1つ目は物体の振動。わかりやすい例でいうと太鼓です。
ドーンといった瞬間太鼓の革が揺れているはずです。ギターもそうです。
ボロンと引いたとき弦が震えます。2つ目が空気の流れ、物が急速に移動するとき
の音。ホースから流れ出る水の音、スプレーから出る金チョールの音はそれに当
たります。刀の空を切る音もそうですね。3つ目は、膨張、収縮による音です。
拍手の音や爆竹の音、風船の破裂する音。

これが基本的な音の発生する大元です。
では、この音を元から断てばいいのですが、なかなかそう簡単には行きませんね。
だって自分が全て音出しているわけじゃないから、道端で工事を止めるわけにも、
店に入り込んでスピーカーの音を切るわけにもいきません。
どうしたらいいでしょう。ここからが環境スペースの出番です。
音の原因を突き止めて、その種類を判断し、どう効果的に防音していくか、皆さ
まの立場にたって共に考えていきます。

皆さまの、どうしよう、をお聞かせください。
きっとご満足いく答えをお探しいたします。


◆◇◆〓〓〓〓□●□〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓□●□〓〓〓〓◆◇◆

       ☆ ★ ☆音のトリビア!☆ ★ ☆

☆ヤマハ、リアルな楽器音とVocaloidに対応した音源LSI「NSX-1」出荷開始☆

■ヤマハは、高品質でリアルな楽器音と歌声の合成に対応した新音源LSI「NSX-1」
の量産出荷を23日より開始したと発表しました。サンプル価格は2,000円。
NSX-1は、同社の電子楽器技術、歌声合成技術、半導体技術、インターネット技術
を結集した、"歌って、奏でる、次世代音源"。「General MIDI」による音色はもち
ろん、同社のフラグシップモデルであるコンサートグランドピアノ「CFX」をもとに
した高品位なアコースティックピアノ音色 「Real Acoustic Sound」や、バーチャル
シンガーによる歌声を出力できる専用音源「eVocaloid」まで、幅広い音を奏でるこ
とができるのが特徴となっています。

■「eVocaloid」は、歌声合成に必要なデータベース容量を削減するとともに、
少ない処理量で歌声を合成する方式を採用するなど、VOCALOIDの 処理を組み込み
用途に適した形に変更したもので、極めて少ない遅延で歌声を合成可能。
また、VOCALOIDの日本語女声ライブラリ「VY1」を もとに開発した専用ライブラリ
「eVY1」を使用することで、力強く伸びのあるロングトーンの歌声を実現していると
のことです。

■本製品の最大同時発音数は64(内蔵音源16パート)で、ボイス数は「General MIDI」
が128種類と1ドラムキット、「Real Acoustic Sound」が30種類、「eVocaloid」は
eVY1。エフェクトはリバーブ29種類、コーラス24種類、インサーション181種類
、マスター EQ(5バンド)と、これ一つで完パケまで持って行ける贅沢さ。
なお、「Real Acoustic Sound」と「General MIDI」の同時使用は可能ですが、
「Real Acoustic Sound」と「eVocaloid」の同時使用は不可。事前にどちらの音源を
プリインストールするかを選択する必要があります。このほか、同社はJavaScript
から本製品を操作するためのライブラリと、そのライブラリを使ったサンプルのWeb
アプリケーションを公開するとしています。これらは、ソースコード共有サービス
「GitHub」の同社ページにて11月上旬に公開される予定です。

これでもって初音ミクばりにガンガン作曲できるかも!PCで作曲派には手に入れたい
アイテムですね!


◆◇◆〓〓〓〓□●□〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓□●□〓〓〓〓◆◇◆

さてさて、もう11月になろうっていうのに連続して台風がやってきますね。
こないだの伊豆大島も大変なことになっちゃって、でも町長が判断が甘かった
って言ってましたが、天災の被害は多大に人災でもあるんですよね。
自然を甘く見たばっかりにことを大きくしてしまう。
3.11でみんなわかったと思ったんだけど。まだ大丈夫だなんて言わないで
早めに避難してくださいね。音美からもお願いします。
音美も、自然に逆らって冬に巨峰の乗ったショートケーキが欲しいなんてもう
言わない!
あ、その前に理性に逆らってケーキに手を伸ばさないようにしなくちゃ・・・
と思いだけは堅い音美でした。


〇----------〇----------〇----------〇----------〇----------〇

当環境スペースは数多い施工例と常に最新の技術 革新をもってみなさまの
ご要望にお答えしております。疑問点が少しでもあれば、とことん相談
なさってください。皆様の合点がいくまで、施 主様の夢を現実に近付ける
作業をして参ります。


音に関するご相談ご用命は、環境スペースま で!お待ちしています!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪◆◆◇◇ 防音室体験のご案内 ◇◇◆◆♪

「防音室って実際はどれくらい防音できるの?」…という皆様のご要望に
お応えする機会をつくっております。それが、「防音の体験会」(参加費無料)
アップライトピアノを常時設置しておりますので、実際にピアノを弾いたり、
楽器をお持ち込みになって防音効果を実感してみてください。

◆会場:環境スペース株式会社 (東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F)
◆日時:毎日開催(土・日曜日も開催中!!)

1時間枠 1組となります。完全予約制ですので、ご都合の良い日、お時間を
予約フォームより確認の上ご予約下さい。
※ご予約はご希望日の3日前までにお願いいたします。

予約フォームはコチラ⇒ http://www.soundzone.jp/t_taiken
お電話03-5795-1216でもご予約いただけます。
時間帯:9:30~10:30/11:00~12:00/13:00~14:00 /
14:30~15:30/16:00~17:00/17:30~18:30
	
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無料見積・ご相談はウェブ又はお電話で受け付けております。
TEL:03-5795-1215      HP:http://www.soundzone.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆ 配信不要 ◆◇◆
今後配信が不要な場合はお手数をおかけ致しますが、下記アドレスまで
件名に「配信不要」とご入力頂き、ご返信をお願いいたします。
★件名が空欄ですと、迷惑メールとしてはじかれてしまう場合がありますので、
件名ご入力をお願い致します。
こちらから⇒ info@kankyospace.com

――――― Corporate info ― kankyo Space inc ―――――――――――――
環境スペース株式会社
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F
TEL:03-5795-1215   FAX:03-5795-1216
Mail:info@kankyospace.com
HP:http://www.soundzone.jp/
※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
――――――――――――――――――――― Sounds of Life ―――――――
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定のの実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら