1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0205号

メルマガバックナンバー0205号

配信日:2013/12/11

「オーダーメイド防音室で、ワンランク上の音的♪生活を満喫しませんか?」

【防音・音響に関する疑問を解決します 音響分野の設計・施工】

音に関するトータルサイトはこちら⇒ http://www.soundzone.jp/
Facebookはこちら⇒ http://www.facebook.com/soundzone.jp
環境スペース株式会社のトータルサイトはこちら
⇒ http://www.kankyospace.com/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆  今日のメニュー  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★                                  ★
★ 小さい頃から気になってた、ピーポーが通り過ぎるときの音程はなぜ? ★
★                                  ★
★                                  ★
★              音のトピック              ★
★                                  ★
★    家族と会話しながらTVの音もしっかり聞けるスピーカーホン   ★
★                                  ★
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
このメールは環境スペース株式会社のお客様、お取引様宛に送信しております。
不要の方は、お手数ですがメール後方の「配信不要」の欄をご参照下さい。
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…


♪◆◇◆◇◆◇◆◇ 音美の日々ビューティフルサウンズ ◇◆◇◆◇◆◇◆♪

こんにちは、音の専門家、環境スペースの音美です♪

いつの間にか12月になり、今年も残すところ1ヶ月を切りました。
この時期になるとやることが急に増えますよね。
音美は普段のツケが回って来ただけとよく言われますが。
それと共に忘年会シーズンにも入りました。こちらはワクワクするんですが!
なんとも夜更けにこだまする救急車の音の多さ。その何割かは飲み過ぎの人もい
るんだろうなー、なんていつも想像してしまうのですが、小さい頃、誰もが話題
にする「ピーポー」の向かってくるときと過ぎ去るときの音程の差。
へんだよねー、なんでだろーっていいながら、ピーポーピーポーって必ず口真似
したものですが、あれがドップラー効果だってことを知るのは高校生くらいにな
ってからかしら。それでも、今一つしっくりわかってないのは音美だけかしら。
今回はちょっと高校時代に戻った気分でその辺を、サウンドチェーック!


■ □〓〓〓〓〓■ □〓〓〓〓〓〓■〓〓〓〓〓〓□ ■〓〓〓〓〓〓□ ■


■一般にこの救急車のサイレンが通り過ぎるときに音程が低くなるような現象を、
ドップラー効果と言います。この効果、誰もが体験したことのあるとっても有名
な物理現象ですが、それを確認するために用いた手法は実に原始的なものだった
のです。なんと音楽家たちが会得した絶対音感を利用したというのです。
まず、この誰もが知る現象を1842年にオーストリアの物理学者、クリスチャン・
ドップラーが速度と周波数の間の数学的な関係式を見出しました。
そしてオランダ人の化学者・気象学者であるクリストフ・ボイス・バロットが
1845年、オランダのユトレヒトで、列車に乗ったトランペット奏者がGの音を吹き
続け、それを絶対音感を持った音楽家が聞いて音程が変化する事で証明したのです。
チューナーもシンセサイザーもなかった時代ですから、それが一番確かな方法
だったのですね。


■実際のドップラー効果にはそれぞれの場合で種類があります。音源が固定されて
いて、観測者が音源に近づく場合、遠のく場合、観測者が止まっていて音源が近づ
く場合、過ぎ去る場合。さらに観測者が去ろうとするが音源が追いかけて来る時。
観測者が音源から去り音源も観測者から去るとき。これが全部公式になっているん
ですが、音美にはとんと理解不能なので省きまーす!
わかりやすい例でいうと、有名な救急車は、自分が止まっていて音源が向こうから
近づきあっちへ去る場合ですね。そして踏切のカンカン鳴ってる遮断機の音が電車に
乗ってる自分が近づいて通り過ぎるときが、音源が止まっていて自分が近づき、去っ
ていく場合です。それぞれ音の圧縮が10分の1とか34倍だとか違うので周波数(音階)
も変わって来ると。
これを音階で変化を確かめるなんて凄いですよね。


■具体的に解説していくとこんな感じになります。
救急車があります。時速60kmで走っています。これを秒速に直すと、救急車はおよそ
1秒間に17m 進むことになります。救急車は音の進む方向に走って来るわけですから、
音の速さ340m/秒から計算して17mを340mで割ると5%音の波が圧縮されます。遠ざかる
ときは逆に5%伸張されることになります。
そうしますと、初めに聞こえた音と過ぎ去ったときの音の差が10%の周波数の違いと
なるわけです。
通常救急車のサイレンの音は「ピー」960Hzと「ポー」770Hzと言われていますから、
音階で言うと「シ(987Hz)」「ソ(783Hz)」に近く、かつて実験したときのように
聴き取ったとしたら、シーソーシーソーと聞こえ、時速60kmで走って来たとしたら5%
圧縮されるから半音あがるとしてドーソ#ードーソ#ーと聞こえることになります。
去っていくときは5%減退しますから、ラ♭ーソ♭ーラ♭ーソ♭ー辺りでしょうか。
絶対音感がある人はこの音の差を聞き分けて、今通り過ぎたものがどのくらいの速度
で過ぎ去ったか計算出来てしまうということなんですね。神業だわ!!!


■このドップラー効果を利用した楽器があるんです。
音美も大好きなハモンドオルガンのサウンド!
一般にレスリースピーカーって言われてますが、オリジナルはロータリースピーカーと
いいまして、高音部のホーンと低音部のウーファーローターをモーターで別々に回転
させて心地よいコーラスやビブラート効果を発生させるあの仕組みです。ハモンドと
いえばディープパープルのジョン・ロードよね!それからボストンのトム・シュルツ
もハモンドのトーンバーを使って心地よいうねりを出してくれるわ!
あ、つい興奮しちゃって。
あのうねりもドップラー効果なんだ、と知ってびっくりです。
因みにレスリースピーカーはレスリーさんが考案したものですが、最後までハモンド社
が組み込むことはしなかったそうで、ハモンドオルガンにレスリースピーカーを接続
するという、日本酒にスルメみたいな組み合わせ(?)でロック界を席巻しました。


■ロックを演奏している人も、ちょっと弾いてみたいなという人も、家の中じゃとても
じゃないけど弾けないなあ、と諦めてはいませんか?皆様の住環境、そして出したい音
の種類を教えてください。どこをどうしたら最適な効果を得られるか、環境スペースが
共に悩み、共に答えを見つけ出します。悩む前に環境スペースにお電話を!夢を夢で
終わらせない、そんな思いにお応えします。


◆◇◆〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓◆◇◆


    ☆ ★ 聴きながら話できる「TV用の耳もとスピーカー」☆ ★ ☆

■今回はwebでみかけたちょっと耳よりなスピーカーホンのお話を。
信州の電子部品組み立てメーカー、エムケー電子が開発した『みみもとホンTV』。
これは今はやりのインナーホンの逆を行く発想で作られたヘッドフォンです。
写真で見ると時代を逆行するかのようなずいぶんでかいイヤホン部分10円玉くらい
あるでしょうか、それを耳に当てるわけですが。
さて、これじゃ音が漏れて十分な音量で聞けないじゃないか、と訝る貴兄も多いこと
でしょう。実は、このヘッドホン、あえて耳とスピーカー部分にすきまを与える構造
なのです。このすきまによって、テーブルを囲んで一家団欒のひとときも、TVの音を
大きくせずとも聞こえ、家族の会話も電話の音も、チャイムの音もしっかり聞こえる
という、いままで捨てて来た部分をリサイクルしたというか、不要の要を謳ったと
いうか、面白い商品なのです。


■「大手メーカーでは、高音質で再生させるため、スピーカーはなるべく鼓膜に
近づけるのがいいとされてきました。でも、それでは周囲の音が聴こえないし、
耳 の負担にもなってしまう。
そこで高音質で再生させるのではなく、安心して使えるようにしながらしっかり
音が聴こえるようにしたのが、『みみもとホンTV』 です。大手メーカーではこう
いった発想の転換は難しいでしょう」とは、『みみもとホンTV』の開発者、常務
取締役で商品開発部長の中島照正さん。なるほど、確かに今のインナーホンは耳栓
ホンですよね。
外部の音をシャットアウトして音圧からなにから耳道を通って鼓膜を直撃する。
耳がキーンとする、なんていう若者が増えたとも聞いたことがありますわ。
でも、耳とスピーカー部分に隙間があって、まわりに迷惑かけずに音なんて聞ける
のかしら?


■さてここが技術の見せ所。通常のスピーカーでは音は音源から扇状に外に向かって
広がっていきます。そこを、エムケー電子は超指向型スピーカーを採用することに
よって音源から直進的に音が進むように開発されています。
これにより本人の耳意外に漏れ聞こえる音は極端に減ります。
耳は外耳(耳介や外耳道(耳穴))を通って鼓膜に伝わります。
一般に、外耳は音の通り道というだけではなく、入ってきた音を集めて共鳴させ鼓膜
に伝えています。外耳の共鳴がハッキリ聞こえるポイントの一つになります。
インナーホンのように耳穴を塞ぐと、この働きを生かすことができませんが、
「みみもとホンTV」は耳に一番近い位置で音を自然に共鳴させるので明瞭に聞くこと
ができるのだとか。


■また、ワイヤレスというのも見逃せません。
お家の中で掃除やフィットネスなどやりながら、適切な音量でTVを見ることができます。
もう一つのポイントは、補聴器を付けたままでも使用可能。
おばあちゃんやおじいちゃんもTVのボリュームを上げずにちゃんと聴き取れて、しかも
家族の会話に入っていけるというすぐれものです。ネットでも販売していますので、
テレビの音でもめる前に、みみもとホンTVを試してみてはいかがでしょう。


◆◇◆〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓◆◇◆

気づけばもう師走ですね。街中ではジングルベルも鳴り響き、イルミネーション
があちこちで瞬いています。でも、心は北風と同じく寒いですわ。
なんか法律で決まったみたいだけど、そんなののずっと前から駅前の商店街、
秘密が多いわよ。毎週月曜はポイントが3倍とか、5のつく日は消費税サービスとか、
知ってる人だけ得するじゃない!…チラシに出てるって?
あら、新聞取ってないものですから、そうなの?秘密じゃなかったのね…。
とにかく秘密は嫌!そしてあたしの体重は永久に秘密よ!
と虫のいいことを言う音美でした。

〇-----------〇------------〇-----------〇-----------〇-----------〇

当環境スペースは数多い施工例と常に最新の技術革新をもってみなさまの
ご要望にお答えしております。
疑問点が少しでもあれば、とことん相談なさってください。
皆様の合点がいくまで、施 主様の夢を現実に近付ける作業をして参ります。


音に関するご相談ご用命は、環境スペースまで!お待ちしています!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪◆◆◇◇ 防音室体験のご案内 ◇◇◆◆♪

「防音室って実際はどれくらい防音できるの?」…という皆様のご要望に
お応えする機会をつくっております。それが、「防音の体験会」(参加費無料)
アップライトピアノを常時設置しておりますので、実際にピアノを弾いたり、
楽器をお持ち込みになって防音効果を実感してみてください。

◆会場:環境スペース株式会社 (東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F)
◆日時:毎日開催(土・日曜日も開催中!!)

1時間枠 1組となります。完全予約制ですので、ご都合の良い日、お時間を
予約フォームより確認の上ご予約下さい。
※ご予約はご希望日の3日前までにお願いいたします。

予約フォームはコチラ⇒ http://www.soundzone.jp/t_taiken
お電話:03-5795-1215でもご予約いただけます。
時間帯:9:30~10:30 / 11:00~12:00 / 13:00~14:00 /
14:30~15:30 / 16:00~17:00 / 17:30~18:30
	
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無料見積・ご相談はウェブ又はお電話で受け付けております。
TEL:03-5795-1215      HP:http://www.soundzone.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆ 配信不要 ◆◇◆
今後配信が不要な場合はお手数をおかけ致しますが、下記アドレスまで
件名に「配信不要」とご入力頂き、ご返信をお願いいたします。
★件名が空欄ですと、迷惑メールとしてはじかれてしまう場合がありますので、
件名ご入力をお願い致します。
こちらから⇒ info@kankyospace.com

――――― Corporate info ― kankyo Space inc ―――――――――――――
環境スペース株式会社
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F
TEL:03-5795-1215   FAX:03-5795-1216
Mail:info@kankyospace.com
HP:http://www.soundzone.jp/
Facebook:http://www.facebook.com/soundzone.jp

※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
――――――――――――――――――――― Sounds of Life ―――――――
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定のの実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら