1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0208号

メルマガバックナンバー0208号

配信日:2014/1/22

「オーダーメイド防音室で、ワンランク上の音的♪生活を満喫しませんか?」

【防音・音響に関する疑問を解決します 音響分野の設計・施工】

音に関するトータルサイトはこちら⇒ http://www.soundzone.jp/
Facebookはこちら⇒ http://www.facebook.com/soundzone.jp
環境スペース株式会社のトータルサイトはこちら
⇒ http://www.kankyospace.com/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆  今日のメニュー  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★                                  ★
★      住宅にも性能表示?国交省が作った規定とは?       ★
★                                  ★
★                                  ★
★              音のトピック              ★
★                                  ★
★         ソニーからハイレゾスピーカー登場         ★
★                                  ★
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
このメールは環境スペース株式会社のお客様、お取引様宛に送信しております。
不要の方は、お手数ですがメール後方の「配信不要」の欄をご参照下さい。
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…


♪◆◇◆◇◆◇◆◇ 音美の日々ビューティフルサウンズ ◇◆◇◆◇◆◇◆♪

こんにちは、音の専門家、環境スペースの音美です♪

以前東京との生活騒音に対する姿勢をご紹介しましたが、音美が調べましたところ、
一応各都市各地域、市や区単位で騒音について決まり事のような報告書は出ている
ようなんです。後は地域住人の意識次第なんですが、住宅自体の性能っていうのも
国交省が規定を作っているってご存知でした? ここでは行政の騒音苦情の統計も
使ってそのあたりを、サウンドチェーック!


■ □〓〓〓〓〓■ □〓〓〓〓〓〓■〓〓〓〓〓〓□ ■〓〓〓〓〓〓□ ■


■早速ですが、まず生活騒音の苦情のうち、4分の1がマンションなどの集合住宅
上下階の物音、次いでエアコンの室外機の音、テレビやオーディオ機器などからの音、
楽器の音であるとしています。
どの音もいつ自分が迷惑を被る側から迷惑を掛ける側になるかわからないような音
ですね。そしてある人にとっては気にならない、ある人にとっては非常に不快な音
になり得るということです。あるいはその人の体調や状況にもよって感じ方は変わ
るでしょう。どこの自治体も勧めているのが、日ごろから気を遣う、そしてうるさ
いと感じる住人との交流だと言っています。
確かに音だけ聞いていると、あのお宅、迷惑も考えずになによ、となってしまいま
すが、小さいお子さんがいる、早起きのお年寄りが暮らしている、そんな事情がわ
かるだけでもイライラが少しは解消されることもあるでしょう。
なにせ、人間というものは原因がわかれば心が落ち着く生き物だと言いますから。


■そうは言っても、うるさいものはうるさいですよね。
統計上どんな音が騒音と感じるか出ていますので見てみましょう。
第1位はやはり集合住宅の上下階の音、特に上階ですね、歩く音、スプーンなどもの
を落とす音、泣き声、音楽などが全体の22%、エアコンの室外機の音が14%、テレビ
やステレオ、カラオケ(自宅で?)の音12%、ピアノ、ギターなど楽器が同じく12%、
給湯用ボイラ、自動車、バイクが8~9%となっています。
やっぱりダントツで集合住宅の上下階からの生活音ですね。
特に上階からの騒音は自分が騒音源になり得ない関係ですから、一方的に苦痛を受
け続ける困った状況です。意外にパーセンテージが大きかったのがエアコンの室外機
の音です。昔、まだ今ほどエアコンの性能がよくなかった頃、室外機を巡って近隣の
住人同士で傷害事件にまで発展したことがあったそうです。
件のエアコンメーカーD社はその頃から真面目に低騒音室外機を開発し始めたとか。
事が起こってからでは困りますが、駆動音が発生する機器は常に静音を性能のひとつ
として作ってほしいものです。また、車、バイクが思ったより低いのも意外な結果です。
やはり自動車関係の騒音は地理的なことが大きいですから、道一本隔てたところでは
全く音のレベルが違うこともままあることです。


■この音の大小は、音の高低を表す周波数(Hz=ヘルツ)と強弱を表す振動
(dB=デジベル)で表現されることは、音美のメルマガ読者ならもうご存知ですよね。
そして、その騒音の種類ももう一度おさらいしましょう。
はじめに、固体音。中でも、マンションなどで誰もが経験するドンドン歩く音、飛び
跳ねる音の重量床衝撃音(LH)、そしてスプーンを落としたりすると聞こえる音の軽量
床衝撃音(LL)の2つの音に分類されます。次に、空気音。
しゃべり声やバイクの空ぶかし、ステレオの大音量など空気を伝わって聞こえる音です。
どちらも床や壁の構造(木造、鉄筋など)から対応を引き出すのですが、このLHとLLは
性質が異なりますからドンドンする音は聞こえなくても固いものを落とす音がよく聞こ
える、といった現象が起こる可能性がありますから騒音の性質をよく把握する必要が
あります。ただどちらも、床仕上げ材の工夫をする(表面をカーペットなどで覆う)
などは基本的な防音には有効な手段ですので是非お試しください。
また、空気音については、室外からの音の侵入に関し建築基準法では共同住宅などの
界壁について、一定の技術的基準に従って遮音上有効な構造にしなければならないこと
になっており、一般的な構造の界壁について必要なコンクリートの厚さや構造などを
定めたり、一定の試験方法により一定の性能を有する構造の界壁であることが確かめら
れたものについて国土交通大臣が認定することが定められています。
例えばサッシですが、外からの騒音が室内へ侵入しやすく室内の騒音が外へ出やすい、
外壁に設けられた最も弱点となる部分になりますから、正しい等級の製品を使用するこ
とが望ましいです。性能表示で最も高い等級は、JISのRm(1/3)-25に該当するサッシに
当たりますが、これは防音サッシと言われるもので、通常のサッシより数段上の防音効
果のあるものです。


■国交省の住宅性能評価制度の概説には、遮音性能を理解しやすいように日本建築
学会の「建築物の遮音性能基準と設計指針第2版」を基に作成された「JISの遮音
等級と住宅における生活実感との対応例」というものがあります。
このあたりのことは、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の施行により確立
された「住宅性能表示制度」にも規定があり数値と程度の評価が示されていますが、
反射や干渉、共振などは、例えばそばの空き地の時に無かった騒音が住宅が出来たら
急に車の騒音が聞こえ出した、など設計段階での予測が困難な状況もあるため、その
数値が実測結果を保証するものではないとしています。
また、共同住宅等での生活騒音、給排水の音(ウォーターハンマー現象ですね)や、
ドア、サッシ、襖などの開閉の音(夜中に網戸をピシャッと閉める音は響くものです)
予測が難しいため評価対象外ですし、上下階からの話し声も対象とされていませんが、
これらの騒音については、夜中にシャワーを浴びないとか、ドアや網戸は静かに閉め
る、など共同住宅にお住まいなら当然気を付けるマナーですよね。一人ひとりの心が
けで騒音問題もずいぶん解消されるものです。


■それでも近隣の生活騒音が気になって困っている、そんなときは環境スペースの
出番です。実際お住まいの室内での騒音計測をし、それが実在的なものか心理的な
ものか数値を見てお客様に判断して頂きます。その上でどのような防音施工をすれ
ばどの程度の効果がでるかなど具体的なカタチをご提案いたします。まずはお電話
でご相談ください。音のスペシャリストがお客様のお悩みを受け止めます!


◆◇◆〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓◆◇◆

               音のトリビア!

   ☆ ★1BOX型最高音質を目指したハイレゾスピーカー☆ ★ ☆

■ソニーは、“1BOXスピーカーで最高音質を目指した”というハイレゾ対応の
Bluetooth/USB/DLNAスピーカー「SRS-X9」を3月8日より発売します。
価格はオープンプライスで、店頭予想価格は6万円前後。
24bit/192kHzまでのハイレゾオーディオ(音楽用CDを超える音質の音楽データの
総称で、情報量が格段に大きいってことでとにかく音がいいんです! )に対応
した1BOX型スピーカー。
DLNA/USB接続時にはハイレゾ楽曲の再生が可能で、USB接続 時にはDSD
(ダイレクトストリームデジタル )ファイルの再生も行なえます。
独自のフルデジタルアンプ「S-Master HX」を8基搭載したマルチアンプ構成で、
総合出力は154W。19mmのハイレゾ対応スーパーツィータ×4と、50mmの磁性流体
ユニットを採用した ミッドレンジ×2、94mmサブウーファから構成され、サブウ
ーファに2基、それ以外のユニットに1基のアンプを割り当てて、マルチアンプ駆動
するという充実ぶり。


■本体中央がサブウーファでその左右にパッシブラジエータ、さらにその左右に
ミッドレンジを装備。ミッドレンジの上部と天面にスーパーツィータを装備します。
各帯域をそれぞれのユニットでドライブすることで、低歪みかつクリアな再生を
可能にしたほか、各ユニット間の再生周波数帯域のクロスオーバーを最適化し、
音のつながりの良さや再現性の向上を実現したそうです。
天板と正面上方に備えた4つのスーパーツィータにより、高域の広がりをもたせた
ほか、ミッドレンジは磁性流体ユニットの採用により瞬発力を向上しています。
また、入力信号を24bit/192kHzにアップスケーリングし、高域補間やbit拡張などを
行なうことで高音質化を図る「DSEE HX」を搭載。ソニーおすすめのサウンド設定
「ClearAudio+」も搭載。システム全体の再生周波数帯域は45Hz~40kHz。


■本体上部にはタッチセンサ式の操作パネルと手をかざすとLEDも表示する近接
センサーを装備し、基本操作を本体のみで行なえます。天板はフラットな外観に
こだわったガラスで、エンクロージャには0.8mm厚のアルミを採用。着脱可能な
ステンレス製パンチンググリルも備えています。
ソニーではこのデザインを、「あらゆるインテリア空間との調和と、高音質を
両立するフレームの美しさを追求したDefinitive Outline(ディフィニティブアウ
トライン)デザイン」と呼んでいて、「シンプルな本体にフレームの美しさが際立
ち、あらゆる空間に溶け込む。音質面 では、フレームの角を処理し、稜線を滑ら
かな面で繋ぐことで、角部で音波が反射する回折現象が低減され、最適な音波の
流れを生み出す」としています。


■いかに贅沢な作りかおわかりになって頂けたでしょうか。最近は手軽に手に入る
スピーカーが多く出回っていますが、PC用だからと簡易型にせず1台くらいじっくり
音を味わえるスピーカーを設置してみては?


◆◇◆〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓◆◇◆

正月明けで本調子でない方もいらっしゃるかしら。音美は連休でちゃっかり撮り溜
めたお笑い番組を一気に見ましたわ。
おもちも無くなって、さて今年こそダイエット!と気張ったところにこの寒さ。
西日本、東北以北は度重なる大雪の日。
備えあれば憂いなし、雪の日は靴底にスリップ止めのついた靴にするとか、
タイヤはチェーンを巻くとか、出来ることは備えてくださいね。うちも備えなきゃ、
とおもちを二袋買い置きしといた音美でした。…ダイエット、ダイエット。

〇-----------〇------------〇-----------〇-----------〇-----------〇

当環境スペースは数多い施工例と常に最新の技術革新をもってみなさまの
ご要望にお答えしております。
疑問点が少しでもあれば、とことん相談なさってください。
皆様の合点がいくまで、施 主様の夢を現実に近付ける作業をして参ります。


音に関するご相談ご用命は、環境スペースまで!お待ちしています!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪◆◆◇◇ 防音室体験のご案内 ◇◇◆◆♪

「防音室って実際はどれくらい防音できるの?」…という皆様のご要望に
お応えする機会をつくっております。それが、「防音の体験会」(参加費無料)
アップライトピアノを常時設置しておりますので、実際にピアノを弾いたり、
楽器をお持ち込みになって防音効果を実感してみてください。

◆会場:環境スペース株式会社 (東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F)
◆日時:毎日開催(土・日曜日も開催中!!)

1時間枠 1組となります。完全予約制ですので、ご都合の良い日、お時間を
予約フォームより確認の上ご予約下さい。
※ご予約はご希望日の3日前までにお願いいたします。

予約フォームはコチラ⇒ http://www.soundzone.jp/t_taiken
お電話:03-5795-1215でもご予約いただけます。
時間帯:9:30~10:30 / 11:00~12:00 / 13:00~14:00 /
14:30~15:30 / 16:00~17:00 / 17:30~18:30
	
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無料見積・ご相談はウェブ又はお電話で受け付けております。
TEL:03-5795-1215      HP:http://www.soundzone.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆ 配信不要 ◆◇◆
今後配信が不要な場合はお手数をおかけ致しますが、下記アドレスまで
件名に「配信不要」とご入力頂き、ご返信をお願いいたします。
★件名が空欄ですと、迷惑メールとしてはじかれてしまう場合がありますので、
件名ご入力をお願い致します。
こちらから⇒ info@kankyospace.com

――――― Corporate info ― kankyo Space inc ―――――――――――――
環境スペース株式会社
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F
TEL:03-5795-1215   FAX:03-5795-1216
Mail:info@kankyospace.com
HP:http://www.soundzone.jp/
Facebook:http://www.facebook.com/soundzone.jp

※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
――――――――――――――――――――― Sounds of Life ―――――――
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定の実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら