1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0211号

メルマガバックナンバー0211号

配信日:2014/3/5

「オーダーメイド防音室で、ワンランク上の音的♪生活を満喫しませんか?」

【防音・音響に関する疑問を解決します 音響分野の設計・施工】

音に関するトータルサイトはこちら⇒ http://www.soundzone.jp/
Facebookはこちら⇒ http://www.facebook.com/soundzone.jp
環境スペース株式会社のトータルサイトはこちら
⇒ http://www.kankyospace.com/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆  今日のメニュー  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★                                  ★
★       フローリングの防音効果、その計測方法は?       ★
★                                  ★
★                                  ★
★              音のトピック              ★
★                                  ★
★   再生可能素材、竹から生まれたスピーカ パナソニックから    ★
★                                  ★
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
このメールは環境スペース株式会社のお客様、お取引様宛に送信しております。
不要の方は、お手数ですがメール後方の「配信不要」の欄をご参照下さい。
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…


♪◆◇◆◇◆◇◆◇ 音美の日々ビューティフルサウンズ ◇◆◇◆◇◆◇◆♪

こんにちは、音の専門家、環境スペースの音美です♪

みなさん、寝不足が続いたんじゃないですか?ソチオリンピックの各種目、全部
追っかけてたら睡眠時間無くなっちゃいますよね!
でも、カーリングだけはよく見てました。中継時間がちょうどよかったのかしら。
中でもロシアチーム凄かったわ!試合じゃなくてあのメイク!
なにかしらあのアマゾネス軍団。チーム全員美しかったわ。どれだけ化粧に時間
かけたのかしらって言うくらいばっちりメイクしてたわね。
あら、余韻に浸るのはこのくらいにして、そんなソチの名勝負を見ているときで
も鳴り響く上階のドンドン音。どーなってるの!そういえばスラブとフローリン
グの構造について前回お話ししたんだけど、フローリング自体は防音性能ってど
うやって計測してるのかしら~
・・・ってことで、今回はそのあたりを、サウンドチェーック!


■ □〓〓〓〓〓■ □〓〓〓〓〓〓■〓〓〓〓〓〓□ ■〓〓〓〓〓〓□ ■


■音美のメルマガを読んでいらっしゃる方は、騒音の種類に固体音と空気音があ
ることはとっくにご存知ですよね。そして固体音でも床スラブから伝わって来る
音が、軽量床衝撃音LLと重量床衝撃音LHの二種類あることもお勉強しました。
LLは、スプーンを落としたりおもちゃの車を床にゴロゴロ走らせたりする音。
LHは、椅子からドーンと飛び降りたり四股を踏んだり、あらそんな方はそうそう
いないか、部屋をドンドン歩いたりする音。さて、これはスラブに対しての測定
ですね。そのスラブの上に敷いたフローリングは測りようがあるのかしら。


■そもそも、フローリングとはその昔はスラブに直張りだったのですね。
それで推定L等級値というものを使っていました。平たく申しますと、スラブ厚
150mmの実験床に床仕上げ材を張りつけ下階にどの程度の音が聞こえてくるかと
いう空間性能を測ったものです。しかし実際のマンションではそれぞれ工法や
素材、間取りなど条件の違いもあり、同一性能の床材を張りつけたとしても推定
値まで値が出るかは未知数なところがありました。


■因みにL等級の目安を申し上げますと、L値は小さいほど性能がよく、特級と言
われるものがL-40。LLはほとんど聞こえない、LHは遠くからかすかに聞こえる程
度。L-55になると2級となり、どこで音がしているのか気になる、パタパタスリッ
パで歩く音が聞こえる、椅子の引きずり音が聞こえるくらいに生活音が大きくな
ります。L-65になると、上階の生活行為が手に取るようにわかるほど良く聞こえ
てきます。ええ、音美にもなんか透けて見えるような時がございますわよ。
とまあ、従来の推定L値は実際の床仕上げ材のみを測定したものではなかったので
すが、新しい表示方法では、床材の衝撃音低減性能だけを現すようになりました。
方法としては、上記のように同一条件の実験床をつくり、まず床材施工をしない
状態で下階の衝撃音を計測し、次に床材を張った状態でもう一度計測、その差異
を床材の衝撃音低減性能としました。
これがΔL(デルタエル)等級と呼ばれるものです。


■この測度に変更したのも、最近のマンションの工法の多様さのためなのです。
前号でお話しした二重床などもそうですが、今は直張りの他、乾式二重床や発泡
プラスチックなど緩衝材をかませた床などが出てきました。そこで床材の正しい
性能表示が求められたのです。但し、LHに関しては直張りの場合、表示しなくて
もよいことになっています。ぴったりついていればそれはすなわち床スラブの性
能に掛って来るからです。この等級は数が大きいほど性能がよく、最上級はΔLL
が5、ΔLHが4となります。


■集合住宅が普及し始めた当初はカーペット張りが主流だったとか。でもダニの
発生などでどんどんフローリングが使われるようになっていたはいいけど、次に
持ち上がったのが階下への衝撃音問題。
当初は建設業界も予想して無かったようで、当時の建設省も大慌てで問題の解決
にあれこれ手だてを打ったそうです。しかし十五年ほど前まで消費者はもちろん、
施工業者さえL値というものがなんなのか理解している人が少なく、実際の防音
性能とL値の関係を施主に説明するのに一苦労していた時期もありました。
さて、時は現代。環境スペースはΔL値はもとより、こういう施工をするとなぜ
こう防音性能が出るのか、といったお客様の素朴な質問にも豊富な施行例を元に、
わかり易く噛み砕いてご説明差し上げます。気軽にお電話ください。
お待ちしています!


◆◇◆〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓◆◇◆

当環境スペースは数多い施工例と常に最新の技術革新をもってみなさまのご要望に
お答えしております。疑問点が少しでもあれば、とことん相談なさってください。
合点がいくまで、施主様の夢を現実に近付ける作業をして参ります。


★音に関するご相談ご用命は、環境スペースまで!★
       お待ちしています!

環境スペース株式会社
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F
TEL:03-5795-1215   FAX:03-5795-1216
URL:http://www.soundzone.jp/


◆◇◆〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓◆◇◆

               音のトリビア!

☆ ★ ☆竹プラントオパールの採用でスピーカーがより高音質に☆ ★ ☆

■パナソニック オートモーティブ&インダストリー(AIS)社は2014年2月25日、
竹の葉から抽出した硬質材料である竹プラントオパールをスピーカの振動板に
採用し、ひずみの少ないクリアな音により原音に忠実な音質再生を可能にする
「竹プラントオパールスピーカ」を製品化したと発表しました。
竹プラントオパールをスピーカに採用するのは「業界初」(同社)だといいます。
3月1日からサンプル販売を開始。価格は非公開。カーオーディオの他、一般音響
機器にも展開する方針です。
トヨタ自動車が同年1月16日にマイナーチェンジした「レクサスCT200h」の標準
カーオーディオも、スピーカに竹プラントオパールを「世界初採用」(同社)
したとしていて、今回のパナソニックの製品を搭載した可能性が高いようです。


■自動車の車室内で、家庭内と同様に高音質で音楽を楽しみたいという要望は
強くあります。高音質な音声をスピーカから出力するには、小さいひずみや広い
再生帯域といった特性が必要になります。これらのスピーカの特性を支えている
のが振動板です。振動板の剛性が高いほど、音の伝わりと振動の収まりが速くな
り、不要な余韻も少なくなります。ただし、振動板の剛性を高めるとサイズが大
きくなり重量も重くなってしまうため、燃費向上のため部品の小型化や軽量化が
求められる自動車の要求と相反してしまうという課題がありました。


■竹プラントオパールスピーカは、この課題を解決すべく、従来品の「竹繊維・
竹炭使用樹脂振動板スピーカ」の樹脂振動板で用いていた竹繊維と竹炭に加えて、
竹の葉に分布する釣り針状の硬い材料である「竹プラントオパール」を強化材と
して採用。軽量化と高剛性化を両立することに成功しました。竹繊維・竹炭使用
樹脂振動板スピーカと比べて、剛性と関連する曲げ弾性率を約40%、再生帯域の
拡大と関連する音速を約10%、音質と関連する内部損失を約20%向上しました。


■パナソニックは2006年に、同志社大学と共同で竹繊維100%の振動板を用いた
竹繊維スピーカを開発。2008年には、竹繊維と竹炭を強化材に用いた樹脂振動板
を使う竹繊維・竹炭使用樹脂振動板スピーカを発表しています。
この竹繊維・竹炭使用樹脂振動板スピーカは、一般的な天然繊維を強化材に用い
た樹脂板と比べて、10~15%軽く、弾性率が約25%、音速が10%向上できること
を特徴としていました。
また竹は、竹繊維や竹炭、竹プラントオパールなど、スピーカの樹脂振動板の
材料に適した特性を有する材料が得られる他、生育が早いので部品の材料として
使用すると環境負荷を抑えられるという利点もあります。正に再生可能なスピー
カー、ですね。機会あれば是非お試しください。


◆◇◆〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓◆◇◆

ソチオリンピックの数々の名勝負には、みなさんがきっとテレビに釘付けだった
ことでしょう。特に真央ちゃん。本当に心折れないで最後までがんばりましたね。
一度や二度の失敗がなんだ!ってよく言いますけど、真央ちゃんは本当にそれを
実践し、私たちに勇気をくれました。そう、三度目で成功すればいいのよ!
大事なのは折れない心。
ええ、三度どころか、何度でも心折らずにダイエットするわ!
と決意する音美でした。

〇-----------〇------------〇-----------〇-----------〇-----------〇

当環境スペースは数多い施工例と常に最新の技術革新をもってみなさまの
ご要望にお答えしております。
疑問点が少しでもあれば、とことん相談なさってください。
皆様の合点がいくまで、施 主様の夢を現実に近付ける作業をして参ります。


音に関するご相談ご用命は、環境スペースまで!お待ちしています!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪◆◆◇◇ 防音室体験のご案内 ◇◇◆◆♪

「防音室って実際はどれくらい防音できるの?」…という皆様のご要望に
お応えする機会をつくっております。それが、「防音の体験会」(参加費無料)
アップライトピアノを常時設置しておりますので、実際にピアノを弾いたり、
楽器をお持ち込みになって防音効果を実感してみてください。

◆会場:環境スペース株式会社 (東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F)
◆日時:毎日開催(土・日曜日も開催中!!)

1時間枠 1組となります。完全予約制ですので、ご都合の良い日、お時間を
予約フォームより確認の上ご予約下さい。
※ご予約はご希望日の3日前までにお願いいたします。

予約フォームはコチラ⇒ http://www.soundzone.jp/t_taiken
お電話:03-5795-1215でもご予約いただけます。
時間帯:9:30~10:30 / 11:00~12:00 / 13:00~14:00 /
14:30~15:30 / 16:00~17:00 / 17:30~18:30
	
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無料見積・ご相談はウェブ又はお電話で受け付けております。
TEL:03-5795-1215      HP:http://www.soundzone.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆ 配信不要 ◆◇◆
今後配信が不要な場合はお手数をおかけ致しますが、下記アドレスまで
件名に「配信不要」とご入力頂き、ご返信をお願いいたします。
★件名が空欄ですと、迷惑メールとしてはじかれてしまう場合がありますので、
件名ご入力をお願い致します。
こちらから⇒ info@kankyospace.com

――――― Corporate info ― kankyo Space inc ―――――――――――――
環境スペース株式会社
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F
TEL:03-5795-1215   FAX:03-5795-1216
Mail:info@kankyospace.com
HP:http://www.soundzone.jp/
Facebook:http://www.facebook.com/soundzone.jp

※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
――――――――――――――――――――― Sounds of Life ―――――――
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定の実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら