1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0217号

メルマガバックナンバー0217号

配信日:2014/6/18

「オーダーメイド防音室で、ワンランク上の音的♪生活を満喫しませんか?」

【防音・音響に関する疑問を解決します 音響分野の設計・施工】

音に関するトータルサイトはこちら⇒ http://www.soundzone.jp/
Facebookはこちら⇒ http://www.facebook.com/soundzone.jp
環境スペース株式会社のトータルサイトはこちら
⇒ http://www.kankyospace.com/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆  今日のメニュー  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★                                  ★
★       失敗しないマンションの防音仕様、色々!        ★
★                                  ★
★                                  ★
★          ★☆  音のトピック  ☆★          ★
★                                  ★
★        2014島嶼音楽フェスティバル、開催!         ★
★                                  ★
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
このメールは環境スペース株式会社のお客様、お取引様宛に送信しております。
不要の方は、お手数ですがメール後方の「配信不要」の欄をご参照下さい。
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…


♪◆◇◆◇◆◇◆◇ 音美の日々ビューティフルサウンズ ◇◆◇◆◇◆◇◆♪

こんにちは、音の専門家、環境スペースの音美です♪

毎日スッキリしない梅雨の季節、部屋にこもりがちになり、上階の音がさらに気
になって来て、ついには、引っ越ししようかなあなんて考えている方もいらっし
ゃるのでは?今度こそはまともな場所に引っ越すぞ!としゃかりきになって物件
を探してみるものの、どこがどう違えばより快適に、騒音フリーに過ごせるのだ
ろう、と壁にぶち当たってしまうこともあるでしょう。
今までメルマガに記載してきたことを思い出しながら、今回はそのあたりを、
サウンドチェーック!


■ □〓〓〓〓〓■ □〓〓〓〓〓〓■〓〓〓〓〓〓□ ■〓〓〓〓〓〓□ ■


■まず何と言っても防音を考えるなら、スラブ厚ですよね。音美もたまに賃貸物
件を検索して、これは!と思うものがあれば不動産会社に問い合わせてみるので
すが、ほとんどが150mm。
運よく200mmのものがあっても分譲マンションの賃貸物件で結構なお値段。
まれに200mmある特優賃という物件にも出会います(法律で礼金は取ってはいけな
い、更新料もなし、となっています)が、やはりお家賃が高いのですね。
音美にはとても手が出せません(単身者の申し込みもできないのですけど)。
一方、分譲マンションはスラブ厚200mmは当然の仕様なのです。確かに一千万以上
も出して買うのですから、そのくらいの仕様でなければ、とても購入は出来ません
よね。ところがこのスラブ厚も、厚ければ安心、というものではないことを以前勉
強しました。


■例えば、スラブ厚300mmを謳っていても、中が中空構造のボイドスラブであった
りした場合、実質のスラブ厚は150mm程度になることもあります。
中空の中にきちんと吸音材(グラスウール)等が入ってなければ音は透過してしま
います。さらに最近は消費者に安心感を与えるためか、二重床、二重天井だったり
することが多いのですが、これがクセモノ・・・。

例えば二重床にした場合床から15㎝ほどのところにもう一枚床を張るわけですが、
その床を支える支柱金具が床に着く部分が、ゴムをかませてあるだけで、直接コン
クリートスラブに設置してある場合があります。この状態だと、せっかくの二重床
も”太鼓現象”を引き起こし、苦痛を増幅させてしまうことになります。見た目の
階下までの距離よりも、効果を引き出す工法を選ぶべきです。
それには、やはり直貼り工法がベスト。これにはスラブ貼り付け面の施工精度が高
いことが要求されます。


■界壁の内装仕上げも、直接ビニールクロスなどを貼る直貼りが望まれます。
一般的に、家屋の外に面している壁の内側はGL法と呼ばれる、壁とボードとの間に
団子状の接着剤を付け隙間ができる工法を取っています。こういった部分は、完成
してからでは見ることが出来ません。建築業者にきちんと資料を見せてもらって確
かめることが必要でしょう。

とある記事を読んでいましたら、上階に小さいお子さん連れのご家族が引っ越して
くるので、事前に防音施工をしとこうかしらとマンション業者に尋ねたら、そんな
必要はありませんよ、防音は十分しています、と資料を見せることなくそう答えた
そうです。ところが、思った通りお子さんの飛び跳ねる音が酷く、その販売担当を
訴えることまで考える事態になったそうです。
法律的には、仮にパンフレットにLL-やLH-等級が記載されていたら、訴えることは
むずかしいそうですので、この等級だけでなく躯体や仕上げなど、細かく確認する
に越したことはないようです。


■さらに意外なところからほころびが出てくることもあります。
それは隣室との界壁にあるコンセント。一見見落としがちな個所ですが、このコン
セントやスイッチボックス設置のために壁厚が削られているのをお気づきになる方
は少ないのではないでしょうか。あの小さなくぼみから隣室の音が漏れて来る・・・
という現象もないことではありません。あの切り欠きが、壁の向こう側の同じ位置
にあったとしたら、それだけでその部分はスラブ厚100mmもないかもしれません。
このあたりもマンション購入前にしっかり確認したいところですね。


■うるささ指数などでも、同じ音を聞いてうるさいと感じるか否か、寝付けないか
熟睡できるかは人それぞれと言えますが、ぐっすり眠ることができる床の遮音性は
一般に「L-45以下」であると言われています。
「L-45」の音のレベルは、ドシンドシンという重い音が「聞こえるが気にならない」
程度、軽い音では「パタパタというサンダル音は聞こえる」程度となります。
その他、寝室に隣戸や上階のトイレ、台所、バスなどの排水管が配置されていない
かも確認したほうがいいでしょう。昼間気にならなくても、夜中のトイレの排水音
などは思いのほか響くもの。この辺りは、物件パンフレットに記載されていますか
ら、忘れずにチェックしましょう。


■最後に、室内の仕様を考えましょう。
最近は掃除が簡単などの理由でフローリングがかなり浸透していますが、防音の
観点で考えますと、やはりカーペット、そして畳がベストとなります。
ただ、例えばカーペットなら後からでも設置可能ですよね。いま、防音に最適な
カーペットとして利用されるのがタブテッドカーペット。これは、輪っか又は、
一本のパイル糸を機械が刺し込んでいったものに、8mm以上のクッション材がつい
ているものです。


■購入前の生活騒音防止のチェック項目として、以上確認してみました。
ただ、物理的にこういったチェックが出来たとしても、いざ住めば上階が非常識な
家族だった、としたらあとは話し合いしかありません。しかも聞く耳を持たない人
であれば、出来ればそういう事態は避けたいですが、交渉が難しい場合は、以前お
話しした通り法的手段に出ることも視野に入れて考えましょう。

購入前の事前調査は可能な限り実行したいものです。
でも、後になって、しまったあ!と頭を抱え込むのも実際少なからずある現実です。
そんなときは環境スペースにお話しください。
こんな悩みがある、どうにかしたい…。皆様のお悩みを親身になって伺います。
そして具体的に、こうしたらこのくらい騒音が軽減されます、と的確なアドバイ
スを差し上げます。それを踏まえ、ご自身にとって何が最適な防音なのかご判断
ください。そして防音施工に踏み切ったなら、環境スペースにお任せ下さい。
どうぞ快適なマンションライフをお過ごしいただけますように!


◆◇◆〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓◆◇◆


当環境スペースは数多い施工例と常に最新の技術革新をもってみなさまのご要望
にお答えしております。疑問点が少しでもあればとことん相談なさってください。
合点がいくまで、施主様の夢を現実に近付ける作業をして参ります。

★音に関するご相談ご用命は、環境スペースまで・・・お待ちしています!

環境スペース株式会社
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F
TEL:03-5795-1215   FAX:03-5795-1216
URL:http://www.soundzone.jp/


◆◇◆〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓◆◇◆

              音のトリビア!

☆ ★台湾・沖縄、音楽文化交流の「2014島嶼音楽フェスティバル」開幕★ ☆

■台湾東部の花蓮と台東で6月14日から22日にかけて、島々の間での音楽交流をめ
ざした「島嶼(しょ)音楽季」の第1回目が文化部所属の国立台東生活美学館によ
って開催され、地元や沖縄の音楽グループ3地域6組が参加します。


■花蓮から出演するのは、タロコ族出身のミル・ロキン(米麓洛金)。
魂を揺さぶるような透き通った歌声で故郷への想いを歌います。
アミ族のモイェン(莫言)はその独特の変化に富む歌声で生命の感動と祖先から
伝わる言葉を歌い継ぎます。


■沖縄のjujumoは沖縄音楽とワールドミュージックを融合させ、大地に脈打つ生
活の息吹を歌い上げます。Harukaze東風は日本の東北地方の三味線と沖縄の三線
(さんしん)に太鼓という絶妙な楽器の構成による演奏を披露。


■台東・大武のパイワン族、ダカノウ&サウニャウは伝統のメロディーに加え、
自然との共生を歌い込んだ創作曲で大地への尊重を呼びかけます。また、台湾の
金馬奨・金音奨・金曲奨の3賞受賞を果たした実力派のスミン(舒米恩)はその
歌声を通してアミ族の生活の知恵の現代生活への融合を歌います。


■「2014島嶼音楽季」は6月14日~15日は花蓮文化創意産業園区で、6月21日~22日
は台東・鉄花村で、それぞれ島嶼音楽会1回とワークショップ2回が開催されます。
 沖縄から見たら台湾は東京より近いんですよね。領海がどうしたとか言う前に、
海は1つにつながっている、誰のものでもない、そして音楽にも国境はない、って
私たちが一人ひとり手をつなげば、その先に見えるのは争いではなく、共生です
よね。ここから始めたいです。


◆◇◆〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓◆◇◆


関東地方でも大雨洪水警報が出るところもあるくらいの凄い梅雨ですが、くれぐ
れも日ごろの備えは怠らないようにしてくださいね。あの地震以来想定外のこと
ばかり起きてますから。さて、音美はエアコンのドライを必要以上に付けてまし
たが、こないだ小耳にはさんだ情報では、除湿器を24時間かけっぱなしにしたほ
うが電気代も掛らず効果的なんですって。
ってことで、早速価格調査に乗り出した音美でした。


〇-----------〇------------〇-----------〇-----------〇-----------〇

当環境スペースは数多い施工例と常に最新の技術革新をもってみなさまの
ご要望にお答えしております。
疑問点が少しでもあれば、とことん相談なさってください。
皆様の合点がいくまで、施 主様の夢を現実に近付ける作業をして参ります。


音に関するご相談ご用命は、環境スペースまで!お待ちしています!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪◆◆◇◇ 防音室体験のご案内 ◇◇◆◆♪

「防音室って実際はどれくらい防音できるの?」…という皆様のご要望に
お応えする機会をつくっております。それが、「防音の体験会」(参加費無料)
アップライトピアノを常時設置しておりますので、実際にピアノを弾いたり、
楽器をお持ち込みになって防音効果を実感してみてください。

◆会場:環境スペース株式会社 (東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F)
◆日時:毎日開催(土・日曜日も開催中!!)

1時間枠 1組となります。完全予約制ですので、ご都合の良い日、お時間を
予約フォームより確認の上ご予約下さい。
※ご予約はご希望日の3日前までにお願いいたします。

予約フォームはコチラ⇒ http://www.soundzone.jp/t_taiken
お電話:03-5795-1215でもご予約いただけます。
時間帯:9:30~10:30 / 11:00~12:00 / 13:00~14:00 /
14:30~15:30 / 16:00~17:00 / 17:30~18:30
	
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無料見積・ご相談はウェブ又はお電話で受け付けております。
TEL:03-5795-1215      HP:http://www.soundzone.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆ 配信不要 ◆◇◆
今後配信が不要な場合はお手数をおかけ致しますが、下記アドレスまで
件名に「配信不要」とご入力頂き、ご返信をお願いいたします。
★件名が空欄ですと、迷惑メールとしてはじかれてしまう場合がありますので、
件名ご入力をお願い致します。
こちらから⇒ info@kankyospace.com

――――― Corporate info ― kankyo Space inc ―――――――――――――
環境スペース株式会社
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F
TEL:03-5795-1215   FAX:03-5795-1216
Mail:info@kankyospace.com
HP:http://www.soundzone.jp/
Facebook:http://www.facebook.com/soundzone.jp

※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
――――――――――――――――――――― Sounds of Life ―――――――
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定のの実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら