1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0228号

メルマガバックナンバー0228号

配信日:2014/11/26

「オーダーメイド防音室で、ワンランク上の音的♪生活を満喫しませんか?」

【防音・音響に関する疑問を解決します 音響分野の設計・施工】

音に関するトータルサイトはこちら ⇒ http://www.soundzone.jp/
Facebook ⇒ http://www.facebook.com/soundzone.jp
twitter ⇒ https://twitter.com/kankyospace
環境スペース株式会社のトータルサイトはこちら
⇒ http://www.kankyospace.com/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆  今日のメニュー  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★                                  ★
★      これ、もしかして階下から?驚きの騒音源とは!      ★
★                                  ★
★                                  ★
★          ★☆ 音のトピック ☆★            ★
★                                  ★
★         スーツケース転がしたら罰金!           ★
★                                  ★
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
このメールは環境スペース株式会社のお客様、お取引様宛に送信しております。
不要の方は、お手数ですがメール後方の「配信不要」の欄をご参照下さい。
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…


♪◆◇◆◇◆◇◆◇ 音美の日々ビューティフルサウンズ ◇◆◇◆◇◆◇◆♪

こんにちは、音の専門家、環境スペースの音美です♪

防音対策を考えた時、隣からとか上階からとか、騒音源は目線から上、と思うの
が普通ですよね。ところが、意外やその騒音源が階下から、という実態があるこ
とをご存知ですか?最上階だからもう安心、といかないとはなんとも悲しいです
ね。今回はその辺を、サウンドチェーック!


■ □〓〓〓〓〓■ □〓〓〓〓〓〓■〓〓〓〓〓〓□ ■〓〓〓〓〓〓□ ■


■実際に色々あるクレームを調べてみると、本当にたくさんあるんですね。
その多くは意外にも鉄筋コンクリート構造のマンション。本来遮音性能が高いは
ずの鉄筋コンクリートが、なぜ階下の音を拾ってしまうのか。これは、音の性質
であることは度々お話してきましたね。音には空気を伝わって響いてくるもの
(空気伝播音)、媒体を通して響いてくるもの(固体伝播音)があることをご紹
介しました。その固体伝播音の媒体が時にコンクリートスラブであるのです。
実は床200mmの通常より厚手といわれるスラブであっても、その構造如何によって
は階下に振動を伝えてしまうのです。そしてそれは階下に行くだけでなく、階上
にも昇っていく、つまり階下からの生活騒音というものが発生するのです。


■固体伝播音の防音等級にL値というものがあります。スプーンを落とした時響く
ようなコツコツ音がLL(軽量衝撃音)値。子どもや大人がドーンととび跳ねたり
する時響くのがLH(重量衝撃音)値。さて、階下から上に昇る音とはどちらでし
ょう。このメルマガ読者ならお分かりですね。LL値のほう0が防ぎやすく、LH値
は重さと厚さだけが頼りのしぶとい騒音。
スラブ厚というものは、住人である我々消費者が厚くしたり薄くしたり出来るも
のではありません。始めからゼネコンが150mmと言えば150mmしかないし、200mm
とすれば200mmあるのです。
ですので、当然住まい選びをするとき、マンションなら200mm以上のスラブでっ
て思いますよね。ところが、200mmを選んでも騒音に苦しむことになる場合があ
るのです。


■それは二重床や直張りの構造。二重床というと、厚さ300mmもあります!
なんて売り文句で防音ばっちりな感じで売りに出していますが、この床と15cmほ
ど上にある床の空間が思わぬ音源となるんです。それが太鼓現象。この二つの床
の間の空間が音を増幅させ、トンと鳴った音をドーンと鳴り響かせてしまう原因
になるのです。本来はこの空間にグラスウールやセルロースファイバーを敷き詰
めるのが正しい使い方ですが、価格を抑えるためそこまでしていないマンション
がほとんどです。しかし、この二重床、上階への騒音を伝えるか否かを考えたと
き、まだましかと思われます。
一旦は騒音が空気振動に変わっているわけですから。問題は直張りでしょう。
以前、二重床より直張りのほうが階下への騒音は伝わりにくいというお話をしま
した。そう、きちんとスラブとフローリングの間に緩衝材や吸音材を敷いていれ
ばそうなのですが、この場合は本当に申し訳程度のスチロールを挟む、あるいは
本当に直に張っているとき。これは、コツコツ音だけでなく、ドンドン歩く音、
飛び跳ねる音がダイレクトにスラブに伝わり、階下だけでなく階上にも伝わって
しまいます。逆に、LL値に関しては比較的楽に下げることが出来ます。
フローリングの上に厚手の絨毯やマットを敷いて、椅子やテーブルに滑りやすい
脚カバーでもつければかなり騒音は軽減されます。この場合、階上というよりは
階下への配慮ですね。
こんな具合に、マンションを選ぶときは室内の便利な機能や、洗面所、トイレ、
お風呂、キッチンといった備品に目を奪われることなく、マンション自体の躯体
の良し悪しをしっかり見極めましょう。トイレは後からでも入れ替え可能ですが、
スラブは入れ替えが利きません。


■床の構造も然ることながら、水回りのドレン管取りまわしもしっかり確認した
いところです。よくトイレの水が上から下に流れる時うるさいと苦情が出る話も
ありますが、それは上から下の時だけではありません。下が夜中にトイレや洗濯
機を使った場合、大量の水が流れ出るためその音は上階にも響くことがままあり
ます。この場合、マンションなどの集合住宅の場合屋上に貯水タンクがあって、
上から下に流れる構造になっていることがあります。
その時、下が水を使えば当然壁を垂直に伝って水流の音が鳴り響きます。酷い時
には給水が終わった瞬間、ドギャン!と凄い音を立てて水が止まったりします。
ウォーターハンマー現象です。これは配管が室内と室外に分かれている、あるい
は一つの配管に何か所か別の所から排水されるような構造の物件に見られる現象
です。室内で水蒸気になった水滴が外気に触れ、急速に水滴化するときのドレン
(滞留水)同士の衝突音、また管の中に空気が流れていて、それにより排水が逆
巻き水の塊となって配管に衝突する音です。この音も排水管を通って上階に響い
てきます。その他、コンセントの開口部の処理が不完全であるときなど、そこが
騒音源となることもあります。加えて、小さいお子さんがドンドン飛び跳ねれば、
例え階下の住人からでも上階に騒音として鳴り響きます。


■騒音の酷い階下の住人の場合、多くはその下にもう住人はいない、1Fの家庭か、
2Fでも下が駐車スペースになっている場合など、自分たちがドスドスやっても
下に迷惑をかける人はいない、と思いがちな環境の時に起こりやすいようです。
つまり本人たちは何も気づかず、ドスドスやっていることになります。まさか
階上に響いているとは思わないため、階上からの苦情に、なにいってるのよ、お
宅の足音だって結構聞こえてるんだから!と逆恨みを買うこともしばしばあるよ
うです。ですので、階下への苦情は状況証拠を集めて、管理会社にも確認しても
らい、直接より管理会社など第三者から言ってもらったほうが後々のトラブルに
なりにくいでしょう。
それでも解決しなくて、簡単に転居出来ない事情があるとお悩みの場合は、是非
環境スペースにご一報ください。騒音源がどこなのか突き止め、そしてそれを防
ぐ最適な防音施工をご提案差し上げます。
迷う前にお電話を!貴方のモヤモヤをスッキリさせます!


◆◇◆〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓◆◇◆


当環境スペースは数多い施工例と常に最新の技術革新をもってみなさまのご要望
にお答えしております。疑問点が少しでもあればとことん相談なさってください。
合点がいくまで、施主様の夢を現実に近付ける作業をして参ります。

★音に関するご相談ご用命は、環境スペースまで・・・お待ちしています!

環境スペース株式会社
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F
TEL:03-5795-1215   FAX:03-5795-1216
URL:http://www.soundzone.jp/


◆◇◆〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓◆◇◆

              音のトリビア!

    ★☆★スーツケース車輪音を禁止へ ベネチア★☆★


■イタリア北部のベネチア市当局は22日までに、キャスター付きのスーツケース
の使用を来年5月から禁止する方針を固めました。違反者には最大で500ユーロ
(約7万3000円)の罰金を科す予定。
これは、キャスターによる騒音解消と、歴史的な路地の石畳製路面などへの損傷
防止を狙った措置。罰金を避けるには空気注入式など無音のキャスターを使うし
かありませんが、観光客には悩みのたねになりそう。
地元紙ガゼッティーノによると、この新たな方針はベネチアの建造物条例に組み
込まれる見通しとなっているそうです。


■ベネチアを訪れる観光客らは毎年約2200万人。
市内では車の乗り入れは禁止されているため観光客らはスーツケースを引きずる
などして宿泊先へ向かっていました。地元住民は自宅の窓近くで鳴り響くキャス
ターの音がうるさく、睡眠の邪魔になるなどの不満を長年募らせていました。
うーん、わかるわあ。あたしも時々人影のいない深夜スーツケース転がしてて、
ご近所迷惑じゃないかしらって心配になることあるもん。


■イタリア地元紙メッサジェロによると、スーツケース車輪音の禁止はベネチア
市の行政委員の発案。市当局者はスーツケースのキャスターの音や運送業者が用
いる台車の騒音は深刻な不快感をもたらすと指摘していたといいます。同委員は
スーツケースなどの製造メーカーがベネチア向けの新製品開発に乗り出す契機に
もなり得ると期待しています。
でもスケボーなんかに使われてる車輪仕様は結構静かなんじゃないかしら。
音美も今度買い替える時はアレね!と狙っています♪


◆◇◆〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓◆◇◆


あっという間に季節は冬になりましたね。ついこないだハロウィンって大騒ぎし
ていたのが、もうクリスマスですって!
こないだ新橋通りかかったら、あのSLがすっかりサンタ仕様に着飾られていたわ!
あーあ、ゴールの見える人はいいわねえ。その日までワクワク出来るものね。
でもあたしだってワクワクよ!クリスマスケーキも食べられるし、年末に向けて
鍋パーティーもあるしね!…イブのスカイツリーって綺麗なのかなあ…、
寂しくなんか…。誰かあたしを誘って~!と本音を叫ぶ音美でした。


〇-----------〇------------〇-----------〇-----------〇-----------〇


当環境スペースは数多い施工例と常に最新の技術革新をもってみなさまの
ご要望にお答えしております。
疑問点が少しでもあれば、とことん相談なさってください。
皆様の合点がいくまで、施 主様の夢を現実に近付ける作業をして参ります。


音に関するご相談ご用命は、環境スペースまで!お待ちしています!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪◆◆◇◇ 防音室体験のご案内 ◇◇◆◆♪

「防音室って実際はどれくらい防音できるの?」…という皆様のご要望に
お応えする機会をつくっております。それが、「防音の体験会」(参加費無料)
アップライトピアノを常時設置しておりますので、実際にピアノを弾いたり、
楽器をお持ち込みになって防音効果を実感してみてください。

◆会場:環境スペース株式会社 (東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F)
◆日時:毎日開催(土・日曜日も開催中!!)

1時間枠 1組となります。完全予約制ですので、ご都合の良い日、お時間を
予約フォームより確認の上ご予約下さい。
※ご予約はご希望日の3日前までにお願いいたします。

予約フォームはコチラ⇒ http://www.soundzone.jp/t_taiken
お電話:03-5795-1215でもご予約いただけます。
時間帯:9:30~10:30 / 11:00~12:00 / 13:00~14:00 /
14:30~15:30 / 16:00~17:00 / 17:30~18:30
	
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無料見積・ご相談はウェブ又はお電話で受け付けております。
TEL:03-5795-1215      HP:http://www.soundzone.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆ 配信不要 ◆◇◆
今後配信が不要な場合はお手数をおかけ致しますが、下記アドレスまで
件名に「配信不要」とご入力頂き、ご返信をお願いいたします。
★件名が空欄ですと、迷惑メールとしてはじかれてしまう場合がありますので、
件名ご入力をお願い致します。
こちらから⇒ info@kankyospace.com

――――― Corporate info ― kankyo Space inc ―――――――――――――
環境スペース株式会社
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F
TEL:03-5795-1215   FAX:03-5795-1216
Mail:info@kankyospace.com
HP:http://www.soundzone.jp/
Facebook:http://www.facebook.com/soundzone.jp
twitter:https://twitter.com/kankyospace

※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
――――――――――――――――――――― Sounds of Life ―――――――
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定のの実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら