1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー20161216号

メルマガバックナンバー20161216号

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
♪◆◇◆◇ 音美の日々ビューティフルサウンズ ◆◇◆◇♪
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
2016年 12月 16日号

♪今日のメニュー♪
・物件選びのときから始まる防音対策 vol.1
・□■□音のトピック□■□
・大阪弁の接近報知ジングル、どないですか?


 ■□♪こんにちは、音の専門家、環境スペースの音美です!♪□■    

集合住宅であるマンションでは、はじめから一戸建てのような防音環境
ではないことは明白なこと。しかし、マンションの構造、間取り配置、
フロア配置から避けられる騒音もあります。値段や築年数だけで部屋を
借りてしまうと、あとで悲しいことに。物件選びから始まる防音、今回
はその辺を、サウンドチェーック!


■ □    ■ □    ■    □ ■    □ ■


■物件を探すときは、地域、家賃、間取りなどをみて絞り込んでいくと
思いますが、その際、物件資料で確認できること、現場でしか確認でき
ないことがあります。
最近は、賃貸検索サイトには、物件の間取り図、家賃、共益費、諸費用、
設備、物件の所在地地図といった情報が公開されていて、借主としては
凄く助かるのですが、これら資料だけでは読み取れない情報も多々あり
ます。それを、メールや電話で聞き取ると、現場を見に行く価値がある
かどうか結構絞り込めます。内見と言っても、やみくもにすべて見よう
としても、時間の無駄だったという物件もあります。
本号では、まず資料からわかることを読み取りましょう。

■まず、間取り図の他、その物件のある階全体の各戸の配置がわかるフ
ロア配置図というものを出してもらいます。古い物件ではオーナーチェ
ンジなどで無いと言われることもありますが、築浅物件であればあるは
ずです。仲介不動産は煩わしがって、簡単にありません、と言いますが、
管理をしている建築会社、設計会社に直接聞くともらえる可能性が増え
ます。

ここから読み取れるものは、まず隣室との壁厚、界壁といいますが、こ
の厚みがわかります。通常150㎜が基本のようですが、100㎜しかないも
のや界壁自体がCB(コンクリートブロック、つまり塀などに使われる穴
の開いたブロック)だったりもしますから要注意。さらに、隣室とどの
ように接しているかも確認できます。例えば水回り(バス、トイレ、台
所)の配置が標準タイプなのか反転タイプなのか、壁に面してクローゼッ
トが配置されている、角部屋なら隣と接してない部屋がある、など知る
ことができます。

また、このフロアが全体で何戸あるのかもわかります。設計によっては
隣室と接する壁面積を少なく配置しているものもあるので、角部屋でな
くとも同じ効果が期待できる部屋もあります。エレベーターの近くや、
道路側に面しているなど、生活騒音が想定される場所を確認することも
出来ます。
 
■ 次に築何年か経っている物件については、現在どのような人が住んで
いるか確認しましょう。個人情報なので細かく聞くことは出来ないかも
しれませんが、生活騒音がきになるので、というと教えてくれる場合が
あります。夜の仕事をしている人はいないか、家族ならお子さんはいく
つくらいで何人いるのか、 過去に問題になった住人はいないか、といっ
たことは教えてもらえるはずです。また、入居を考えている部屋の以前
の住人はなぜ転居したかも、一応聞いてみるといいでしょう。本当の理
由を業者が教えてくれるとは限りませんが、今のところで凄く悩まされ
てて、とこちらの事情を説明すれば多少は情報を教えてくれます。

■その物件の建っている場所はどのようなところですか? 閑静な地域が
理想ではありますが、実は電車や街の雑踏のある場所のほうが、生活騒
音をかき消してくれるという効果は確かにあります。マスキングといい
ますが、自然のなかでしーんとした中に建っている家より、時折電車が
近くを通るような場所のほうが、お隣の咳や話し声というものが気にな
らなくなるものです。これは暗騒音、騒音源がないときの雑音の程度を
指しますが、これが低すぎるとかえって時計の秒針の音も、虫の音さえ
もうるさく聞こえることがあります。神経質な人には、逆に落ち着かな
いかもしれません。

■ペット可の物件に出くわしたら、二通りの考えが出来ます。ひとつは、
何も防音施工をしてなくて、朝方、深夜に犬の吠える音がうるさい場合
と、ペット可だからこそ、そこそこ防音加工をした物件であるかです。
但し、押し並べてペット可の物件は、うるさいのはお互い様だから我慢
してね、物件もボロいけどだからこそペット可なんだよ、という物件の
ほうが多いように見受けられます。設定価格を見て、相場より安いな、
と思ったら後述のような現況も想定してください。

■赤ちゃんなどまだ夜泣きされるような小さなお子さんをお持ちの方なら、
1階がお勧めです。階下からのドスドスうるさいよ! という苦情はあり
ません。しかし、あまりにも大きなドスドス音、また子どもを叱りつける
親の怒鳴り声は階上にもガンガン響きます。1階だからといってやりたい
放題は禁物です。単身、カップルなどはやはり最上階ですね。自分たちが
気を付けていれば、騒音源となるものは隣室くらいなものですから、かな
り回避できると思われます。理想は角部屋。もしくは3階、4階程度の集合
住宅なら階段のはずですから、建物の真ん中に階段がある構造なら階段脇
の部屋もいいでしょう。

■いかがですか。図面からでも結構な情報が読み取れますよね。次回は現
場での確認事項を取り上げましょう。



■ □    ■ □    ■    □ ■      □ ■


当環境スペースは数多い施工例と常に最新の技術革新をもってみなさまの
ご要望にお答えしております。
疑問点が少しでもあれば、とことん相談なさってください。
合点がいくまで、施主様の夢を現実に近付ける作業をして参ります。

音に関するご相談ご用命は、環境スペースまで!
お待ちしています!



■ □    ■ □    ■    □ ■      □ ■


 ☆★☆音のトリビア!☆★☆

■□■大阪弁のイントネーション意識した? 地下鉄の接近報知音■□■

■東京でも、電車が接近したときに流れるジングル音は各駅や路線で異な
る設定になって久しいですが、大阪のジングルも耳(?)を引く変わり
種があります。
大阪の地下鉄、長堀鶴見緑地線といえば1990年に大阪市鶴見区の鶴見緑
地で開催された「国際花と緑の博覧会(花博)」へのアクセス路線とし
て建設されたもの。同交通局の広報担当、永澤良太さんは「もうこの音
は20年以上前から流しているものなんです」と話します。

■しかし、なぜこの路線だけ他路線と接近報知音が違うのでしょう。
「それには理由がありまして。鶴見緑地線(当時)だけは『花博のアク
セス路線として相応しい音環境を』という考えがありまして、別のもの
を作った経緯があるんです。実は大阪弁のイントネーションをイメージ
してるんですよ」と永澤さんは謎解きをしてくれました。

■花博へのアクセス路線として建設された当時は、「鶴見緑地線」とし
て京橋駅から鶴見緑地駅間での開業を迎えました。
その際、鶴見緑地へ行く列車の接近音は「つるみりょくち」と言ってい
るように。一方で反対の京橋側接近音は「きょうばし」と、ともに大阪
弁で話しているイントネーションを意識した音を作ったもので「現在も
それが使われているんです」。

■しかし、ここでひとつ疑問が。「現在も使っている」ということですが、
路線は1997年に大正駅~心斎橋駅間・鶴見緑地駅~門真南駅間が延伸し
ていて、終着駅の名前も随分変わっているのでは?
でも、永澤さんは「『つるみりょくち→かどまみなみ』『きょうばし→
たいしょう』って、ほら、ほとんど文字数が一緒で、イントネーション
も似てるかな? と。だから『かどまみなみ』『たいしょう』と言っても
聴こえないこともないかなと思い、延伸しても引き続きそのまま使って
おります。まあ、ちょっと無理があるかもしれませんが」と苦笑します。

■これを聞くと少々強引な印象もありますが、大阪弁のイントネーション
を意識し、延伸後も同じものを使っている理由を聞いてしまうと、大阪
らしいというか、それなりに聞こえてしまうところが浪速マジック、判
官びいきな気持ちにさせられてしまうかも?


 ■ □    ■ □    ■    □ ■      □ ■


ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリーがついにLAで先行ロード
ショウされましたね! でも長年のファンとしては、ちょっとこれは?
ってシーンもあるのですが、エピソード4の直前のストーリーなんて、
3から4よりつながってくる感じで、少し斜に構えながらも、心はルンルン
な音美でした♪ 自宅で大音量で見てみたい全エピソード!
防音しなくちゃ…。


 ■ □    ■    □ ■
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。






		
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定の実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら