1. 防音工事トップ
  2. » お客様の声 » 横浜市 ピアノスタジオ様

トピックス

2017年4月3日横浜市 ピアノスタジオ様

太田様
Q1:ピアノスタジオをつくるきっかけは、どんなことでしたか

もともと個人的に作っていたスタジオが1部屋だけあり、空き時間をレンタルスタジオとして貸し出しをしていました。

そのスタジオが、おかげさまで口コミにて広がり、予約が取れなくなる状況が続いてきましたので、本格的なスタジオを作ろうと考えました。

 
Q2:環境スペースを知って頂いたきっかけは、どんなことでしたか

スタジオを作ろうと考えてからは「防音室」というキーワードでインターネットを使って施工業者を探していました。

たくさんの業者さんの中から数社を選んで見積もりを依頼しました。その中に環境スペースさんがありました。

 
Q3:数社の中から環境スペースに決めて頂いたのは、どのような理由ですか

金額の大きな工事ですので、簡単に決めることはできないと思い、見積を取るときには私がその業者さんまで足を運びました。 どんなオフィスで働いてらっしゃるのか、どんなスタッフさんがいらっしゃるのか、を自分の目で見ておきたかったからです。

1)専門性の高さ
2)施工事例/デザイン
3)働いている社員の方々  が決め手となり
環境スペースさんに決めさせて頂きました。

防音室を作る知識をほとんど持ち合わせていませんでしたが、Dr値などのデータや、科学的な根拠に基づいてお話をしてくれたのは環境スペースさんだけでした。

また、環境スペースさんのホームページに出ていたお客様の声を見て、施工事例/デザインの中には素晴らしいものがあり、環境スペースさんにお願いすれば良い施設ができあがるイメージが湧いてきました。
そして何よりも社員さんが一生懸命に対応して下さいました。私からの要望や、環境スペースさんから頂いた提案の中には残念ながら予算オーバーとなるものもありました。そんな時でも環境スペースの担当:河野さん、設計:竹田さんは嫌な顔をせず、どんどん代替の提案をしてくださり、信頼できると感じました。

 
Q4:環境スペースからの提案内容はいかがでしたか

防音性能が弱くなる扉は、やり方によって費用の差が大きいので悩んだり、楽器の種類や性能/個人的な好みもある音響はどの程度に調整するのかを悩んだりしたときにも、専門的な立場から色々と教えて頂き、設計して頂きました。

音響は、結果としてピアノに最適に合わせるようにしましたが、環境スペースさんからの提案で、可動式で増設撤去も比較的簡単なタイプの吸音パネルを取り付けて頂き、ご利用の場面によって音響を変えることも可能な施工をして頂きました。

 
Q5:建設する上での不安はありましたか

音楽スタジオのオーナーの多くは、ご自身がバンドマンだったり、演奏家だったり、と音楽に対する造詣がある方が多いと思います。

しかし私は、音楽については素人だったので、スタジオのお客様である演奏家の気持ち、何を求めていらっしゃるのか、が分からないことが不安でした。
その中で環境スペースさんには「いま世の中にあるスタジオにはない音楽スタジオ」を目指したいとオーダーしていました。

 
Q6:特にこだわったところはありますか

「ほかにはない音楽スタジオ」ということで考えましたが、一番は「自分も長い時間ここにいたい」と思える空間!

一般的な音楽スタジオというのは機能性、機材、効率を重視しているところが多いですが、このピアノスタジオは高原や自然、リゾートの中で演奏するような雰囲気を出したいと考えました。

そして、部屋は白を基調とし、1部屋を広く、天井を高く取るようにしました。

一般的にはたくさん部屋を作った方が回転率も上がって利益が上がると考えると思うのですが、小さな部屋ではお客様が演奏する際に、窮屈な思いをさせてしまうと思いました。

逆に、ゆったりと長時間演奏できる空間の方が喜んで頂けると考えました。
環境スペースさんからご提案頂いた照明による空間の演出も、このスタジオを更に快適な空間として演出していて、とても満足しています。

 
Q7:どのようなお客様にご利用頂いていますか

ピアノスタジオなので、一般の方がピアノの練習をされるほか、ピアノ教室として、プロの演奏家のリハーサル場所としてご利用頂いています。

そのほかに弦楽器も合わせた弦楽四重奏にご利用頂いたり、管楽器、声楽や合唱の方など様々な楽器をお持ちになり、ご利用頂いています。

おかげさまで、ご利用されるお客様からは、広くてきれいなスタジオだというお声を頂いています。


これからも音楽のプロから初心者まで、そして地域の方だけではなく地方や外国の方にも、気軽に、そして音楽を楽しんで頂ける空間を提供していきたいと考えています。

 
Q8:今後防音室を作る方へ何かメッセージはありますか

私がそうでしたが、自分が長くいたいと思える居心地の良い空間をお客様に提供するのが良いと思います。

音楽のような芸術分野では、効率性や経済性を重視した施設よりも、自分自身の個性を表現した施設にする方が、ほかの施設との差別化ができて良いのではないかと思います。

 
Q9:環境スペースをオススメしたいと思いますか

はい、そうですね。

まずスタッフさんが顧客のために本当に良く働いてくれると思います。顧客のニーズや要望に前向きに、真正面から応えてくれていると感じます。

高い買い物ですので、施工をお任せする業者さんで働く社員さんが、どんな人かというのはとても重視していましたが、環境スペースさんはしっかりと応えてくれました。予算に合わないときには、予算に合った代替の提案もどんどんしてくれました。

そして防音室については素人の私でも分かるように、そして科学的な根拠と丁寧な説明をしてくれて、専門性の高さも感じました。防音工事を行う方にはとてもオススメできます。




防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定の実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら