春は引っ越しの季節、簡易防音について考える

(2019/03/14)
春は出会いと別れの季節。

進学や就職、転勤など、様々な理由で

お引っ越しをする方も多い時期。

逆に周りがお引っ越しをされる、という方もいらっしゃいますよね。

新しい環境で生活を始める準備をされている方には必見の今日のお話。

簡易防音について、です。



 

 

 

 

 

マンションなどの集合住宅にお住いの方は、特に「音」に関して敏感になりがち。

集合住宅で問題となる音は、上の階からの子どもの飛び跳ねる音、

給排水の音、隣戸からのテレビなどの音、外からの騒音などさまざまです。

一般的に「音」は、子どもが走る音のような、床に物や人がぶつかって聞こえる 「固体伝播音」と、

テレビの音や人の声など、空気を伝わって壁を通して聞こえる「空気伝播音」に分けられます。 

 

固体伝播音では、集合住宅で特に気になる上下階間の音は 床がカギとなります。

床を通して伝わる音には、コップやスプーンなど軽いものを落としたときに出るコーンという軽い音

(軽量衝撃音LL)と、 子供が飛び跳ねたり、重い物がぶつかるようなドスンという音

(重量衝撃音LH)の2種類があり、これを区別して対策します。

 

軽量衝撃音は、床の工法や表面の仕上げによって違いが出ます。

そのため、フローリングよりもカーペットや畳のほうが音は響きにくくなります。

吸収性の良い、コルクカーペットなどを敷くと、音のほとんどが気にならなくなります。

 

重量衝撃音は、床のコンクリート(スラブ)の厚さや 梁(はり)の配置などが大きく影響します。

スラブが厚く、梁で囲まれた面積が小さいほど遮音性能は高くなるのです。

建物の設計時に決まってしまう為、基本的にはカーペットなどを敷いても全く意味はありません。

こちらの音に関しては、床が薄いと結局は音が響いてしまうので、

引っ越し時によく調べましょう、としか言えず、根本的な対策と解決にならないですね。

 

空気伝播音を遮断するのは、壁と窓がカギとなります。

外を走る自動車の音や、ご近所のピアノの音などですね。

基本的に、壁も窓ガラスも厚ければ厚いほど遮音性能は高くなります。 

マンション周辺に交通量の多い幹線道路や騒音を出す工場などがある場合は、

窓の作りにどのような工夫がされているのかを調べておくとよさそうですね。

 

空気伝播音に関しては、こちらから発生する「音」に関しては対策が講じられそうです。

一般的なところでは、防音・遮音カーテンがありますよね。

他、市販されている吸音パネルや防音シート等で、窓やドアを塞ぐと、隙間からの音漏れを防げますし、

換気口からの音漏れは、消音材を詰めると軽減されます。

 

簡易防音でも、するとしないとでは、ちょっとした差が出てしまいますし、

周りの方に配慮するのは、音の発生する側としてはマナーといえます。

そして、周辺の方との関係ももちろん大事。

より良い関係を築けていれば、大きなトラブルにはなりにくいです。

 

しかし、もちろん簡易防音も限度があります。

常に音が発生する、夜中にも音が発生する、といった場合、

簡易防音をしてみたけど、やはり音漏れが気になる、音漏れを指摘された、という場合は、

簡易防音では防げないので、防音工事や防音室の設置を考えるべきですね。

 

環境スペースでは、お住いのマンション、ご自宅がどのくらいの音を遮断してくれるのか、

そして遮音性能の測定も行います。

防音体験ルームにて、実際の防音室での音の違いを確かめていただけるので、

防音室をお考えの方は、ぜひ弊社に遊びに来てくださいね。

防音に関しての基礎知識、基本的な考え方等、お伝えさせていただければと思います。

 

資料請求はこちらから↓

お問い合わせ

 

今春、新しい環境になる方も、素晴らしいスタートになりますように。


o;?