その他騒音対策・実験室



01.こんなことで困っていませんか?

1工場機械等の騒音で工場内が騒がしく作業環境が悪く

作業能率が上がらない。


工場内騒音対策

2外部近隣から工場騒音で苦情がきている、またはその恐れがあり、

行政の規制騒音値をオーバーしている。


近隣への騒音対策

騒音対策のフローチャート
騒音対策の概念図

対策の第一は、発生音源の防音処理。 第二は、工場室内の吸音処理。以上2つの組み合わせとなります。
基本的には、発生音源の防音処理として、当社特製の防音パネルなどを使い発生音源を囲み、工場室内を当社特製吊下げ吸音パネルなどで吸音し、騒音を低減します。



02.工場内騒音対策


発生音源の防音

発生音源を測定し、発生音源の規模、操作性、発熱などを考慮し、最適な仕様を提案させていただきます。


当社特製の防音パネルを使用した場合

  • ●ピクチャーレールを取付、吸音パネルを吊下げるだけなので、現場施工が短時間ででき、工場ラインを長い期間止める必要がありません。
  • ●通常のグラスウールの貼付けでは、高音域しか吸音できませんが、吊下げ吸音体は、板振動により低音域まで吸音できます。
吸音パネル使用イメージ




03.近隣への騒音対策

近隣騒音対策のフローチャート

発生音源の防音

発生音源を測定し、発生音源の規模、操作性、発熱などを考慮し、最適な仕様を提案させていただきます。



工場外壁、天井の防音

既存壁、天井の遮音性能を検討し、遮音補強及び内側に遮音層を新設することにより、外部への騒音を低減させます。
騒音には、直接音(壁・天井を透過する音)と固体伝搬音があり、直接音だけの遮音であれば壁・天井のみ遮音すれば良いのですが、 実際には、床・壁・天井に入射した音が躯体内を伝搬し外壁・屋根から放射する音(固体伝搬音)、また、機械からの振動が床を伝搬し 外壁・屋根から放射する音(固体伝搬音)があるため壁・床にも遮音・防振構造(浮遮音層)が必要となる場合もあります。
工場内の騒音を測定し、最適な仕様を提案させていただきます。また、振動対策、電波シールドについてもご相談ください。

騒音・防振構造概念図


工場室内の吸音

現状吸音処理が何もなされていない場合や、高音域の大きな騒音では、非常に効果があります。 詳しくは、当社スタッフがお伺いし、測定及び計算させていただきます。


当社特製の防音パネルを使用した場合

  • ●ピクチャーレールを取付、吸音パネルを吊下げるだけなので、現場施工が短時間ででき、工場ラインを長い期間止める必要がありません。
  • ●通常のグラスウールの貼付けでは、高音域しか吸音できませんが、吊下げ吸音体は、板振動により低音域まで吸音できます。
吸音パネル使用イメージ



外部防音壁

工場室内、建屋の防音対策で不十分な場合や、音源が外部で囲うことが出来ない場合は、隣地との間に防音壁を設置し、回折効果により隣地の騒音を低減します。

防音壁の効果計算例(直接音に対しての減衰量)

防音壁の効果計算例

点音源に近い場合 減衰量=10log(0.2+2α/λ)+12.5
線音源に近い場合 減衰量=10log(0.4+2α/λ)+8
波長;λ(m)行路差;α=r1+r2ーr(m)
波長;λ(m)行路差;α=r1+r2ーr(m)

※注意
受音点での騒音値は、この上部を回折してきた音と、横からの回折音、及び、防音壁を透過してきた音の合成値となります。

防音壁

防音壁は、高さ、幅、設置位置により、効果が変わってきますので、設計には十分な調査が必要となります。
隣地に高さが高いマンションなどがある場合には、防音壁上部に傾斜をつけたりして回折効果を上げるような対策も必要となりますし、防音壁だけでは十分な効果 が得られない場合もあり、他の(1)~(3)の対策を複合させることが重要です。
また、高さが高くなると、構造計算や行政への届けが必要となる場合もありますので、当社にご相談ください。




04.防音工事参考価格

T社様近隣騒音対策
参考価格 900万円 ~

びん、缶の回収、選別の作業を行っている廃棄物再生業者。

東京都内の同社びん選別作業所は、外部からの指摘をきっかけに環境スペースに防音工事を依頼し、壁および天井を防音壁にし、窓、玄関を二重にするなどの防音施工をしました。

また吸音材を使ったことにより、室内騒音は改善されました。



05.お客様の声

  • 工場
    騒音対策
  • 工場
    騒音対策