1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0016号

メルマガバックナンバー0016号

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 2005/01/21━
●【音的♪生活】・・・音の匠のお悩み解決塾!       ● 通算 第16号
          <https://www.soundzone.jp/>
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

□■ みなさんこんにちは、音美です!
毎日寒いですねー。大寒が過ぎたのにまだまだ寒い!というところなのに、天気予報では
すでに花粉の話題が。今年はとても多いと予想されていますね。今からドキドキの方も
多いのでは?
さて、新年2号目となりますが、おかげ様でこのメルマガに登録してくださる方も日に日に
増えています。音美は大感激!ありがとうございます。
そこで今回は気持ちも新たに、ということで、基本に立ち返った話題です。
そもそも防音室ってなぜ必要なのでしょうか。
ここで、今までのメルマガでお話させていただいた「音の基本」をもう一度まとめてみました。

----------------------------------------------------------------------------

♪ 目次 ♪
●	【音はどうやって生まれる?】 
●	【騒音ってなあに?】 
●	【「空気伝播音」と「固体伝播音」】 
●	【音が苦? 音楽?】 

-----------------------------------------------------------------------------
■ 【音はどうやって生まれる?】 
-----------------------------------------------------------------------------

音が発生する仕組みは、メルマガ第7号で一度お話しました。憶えていますか?

音は空気のある場所で物が振動すると起こります。物の振動が空気を運動させて
音に変換されるのです。
音を発生させるためには、空気の他に発生の元となる「音源」と
「空気を振動させるエネルギー」が必要となります。
音は空気圧を高くしたり低くしたりして空気の分子を進行方向に前後にゆすり
疎密を作り出し、その分子がバネのように振動して空気中を伝わります。

だから、宇宙空間に音は存在しないのです。
空気がなければ波紋ができず空気の疎密が生じないからです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 【騒音ってなあに?】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

そして、音はかなり主観的なものです。出す方も聞える方もかなり感じ方に個人差があります。
自分には心地よい音でも、他の人には騒音に感じるという場合も多々あるわけです。

さて、騒音とはなんでしょうか。

私達の周りの音は大まかに「必要な音」と「それ以外の音」の2つに分けることができます。
この「それ以外の音」すなわち、不必要な音、不快な音、邪魔な音、好ましくない音などが一般
に騒音と称されます。
したがって、聞く人が「必要でない」と感じることによってその音は「騒音」となるのです。

よい音楽や感動的な話でも、聞いている人には楽しく感動的でも、それらに興味のない人、
勉強している人、あるいは寝ようとしている人にとっては騒音であり、うるさくて困ることもある
というわけです。

住宅のクレームでは、音の問題が6割とも言われています。それだけ音は生活に密着した
もので、こちらはたったこれくらい、と思っていても相手には耐え難いという場合もあります。
音に関するトラブルはこじれると取り返しがつかない事態に発展する可能性もあるのです。
最近は音のトラブル防止、プライバシー保護のための遮音性の高いマンションも注目されて
いるようです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■	【「空気伝播音」と「固体伝播音」】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

音の伝わり方には「空気伝播音」と「固体伝播音」の2種類があります。

「空気伝播音」とは、空気中を伝わって耳に届く音のことで、ジェット機や自動車の音、
楽器の音や人の声、雷、クラクションなどがこれにあたります。
空気伝播音を防ぐには、より重くより厚い材料を選ぶ、隙間をなくす、壁や窓を二重にする、
などの方法があります。

「固体伝播音」とは、床や壁などの固体を伝わって聞こえてくる音のことで、2階の足音や
スピーカーなどの振動音、電車やトラックの振動、トイレの排水音などがこれにあたります。
これを防ぐには、コンクリートの造りや梁など建物構造を強くする、カーペットなどに
クッション性のある材料を使う、浮き床にして構造体と離す、などの方法があります。

たとえばピアノの音は、空気を伝わって聞こえ(空気伝播音)、さらにピアノが振動して壁や
天井を震わせて伝わります(固体伝播音)。ただ単に窓をふさいでも実際聞こえるのは
壁を通して伝わってくる固体伝播音だった、ということも十分考えられるわけです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■	【音が苦? 音楽?】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

けれど、「音楽」というように、音は楽しみ、生活に潤いも与えてくれるもの。
音漏れや音のトラブルばかり気にするのではなく、よりよい音をよりよい環境で思いっきり
楽しみたいですよね。

ここで「音環境を考慮した防音室」という発想になるわけです。

次号では「防音室」について、さらに詳しくお話させていただきます。

防音・音響工事のご相談は ⇒⇒⇒    https://www.soundzone.jp/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◇◆  「恵方巻」ってご存知ですか? 節分の日に恵方(その年の縁起が良いとされる
方向、今年は西南西)を向いて無言で太巻をまるかぶりすると幸せになると言われて
いるのですが、この太巻の予約をコンビニでも受け付けていて、今これが人気なのだとか。
早く予約すると福豆や方位磁針がもらえるところも。
やったことはないけれど、今年はチャレンジしてみようかなと思っている音美でした。 ◇◆

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定の実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら