1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0027号

メルマガバックナンバー0027号

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 2005/06/24━
●【音的♪生活】・・・音の匠のお悩み解決塾!       ● 通算 第27号
          <https://www.soundzone.jp/>
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

□■ みなさんこんにちは、音美です。
本格的な梅雨入りとなり、雨の多い毎日が続いています。
空模様とともに気分も暗く、じめじめで不快指数もアップ・・なんて
いう方も多いのでは?
今回はそんな雨の素敵な効果をさがしてみました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

♪ 目次 ♪

●	【雨音は「1/fゆらぎ」】
●	【雨上がりのマイナスイオン】
●	【防音ショールーム“Soundzone”って?】

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■  【雨音は「1/fゆらぎ」】   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
この季節、雨が降っていると外に出るのもおっくうに
なりがちですが、雨音や小川のせせらぎ、滝や波の音などの
水音を聞いていると何となく気分が落ち着いた、という
経験はありませんか?

水の音というのは、聴覚を利用した「癒し」のカテゴリーの
ひとつと言われます。
ヒーリングミュージックと呼ばれる音楽カテゴリーでは
水音が大切な役割を果たしています。
水は人間の身体にとって最も基本的な物質のひとつですし、
波の音や川のせせらぎは、母親の胎内の音に似ているとも言われます。

じめじめうっとうしい梅雨時も、その同じリズムで降る雨音に耳を
傾けていると、心の不安やイライラを取り除き、穏やかな気分に
してくれますが、それは「1/fゆらぎ」が含まれているというのも
理由のひとつのようです。

さて「1/fゆらぎ」とはどういうものなので、なぜ人に
快適感を与えるのでしょうか。

「1/fゆらぎ」のfとは振動数、あるいは周波数のことで、
英語のfrequencyの頭文字の f をとったものです。

70年ほど前に、電気的導体に電流を流すとその抵抗値が一定ではなく、
不安定にゆらいでいることが発見され、そのパワースペクトルが
周波数fに反比例することから、「1/fゆらぎ」と名付けられました。

なんだかむずかしそう・・

でもだいじょうぶ、雨音の他に、波音、風音、小川のせせらぎ、
小鳥のさえずりなど「1/fゆらぎ」の法則は自然界に存在するのです。
ほら、何だか身近になってきた。 

これらの自然現象をパワースペクトル分析すると
きれいな1/fになるといわれています。

そして私たちの身体の中にも無数の「1/fゆらぎ」が存在します。
たとえば心拍も一見規則的なようですが、実際に心電図を
調べると、心拍間隔は平均値プラスマイナス10%も変動があり、
そのゆらぎをスペクトル解析すると、きれいな1/fを示すそうです。 

そのことから、身体のリズムと同じリズムである「1/fゆらぎ」の刺激を
与えることにより、人は快適になれると考えられています。

「1/fゆらぎ」は、不規則さと規則正しさがちょうどいい具合に
調和している状態なのです。

何でも規則正しいばかりが快適というわけではないんだ、と
音美は何となくほっとしたのでした。
それにしても、音って本当に身体と心に影響するものですね。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■  【雨上がりのマイナスイオン】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
最近よく耳にする「マイナスイオン」。

雨上がりの日ってマイナスイオンがたくさん発生していて身体に
良いって知ってましたか?

さてマイナスイオンってなぜ身体によいのでしょう??

そもそもイオンとは「空気中にある電気を帯びた微粒子」のことで、
プラスイオンとマイナスイオンの2種類があります。

プラスイオンは排気ガスやタバコの煙に多く、マイナスイオンは
雨上がりの空気中や森の中に多いのです。

健康な体内にはマイナスとプラスがバランス良く存在していますが、
マイナスイオンが減ると、体調は悪化します。

マイナスイオンは、血液をサラサラにし血流を良くする、自律神経を安定させる、
ストレス解消、リラックス効果、免疫力・自然治癒力を高める、
中性脂肪を減らす、等々さまざまな効果があるそうです。

なんだか「素晴らしきかなマイナスイオン」ですよね!

マイナスイオンの豊富な空気とは、自然が本来持っている
良質な空気で、人体の酸化物をアルカリ性に中和して、
老廃物を排出しやすくして細胞を活性化します。

そして、雨の日はマイナスイオンが少なく、雨上がりは
マイナスイオンが非常に多く増えます。

マイナスイオンにとって湿度は大敵。
せっかく発生したマイナスイオンを雨が吸収しまうからなんですって。
雨上がりは湿度が低く、雨で発生したマイナスイオンが空気中に
たくさん残っている良い環境です。

雨音を聞いて「1/fゆらぎ」を感じ、そして雨上がりは
マイナスイオンを吸収できる、って考えると、じめじめムシムシの
梅雨からも自然のパワーをもらえそうですね。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■  【防音ショールーム“Soundzone”って?】 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ここのところ毎号お知らせしているショールームですが、
もう一度お話させてくださいね。 (^^)

環境スペース㈱は、防音ショールーム「オーダーメイドのピアノ室」
Soundzoneを製作し、いよいよ完成、オープンとなりました。

当ショールームでは、実際に防音効果を体験していただけます。
室内には、弊社オリジナル吸音パネル「KSAパネル」を設置
することにより、高品質な「音空間」(Soundzone)を実現しました。

「KSAパネル」は、プロ仕様の録音スタジオなどの壁、天井内部に
設置されている重低音の吸音を目的とした、吸音トラップの技術を
応用したもので、デザイン性と残響設計に優れた空間を
つくることができます。

KSAパネル ⇒⇒⇒ http://kankyospace.com/ksa.php

お気軽にお越しいただき防音室を体験してみてください。
お待ちしています!

OPEN 10:00~18:00 お電話またはメールにて事前にご連絡ください。 

メールはこちらへ  ⇒⇒⇒  mailto:info@kankyospace.com
フォームお申込み  ⇒⇒⇒  http://www.kankyospace.com/showroom.php


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◇◆  ショールーム、素敵ですよ。実際にピアノが置いてあり、
KSAパネルの吸音効果も確かめていただけます。 ご飯を食べに行く
お店でも、うるさくて話もできないようなところ、ありますよね。
そんなお店にはぜひこのパネルをお薦めしたい、と思う音美でした。  ◇◆

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定の実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら