1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0050号

メルマガバックナンバー0050号

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 2006/05/12━
●【音的♪生活】・・・音の匠のお悩み解決塾!       ● 通算 第50号
          <https://www.soundzone.jp/>
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

□■  みなさんこんにちは、音美です。
このメルマガも、ついに第50号を発行できることとなりました。
読んでくださっている皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。感謝しています。
さて、今号は次世代DVDについて、です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

♪ 目次 ♪

● 【次世代DVDのゆくえ】
● 【PS3と次世代DVDの関係】
● 【次世代DVDの規格争い】 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 【次世代DVDのゆくえ】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

次世代DVDは、半年ほど前のメルマガ第36号で
一度お話しさせていただきました。
今回はその続きです。

連休明けの5月9日、PS(プレイステーション)3の
発売日と価格が発表されました。

それがなぜ次世代DVDと関係があるの?

PS3には、この次世代DVDを再生する機能がついているのです。

「PS(プレイステーション)3」は、ソニー・コンピューターエンタテインメント(SCE)の
次世代家庭用ゲーム機。
スーパーコンピューターに匹敵するという高速処理性能を
持った半導体を搭載。
実写と見間違えるようなCG(コンピューターグラフィックス)映像を
作り出せるんですって。
HDDを搭載していて、ブロードバンド回線でのインターネット接続により、
オンラインゲームをプレーしたり、ネット上からゲームや音楽映像と
いったコンテンツをダウンロードすることもできるそうです。

日本での発売は11月11日、価格は6万2790円(HDDを標準搭載の20GBモデル)。

えっ?! ゲーム機が6万円以上するの!?

そうなんです。
これは、これまでの家庭用ゲーム機の中でも最も高額。
次世代ゲーム機で先行販売された、マイクロソフトの
「Xbox360」より約2万円ほど高額です。

なぜゲーム機の発売時期と価格がこんなに注目されているのでしょうか。

そこにこの、「次世代DVDを再生する機能」が関係してくるわけです。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 【PS3と次世代DVDの関係】 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

PS3は、ソニーが次世代DVDとして推進する
「ブルーレイディスク(BD)」の再生が可能です。

BDを再生できるPS3の価格が決まったことで、
次世代DVD商戦にも影響を及ぼしそう、ということです。

「PS3は、ブルーレイディスクプレーヤーとしてはかなり安く思える。
(次世代DVDプレーヤーとしては)かなり大胆な価格設定だ」とみる
アナリストの意見も紹介されています。

PS3は、高精細な映像を長時間録画できるBDの再生機能のほか、
東芝、米IBMと共同開発した高性能な半導体も搭載するなど、
高機能を売りにしています。

その分、ゲーム機としての価格は割高。
現行のPS2は2万円を切り、年内に発売予定の任天堂の
次世代機「Wii(ウィー)」については価格は明らかになっていませんが、
そこまで高くない、との予測もあります。

けれど、PS3はBDの再生機能を持つため、
「デジタル家電としてみれば安い」との見方が多いようです。

次世代DVDのもう一つの規格、「HD DVD」方式の再生専用機としては、
東芝が国内で店頭価格11万円前後で発売しました。
BD方式でもだいたいその価格帯が予測されており、
いずれもPS3の価格が下回っていて、家電各社は
「価格設定を見直さざるを得ない」状況だとか。

PS3が家電に比べて価格を低く設定できるのは、
ゲーム業界は「赤字覚悟でハードの価格を抑えて普及させ、
ソフト販売で収益を上げる」ビジネスモデルのため。

なるほど、とても納得できる話です。

PS3の登場は、次世代DVDの普及を促しもするでしょうが、
それと同時に、関連機器の価格下落も促す可能性があると言えそうです。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 【次世代DVDの規格争い】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

次世代DVDとは、『読み取り/書き込みに青色のレーザーを
使用することで、これまでのDVDと同じ12cmのディスクで、
より大容量を実現した新規格の総称』です。

ハイビジョン放送も、そのままの高品質な画像で
長時間録画できるのです。

次世代DVDと呼ばれる規格は、大きくわけて
ブルーレイディスク(Blu-ray Disk)とHD DVD
(High Definition Digital Versatile Disk)との2種類があります。

両規格はいずれも直径12cm、厚さ1.2ミリのディスクを用いています。

主な違いは記録を読み書きする記録層までの深さにあります。
HD DVDが0.6ミリ、BDは0.1ミリ。

HD DVDの0.6ミリは今のDVDと同じ構造なので、
機器の互換性を保ちやすく、ディスクの製造が容易かつ低コストです。
一方BDはレーザー光源とディスクとの距離が近いため
より細かいデータの読み書きが可能で、
容量がHD DVDより1.5倍ほど大きくなります。

昨年は規格統一化の動きも見られたのですが、
どうも実現されるのはむずかしそうです。

2つの規格が並存したまま、一部モデルでパソコンへの搭載も始まりました。
次世代DVDは、パソコンに限らず家電やゲーム機との絡みもあり、
どちらが勝ち残るか、今のところまったく見えない状況のようです。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◇◆  ゴールデンウィークのお天気はわりと安定していましたが、
このところはぐずつき気味。沖縄では梅雨入りの声も。
けれど北海道はつい最近まで雪が降り、ようやく花の季節?
ほんとに日本って細長いなぁと改めて感じてしまった音美でした。

 音美へのメールはこちら ⇒⇒⇒ melmagas@soundzone.jp ◇◆

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定の実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら