1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0080号

メルマガバックナンバー0080号

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 2008/1/16━
● 様々な楽器に柔軟に対応できる防音室を作るには
● “あゆ”だけじゃない、「突発性難聴」発症の可能性
● 通算80号
          <https://www.soundzone.jp/>
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

♪―目次―♪

● 専門の会社にしか出来ない本当の防音ノウハウ(前編)
● 症状を見逃さないで!突然、誰にも起こりうる「突発性難聴」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


■□こんにちは!音の専門家、環境スペースの音美です。□■

 新しい年がやってまいりましたね。どうぞ今年もよろしくお願いします。

 さて、今年の幕開けの話題は、長野市にありますアイ・ミュージックスクールで
の防音施工を追いかけます♪

まずは、前編をご覧下さい。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
■大人の音楽教室、アイ・ミュージックスクール

 ヴォーカル、ギターを始め様々な楽器の楽しさを教える「アイ・ミュージックスクー
ル」は、2007年5月に長野市にオープンしました。楽器練習に防音、吸音は大変重要
な要素です。一筋縄ではいかない防音施工をどう処理したのか、アイ・ミュージック
スクールのS代表に伺いました。

「アイ・ミュージックスクール」のS代表は、17年間、大手楽器販売店での店長や有名
音楽教室の運営の仕事に携わってきました。そんな環境で過ごすうち、ご自身も「大
人が楽しみながら学ぶことができるような音楽教室を作りたい」と思い立ち、この
「アイ・ミュージックスクール」を設立されたそうです。

場所は、JR長野駅から徒歩5分ほどのビルの1F。コースには、ヴォーカル、ピア
ノ、ギター、サックス、フルート、ラテン・パーカッション、ソング・ライター、ト
ロンボーン、ウクレレがあります。個人レッスンが中心で、20~40代の大人を対象
に開講されていて、レッスンは夕方以降に行い、レッスン以外の時間帯はレンタル・
スタジオとして活用されています。

レッスン室の概要は、隣り合わせになった二つのレッスン室で、スタジオAが約6㎡、
スタジオBが約7㎡。二つのスタジオ間の壁がD65というハイレベルな防音性能を持っ
ています。ロビーとスタジオ間ではD50。防音扉はD40。防音窓がD45です。

「音場(※1)がとてもよく、KSAパネル(※2)で自由に響きを変えられるので、どん
な楽器にも対応した響きを作れます」

※1 音場(おんじょう)
音波が発生する空間のこと。一般的に室内の音の環境は部屋の形や材質、置かれている
物の位置や形に影響されて微妙に変化する。様々な要素が音場を作る。

※2 商品名「KSAパネル」
環境スペースのオリジナル商品。重低音の吸音を目的とした吊り下げ式音響調整パネル。
部屋の大きさや目的に応じて残響時間の調整が簡単にできる。吊り下げ式なので自由に
パネル同士を移動できる。

■KSAパネルと吸音

S代表、ことのほかKSAパネルがお気に入りのご様子でした。

「遮音性がとにかく素晴らしいです。また、KSAパネルで自在に音の響きを変えられ
るところも気に入っています」

レッスン室では、各部屋に7枚ずつ使用。ピクチャーレールにかけるだけなので、
取り付け・取り外しが簡単で、とても便利とのこと。
例えば、クラシックのピアノ専攻の方がスタジオを利用した時には、「このままでは
響き過ぎる。デッド(※3)な方がいい。」との要望があり、普段設置しているパネル
に2枚プラスして9枚使用したところ、簡単にデッドな空間を作り出すことが出来た
そうです。
逆に弦楽器や管楽器、ヴォーカルなどの場合にはパネルを減らして響きを増やします。
これは、少し響きがあった方が演奏していて気持ちがいいからです。
市販の防音ボックスだと吸音性がかなり高いために、響きが少なく、ピアノやパーカッ
ションの人にとっては使いやすいのですが、反対にヴォーカルの場合、声を張り上げ
てしまい、喉を壊すことがあるそうです。

また、防音工事をするにしても、持ち主の使う楽器に合わせて最初に吸音性のレベルを
決めてしまうのが普通ですが、環境スペースの防音室ならKSAパネルを使えば後から
どんな楽器にも合わせることができ、それが大きな魅力だとS代表は評価します。
工期についても当初の予定より早い3週間弱という期間でご納得のご様子でした。

※3 デッド: 響きのない状態。


■プロの演奏家が求める、プロの防音設備

ここで、今まで有名音楽教室に勤務されていたS代表に、一般に散見される防音室の問
題点を伺いました。

S代表の以前の勤務先は大手楽器販売店A社の系列の一教室としてフランチャイズ的に
経営されていたもので、オーナーは地元の方でした。この教室では通常、A社が製造販
売する防音室を使っています。それも、ボックス型ではなくフリータイプのものを使っ
てました。しかし、実は、A社製の防音パネルなど部材を使っているだけで、施工は地
元の工務店だったそうです。

「施工もA社に頼むととても高くつくから、という理由でしたが、部材だけ使っても意味が
ない。A社本来の防音性能を出すことはできません。一般の工務店の施工では、防音専門の
会社の持つ施工ノウハウが無いことがその理由です」

例えば、A社の防音パネルと防音扉を使った場合、扉や窓などの開口部は、一番音漏れの
原因になりやすいところ。これを一般工務店が普通の住宅と同じ工法で取り付けても、
どこか隙間が開いているような状態になりがちです。そういうひとつひとつの細かいと
ころから遮音性能が落ちてゆくものだとS代表は指摘します。

「とりあえず遮音はできても、音場が悪いケースが多い。響きが悪かったり、変な響きが
出たりします。これは、一般工務店には各楽器に対応する吸音(※4)の考え方が無いせい
です」

音楽家が使う防音室としては、単に遮音するだけでは不十分で、使う楽器に合わせたよ
い響きの得られる部屋を作るためには吸音も考えなければなりません。その際、音響の
プロの知識が必要となり、ただ住宅を作っている一般工務店にそこまで求めるのは無理
があるとお考えです。

※4 吸音
一般に遮音(防音)と吸音を混同する人が多いが、まったく違う現象。不快な反響を減らし、
音をコントロールする役目をするのが吸音。一方、遮音は単に音の大きさを抑える事だけを
目的としたもの。音楽向けの部屋には防音よりも吸音が重要である。

そんな明確なビジョンをお持ちのS代表の目に留まったのが、環境スペースです。出会い
はインターネットから。

「防音室、で検索したら、トップに出てきました」

前の職場の関係で、防音業者のいくつかに心当たりはありましたが、「防音室は大きな
買い物。車や住宅に近いものがある」と考え、とことん追究して、自分で納得のいくも
のを選びたい、と情報をかき集めました…。

続きは、次号後編へ!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼


♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪

 __________音の体験会 予約受付中____________
|                                       |
|電話 03-5795-1215 までご連絡下さい               |
|ホームページ https://www.soundzone.jp 又は携帯でも予約出来ます。 |
|__________________________________|

♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■□■□「突発性難聴」―無意識の音量上げは要注意です□■□■

▼歌手の浜崎あゆみさんが、左耳の聴力を失ったことを告白したことで、一気に
知名度が上がった「突発性難聴」。この病気は、難病(特定疾患)指定されていま
す(詳しくは「難病情報センター」http://www.nanbyou.or.jp/)。

▼明らかな原因もなく、あるとき突然に耳が聞こえなくなる「突発性難聴」は、
ストレスやウィルス感染説、内耳循環障害などが原因として有力視されています
が、未だ原因や治療方法なども確立していない難病です。急激に発症する感音難
聴(内耳以降の感音器の障害が原因)のうち、原因不明のものが「突発性難聴」と
されていますが、およそ3分の1は完治し、3分の1は回復するが、難聴を残し、
3分の1は完治しないとされています。

▼「このごろテレビの音量が大きいけど、耳の調子が悪いの?」
と家族や、会社、学校で言われたら要注意。テレビの音声が聞き取りにくくなっ
て無意識に音量を上げていることが考えられます。普段は両耳で音を聞いていま
すから、片耳が全く聞こえない場合以外、多少聴力が落ちた程度では、気がつか
ない場合が多いようです。

▼発症後2週間以上を経過すると完治し辛いため、発症を自覚したら、早急に耳鼻
科を受診し、治療を開始することが望まれます。鼓膜に異常は無く、内耳も外耳も
異常はないが、原因不明で左(右)耳の聴力が落ちている、といった診断が下され
ることがあります。でも、発症が見つかっただけでも幸いです。痛みも無く片方の
耳が機能するので中々はっきりとした自覚症状が掴みにくいですが、日常生活でも
し何気なく指摘されたら、片耳を塞いでみるなどして聴力に異常が無いか確かめて
みてください。

▼難病とはいえ、早期に発見できれば完治の可能性が大なのですから、なんとなく
変だなと思ったら、まあ大丈夫とほっておかないで一度専門医に診てもらいましょ
う。何も無ければそれに越したことは無いのですから。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■音の体験会のお知らせ
「防音室って実際はどれくらい防音できるの?」
…という皆様のご要望にお応えする機会をつくりました。
それが、「音の体験会」(参加費無料)です。実際にピアノを弾いたり、
楽器をお持ち込みになって防音効果を実感してみてください。

会場:環境スペース株式会社 防音ショールーム。
日時:ただいま毎日開催中!(日曜日・祝日を除く) 
時間帯/定員限定 
1時間枠1組となります。予約フォームより確認の上ご予約ください。
(1)09:30~10:30  (2)11:00~12:00
(3)13:00~14:00  (4)14:30~15:30 
(5)16:00~17:00  (6)17:30~18:30

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

読者の皆様は年末年始いかがでしたか!音美は皆様の想像通り、お雑煮とみかんと
TV特番三昧ですっかり悩みの種がおなかの周りに集まってきました。なに、これ
からやろうと思ってたとこ!メルマガもダイエットもがんばります!
今年もよろしくお願いします。なにかと抱負の多い音美でした♪
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定の実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら