1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0105号

メルマガバックナンバー0105号

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 2009/1/28━
● 教えることも、演奏することも、思い切り楽しめる防音室
● 新日鉄の鉄板から、ギターッ!?
● 通算105号
          <https://www.soundzone.jp/>
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

♪―目次―♪

● 設計士、工務店の協力があっての、理想の響きと防音性能
● 鉄だから出来るクリアなハーモニー 鉄製ギター
● 無料見積りにてご制約の方に【防音ドア1枚無料キャンペーン】実施中!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■□こんにちは!音の専門家、環境スペースの音美です。□■

音楽をやっている人なら、プロアマ問わず自分のスタジオを持ちたいと思うのは
ごく自然なことですよね。しかし、現実に作るとなると、どこから手を付けてい
いやらわからないのもまた事実。

神奈川県相模原市にお住まいのTさんは、2008年11月に新築した自宅に防音室
を作りました。完成したばかりの新居で開かれた新築祝いの会に伺って、工事の様
子や出来上がった防音室についてお話を聞きました。

      ◆◇◆        ◆◇◆        ◆◇◆

T.Kさんは、奥様、3歳と生後8ケ月になるお嬢さんの4人家族。
Tさんの仕事は調理師。小学校の給食室で働いていらっしゃいます。

しかし、ドラムとの付き合いは高校のときから10年以上という腕前の持ち主。
一緒に始めた友達は、現在プロのミュージシャンとして仕事をしているそうです。
Tさんご自身は今も先生について勉強しながら、3年前からは知り合いに頼まれ
て人に教えることも始めました。
さて、どのような経緯でドラムの叩ける防音室を作ることになったのでしょう。


■自宅の新築にあわせて創った防音室

Tさんが防音室施工を思い立ったのは、ご自宅を新築するときでした。広さは約8畳。
防音性能は、大きな音や振動の出てしまうドラムを演奏することを考えても十分な性
能です。
環境スペースには、防音室の設計と施工を依頼されました。防音室以外の設計施工は
地元の設計事務所と工務店に施工してもらったそうです。

憧れのスタジオを自宅に作る。音楽をやる人間にとって自宅スタジオは、仲間とバンド
演奏をして楽しんだり、気軽に集まってみんなでセッションできるの理想卿です。
また、防音室があれば、自宅で教室を開くこともできます。今までは、生徒にスタジオ
を借りてもらってレッスンをしていたので、金銭的な負担をかけてしまい申し訳ないと
思っていらっしゃいました。

家を建てた場所が奥様の実家の敷地内で、土地代が掛からなくて済んだことが実現でき
た理由のひとつかもしれない、とTさんは振り返ります。


■ドラム教窒もやっています

現在生徒さん5人。学生さんも、女の子もいます。
教えることは楽しいです、とTさん。
「環境が整ったので、これから増やしていければいいなと思っています。10人くらいを
めどに、案内を出して募集中です」
いろんな方に来てもらえるように、生徒さんに都合のいい日に好きな時間だけというスタ
イルで教えています。レッスン内容は、教則本を使った基礎練習をしたリ、好きな曲を選
んでもらって、それに合わせて演奏したりと、相談しながら決めているそうです。楽しそ
うですね♪
「ドラムの楽しさを、少しでも伝えることができればうれしいです」


■家族や友達、みんなで楽しみたい

こういう部屋を作るというのは、実は家族から理解を得られないこともしばしば。
お父さんの趣味のためにそんなお金使えないわよ、と一蹴されるのがよくあるパターン
ではないでしょうか。しかし、Tさんの奥様は、みんなで楽しめるし、いいんじゃな
いのと言ってくれたそうです。素晴らしい奥様ですね♪

Tさんも、防音室を作った一番の目的はドラムの演奏をするためだが、そのためだけに使
うつもりはないとおっしゃいます。プロジェクタ一を買ってホームシアターとしても使う
予定があり、カラオケもいいねと以前から話していたそうです。家族や友達やドラム教室
の生徒さん、みんなで使る防音室にするつもりです、とこれからのサウンドライフに思い
を馳せています。


■出来上がった防音室には大満足

さて、防音室の仕上がりは如何に?
「音の響きがちょうどいいです。演奏していて、ほんとに気持ちいいんですよ。音の響き具
合は人それぞれ好みもあると思いますが、自分の好きな環境を作れるのは、自分のスタジオ
ならではの醒醐味ですよね」

音の響き以上に重要だったのが防音、とTさん。こちらも納得の出来上がりで、思いきりド
ラムを叩いても、ドアを閉めてしまえば家の外には全く聞こえません。
「内側の防音室は環境スペースにしっかり作ってもらいました」
外壁は、遮音ボードを入れてもらったり、モルタルを厚めに塗ってもらったり(※)と、工務
店の方たちにサポートして頂いての仕上がり。
設計士さんをはじめいろんな方の協力があったおかげで、大満足の防青室を作ることができ
た、とTさんは満面の笑みを浮かべます。

※:モルタルには防音効果がある。



(自宅の設計士さんのコメント)
個入の住宅で、ここまでしっかりした防音室を作る人はあまりいないと思います。防音室を
作ることは最初から決まっていたので、間取りもそれを考慮して考えました。
(棟梁のコメント)
Tさんと相談して、外壁に遮音ボードを数枚入れました。環境スペースからは、外壁は通常
どおりで大丈夫と言われていたようですが、念には念をいれたいという気持ちがあったようです。


         ◆◇◆     ◆◇◆     ◆◇◆


かくして出来上がった理想の防音室。
次回は、環境スペースを選んだ経緯、どのような防音の仕掛けがあるのかをご紹介します!

お楽しみに!


♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪  

 __________音の体験会 予約受付中____________
|                                       |
|電話 03-5795-1215 営業までご連絡下さい             |
|ホームページ https://www.soundzone.jp 又は携帯でも予約出来ます。 |
|__________________________________|

♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪  
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■□■□鉄と音楽のコラボレーション 新日鉄製ギター□■□■

▼鉄板でできた特注ギターを駆使するミュージシャン、大住智也さん(51)=福岡市
中央区=がイベントなどに引っ張りだこ。本業はキリンビール北九州支店長で、芸名は
勤務先にちなみ「B・B・KIRIN」。

鉄製ギターは全国的にも珍しく、北九州市の新日鉄八幡製鉄所の鉄板を使っています。
年間50回以上のライブもこなす実力派で「北九州は生まれ故郷。鉄の街で生まれたこの
ギターで役立ちたい」と意気込んでいます。

▼大住さんは05年秋から北九州市に勤務。ビール用スチール缶の取引先、新日鉄八幡製鉄
所の起業祭で愛用の鉄製ギターを弾いたところ、新日鉄社員が「鉄製のギターがあるのか」
と一様に目を丸くしました。

 翌年、興味を持った新日鉄側が「うちの鉄でそのギターを作れないだろうか」と提案。
大住さんが鉄製ギターを製造する米国のナショナルレゾフォニックギターズ社に持ちかけ
ると快諾してくれました。

▼鉄の厚さや成分について何度かやり取りした後、八幡製鉄所の鉄板を送ったところ、ナ社は
「鉄板のどこをとっても厚さが変わらず、表面が非常に滑らか」と絶賛。07年8月、完成し
たギター2本が送られて来ました。

 通常のギターより重いですが、高音や低音でもクリアで広がりのある大きな音が特徴。ボ
ディーの強さを生かしてたたけば打楽器のようにもなります。

▼新日鉄八幡製鉄所生産業務部の河野捷紀(かつのり)マネジャー(68)はギターの音色を
初めて聴き、「八幡の鉄が音楽の世界でも役に立つんだと思うとうれしかった」と感動。評判
が評判を呼び、大住さんの元には「うちでも弾いてくれないか」と演奏依頼が次々と舞い込む
ようになりました。

大住さんは「鉄の街で生まれた鉄のギターを弾くことを多くの人が喜んでくれる。ビール業
界は人気商売。名前もすぐ覚えてもらえて仕事でも本当に得している」と笑顔を見せます。

▼世界に2本しかない鉄の街・北九州生まれの鉄製ギター。大住さんと河野さんは「このギター
を手に全国の製鉄所がある都市を演奏して回りたい」と夢を語ります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■□■―――あなたの「耳」で防音効果が実感できる!
環境スペースの防音室ショールーム。―――■□■

■【防音ドア1枚無料キャンペーン】 
平成21年2月28日までに無料見積りよりお問い合わせいただき、御成約となったお客様に
「防音ドア1枚無料プレゼント」キャンペーンを実施しております。防音室をご検討のお客様は、
是非この機会に「無料見積り」よりお問い合わせ下さい!!

■音の体験会のお知らせ
「防音室って実際はどれくらい防音できるの?」
…という皆様のご要望にお応えする機会をつくりました。
それが、「音の体験会」(参加費無料)です。実際にピアノを弾いたり、
楽器をお持ち込みになって防音効果を実感してみてください。

★☆★≪土曜・日曜日も開催!休みの日にしか時間が取れない方に朗報です≫★☆★

「音の体験会」大好評につき、日曜日も開催することが決定しました!
この機会に是非会場に遊びにいらしてください。お待ちしています!

会場:環境スペース株式会社 防音ショールーム。
日時:ただいま土・日を含め毎日開催中!(祝日を除く) 
時間帯/定員限定 
1時間枠1組となります。予約フォームより確認の上ご予約ください。
(1)09:30~10:30  (2)11:00~12:00
(3)13:00~14:00  (4)14:30~15:30 
(5)16:00~17:00  (6)17:30~18:30

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
♪年明け早々大相撲が凄かったですね。朝青龍まさかの全勝優勝ですよ!3場所ぶりのカム
バックは、お見事というほかありません。相撲を取っても防音できる部屋って作れるのかしら?
そうか、高砂部屋とか宮城野部屋とか、防音室になってたりして…今年も思いやられる音美でした♪
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定の実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら