1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0146号

メルマガバックナンバー0146号

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 2010/11/30━
● 聞こうとしないで!感じるのです!防音の効果。
● iPod iPhone でハイパワーPAをドライブ!「iCubeシリーズ」発売!
● 通算146号
          <https://www.soundzone.jp/>
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

♪―目次―♪

● 音とは振動…。でもD値を出されてもわからない、そんなときは体験です!
● どこでもレイブ!どこでもDJ!50W、80WのハイパワーPA「iCubeシリーズ」
●「音の体験会」毎日開催中!是非この機会に体感してください


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
	■□こんにちは!音の専門家、環境スペースの音美です。□■

今回はそもそもの「音」についてのお話を少々。

        ◇              ◆              ◇

■いわずと知れたことですが、音は聴覚を通じて感じる振動の事。
人が聞こえる周波数は、20HZ~20KHZと言われております。
また、音速については大気中で約340m/秒と、結構速い速度で伝わっていきます。

■つまりは…振動がないと音は聞こえないのですが、有名な禅問答に
「隻手の声」とか「隻手音声」と言ったものがありますね。
両手で拍手をしたときには音は聞こえますけど、片手で拍手をしたときの音を聞く。
どうやって???と疑問符ばかりが浮かんでしまうのは私の修行(?)が足りないか
らかしら。

■ブルース・リーの台詞に「Don't think. Feel!(考えるな、感じろ!)」というのが
ありますが、
それに似てる事なのかな?等と思ったりしております。
音なら、耳で聞こえるものと、体感として感じられるもの。そんな違いでしょうか。
例えば、音と認識してもらえないが故に理解されにくい低音騒音というものもあります。
音階ではなく正に振動!ドドドドッとDon’t listen. Feel!といったとこでしょうか。

■実際、防音の効果等をしばしば数字でお客様にご説明する機会があるのですが、
やはり、D45といった数値的なことよりも、実際に防音室を体験していただいた方が
お客様からも「防音効果をより理解できた」と仰っていただく事が間々あります。
数値的なお話で「?」と思ったら、是非、環境スペースの防音室で防音効果を感じて
みてください!

♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪  

 __________音の体験会 予約受付中____________
|                                 |
|電話 03-5795-1215 営業までご連絡下さい             |
|ホームページ https://www.soundzone.jp 又は携帯でもご予約受付中! |
|_________________________________|

♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪  

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■□iPod Dock搭載のポータブルサウンドPAシステムDJ-Tech「iCubeシリーズ」□■

▼フックアップは、DJ-Tech社のiPod Dock搭載、ハイパワーポータブルサウンドPAシ
ステム「iCubeシリーズ」を発売しました。

2009年より日本に上陸し、さまざまなDJ関連製品をリリースしてきたブランド、DJ-
Tech社よりiPod Dock搭載、ハイパワーポータブルサウンドPAシステムの「iCubeシリ
ーズ」が、代理店変更第一弾として登場することとなりました。


▼出力50Wのコンパクトなポータブルタイプの「iCube50」、大出力80Wで持ち運びに
便利なキャリー付の「iCube90」の2機種をラインナップ。いずれも非常にコンパクト
ながら充分な音量を出力でき、かつAC電源による駆動はもちろん、充電池駆動に対応
しているため、モバイルスピーカーとして使用場所に制限がないのが特徴です。

iPod Dockの搭載もポイント。好きな曲を入れたiPodからBGMを流し、その他の入力と
ジャムセッションも実現可能となっています。iPodを用意することで、コンポの代わ
りに使用できるほか、DJミキサーと接続し、マスター出力用、モニタリング出力用ス
ピーカーとしても使用できるというわけです。


▼その他の入力端子には、マイク、ラインなどさまざまな入力をサポート。
また、本体内蔵のミキサーにより、ケーブルを挿入するだけの簡単セットアップですぐ
に使用できます。ミキサーにはマイク音声入力時、それ以外の音声を自動で抑えるTALK
 OVER機能を搭載。この機能により、MCを行う際に音声がBGMに消されることなく使用で
きます。さらにトーンコントロール機能を搭載し、出力音の高音、低音の調整が可能と
なっています。


▼野外ライブ、ストリートライブ、野外レイブ、野外パーティ、BBQ、ストリートダンス
の練習、宣伝活動、選挙活動、街頭演説、学校行事、協会、セミナー、カラオケ、結婚式
2次会、盆踊りなど各種イベントにあらゆる用途にこれ1台の最適なモバイルスピーカーです。

◆iCube50
価格:29,400円
◆iCube90
価格:42,000円
発売日:2010年11月12日

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■□■―――あなたの「耳」で防音効果が実感できる!
環境スペースの防音室ショールーム。―――■□■

■音の体験会のお知らせ
「防音室って実際はどれくらい防音できるの?」
…という皆様のご要望にお応えする機会をつくりました。
それが、「音の体験会」(参加費無料)です。実際にピアノを弾いたり、
楽器をお持ち込みになって防音効果を実感してみてください。

★☆★≪土曜・日曜日も開催!休みの日にしか時間が取れない方に朗報です≫★☆★

「音の体験会」大好評につき、日曜日も開催することが決定しました!
この機会に是非会場に遊びにいらしてください。お待ちしています!

会場:環境スペース株式会社 防音ショールーム。
日時:ただいま土・日を含め毎日開催中!(祝日を除く) 
時間帯/定員限定 
1時間枠1組となります。予約フォームより確認の上ご予約ください。
(1)09:30~10:30  (2)11:00~12:00
(3)13:00~14:00  (4)14:30~15:30 
(5)16:00~17:00  (6)17:30~18:30

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
♪こないだは尖閣でしょ?で、今度は延坪島。でも、先の大戦から人類は多くを学び、
戦を避ける術をいくつも身に着けたはず。それでもキナ臭くなるなら、やっぱり前と
同じマスコミが提灯持ったと思っちゃう音美でした。No more WAR!♪☆☆☆
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定の実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら