1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0203号

メルマガバックナンバー0203号

配信日:2013/11/13

「オーダーメイド防音室で、ワンランク上の音的♪生活を満喫しませんか?」

【防音・音響に関する疑問を解決します 音響分野の設計・施工】

音に関するトータルサイトはこちら⇒ https://www.soundzone.jp/
環境スペース株式会社のトータルサイトはこちら
                ⇒ http://www.kankyospace.com/

==========★ハウスメーカー様 限定!無料セミナー開催のご案内★=========

日時: 2013年 11月 7日 (木)
時間: 14:00~15:00 (会場13:30~)
会場: 当社(環境スペース株式会社)
内容: 『防音室 音の体験セミナー』 遮音リアル体感
    これだけは知っておきたい防音室の基礎知識
    セミナーの後、個別相談会も実施致します。

お申込み方法:
下記、PDFダウンロードしFAXにて
https://www.soundzone.jp/20131107seminar.html

又は、お電話にて TEL:03‐5795‐1215
=======================================================================


★☆★☆★☆★☆★☆★☆  今日のメニュー  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★                                  ★
★    音を熱に変えて熱を音に変えて…               ★
★            ねえねえ、それでこのビール冷えるの?    ★
★                                  ★
★            ◆◇音のトピック◇◆            ★
★                                  ★
★   我が家の防音室はダンボール製 バンダイナムコグループから   ★
★                                  ★
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
このメールは環境スペース株式会社のお客様、お取引様宛に送信しております。
不要の方は、お手数ですがメール後方の「配信不要」の欄をご参照下さい。
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…


♪◆◇◆◇◆◇◆◇ 音美の日々ビューティフルサウンズ ◇◆◇◆◇◆◇◆♪

こんにちは、音の専門家、環境スペースの音美です♪

普段は防がれたり断たれたり、あまり良い思いをしていない音
(もちろん音楽は別よ!)ですが、排音とも言えそうな工場からの雑音も、実は
エネルギーになり得るって研究があるのご存じかしら?
音から熱に、熱から音に、そんなことで今回はそのあたりをサウンドチェーック!



■ □〓〓〓〓〓■ □〓〓〓〓〓〓■〓〓〓〓〓〓□ ■〓〓〓〓〓〓□ ■

■防音を考えるとき、音を熱に変えて消音するなんてことよく言いますね。
グラスウールなどは、あの細かい繊維で音を熱に変えて音を減退させているんです。
が、なんとその音を熱に変えたり、熱を音に変えたりする過程で、新しいエネル
ギー源にしようという研究が2008年ごろからもう始まっていたんです。
簡単に言うと、ある現象で工場の排音を熱にしたり太陽光などの熱を音に変換し、
そのエネルギーでクーラーや冷蔵庫など温度を下げる器機を動かすってわけなの
です。これを熱音響現象といいます。

■実際にどのように熱を音に変え音でものを冷やしたりできるのでしょう。
音とは媒体(空気や水、コンクリートなど)の膨張・圧縮という物理現象が音波
というものを生みだし、耳に入ったとき音として聞こえてくることは、以前勉強
しましたね。しかし、通常ではこの膨張・圧縮というエネルギーはグラスウール
のように遮るものが無ければそのまま音として伝わって消えていきます。
しかし、細い管に無理やり音を通すと、その音の周波数である振動を熱エネルギ
ーとして取り出せるのです。

その現象を利用したのが熱音響冷却システム。中が直径4センチほどの空洞になっ
た輪っかがあると想像してください。その輪の左下右上対極にそれぞれスタックと
呼ばれる、極細の毛細管のような束が上下にふたをされたような状態ではめ込まれ
ています。ちょっと綿棒の入ってる円筒形の容器に似てますの。
そして管の中には触媒として空気またはヘリウムガスが充填されています。

■さて、まず一つ目のスタックは排熱を利用し熱から音に変換させる装置。熱くな
ってくると、ボワーっと唸る音が聞こえてきます。この音を輪っかの中で回してい
くと音がドンドン蓄積していってやがて二つ目のスタックの上側が熱くなり、下側
が冷えてきます。そこへ循環水管などをつないでおけば、エアコンでも冷蔵庫でも
利用することができます。この現象はエアコンと似ています。部屋の熱をエアコン
が吸い取り熱を取り去った冷えた空気を部屋に返し、熱は触媒を通して室外機へ運
び外へ排熱する。しかし、この装置の優れたところは、その排熱さえも逃さず音に
変えるエネルギーとして使えるところ。
排熱や騒音が常に出ている工場などでは半永久的に冷却エネルギーを作り出せると
いうわけです。

この装置はシンプルかつ、モーターなど駆動部分が一切ないため、製造コストが掛
らずメンテナンスの必要もない上、作動寿命が長いことが特徴です。
エネルギー効率は5%~10%ですから、決してエコじゃないような気がしてしまい
ますが、エネルギー源が捨てるものの再利用ですからこれほどお得な装置はありま
せん。実用化はまだ先のようですが、もしこれが完成すれば、カンカン照りの水の
一切ない砂漠の真ん中で、ビールをキンキンに冷やすことも可能になるかもしれま
せん。期待してしまいますこと♪

■普段はなんとかして音をやっつけようとばかり考えていましたが、こんな装置が
出来て来たら、お隣さん、もっと騒いでいいよ、涼しくなりたいから!なんて言う
ことも出来るのかしら。おっと、それでも必要ない所に音が届いちゃ困ります。
部屋のこっちはいいんだけど、ここからどうにも音が漏れて来てうるさいんだよね、
なんてお悩みございませんか?環境スペースは皆様のお気持ちに立って騒音の問題
を解決します。きっと、お一人お一人の「そうか!」をご提案差し上げます。


◆◇◆〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓◆◇◆

       ☆ ★ ☆音のトリビア!☆ ★ ☆

☆自宅での1人カラオケやレコーディングに最適のダンボールで出来た個室☆

■ダンボール製の簡易防音室「だんぼっち」が登場しました。
11月下旬に発売です。
これは、バンダイナムコグループの株式会社VIBEによるダンボール製の簡易
防音室。PS3向け家庭用カラオケコンテンツ「JOYSOUND DIVE」のプロモーション
の一環として試作され、ユーザーの声を反映させて商品化に至ったとのこと。
開発は、明治30年創業の老舗ダンボールメーカー・神田産業株式会社が手がけて
います。

■最大の特徴はもちろん、素材にダンボールを使用したことで、通常の防音室と
比較して安価で販売することが可能な点。また、軽量で組み立て/分解/処分も
容易であることも個人向け商品としては大きな利点です。
なお、防音性能は「だんぼっち」の外壁から1m離れたところで平均約-30dbの
防音効果だそうで、「だんぼっち」内の音の大きさを90db=カラオケを歌って
いる室内と同レベルと仮定すると、1m離れたところでの音の大きさは60db=普通
の会話レベルとなります。
いままで勉強したことを思い出していただくと、だいたいどのくらいか察しが
つきますでしょうか。

■想定利用シーンは、自宅での1人カラオケ、ゲームなどのボイスチャット、
自主制作動画のレコーディング、ホームシアターなど。サイズは 1,100×800×
1,600mm。付属品は、換気口(天井)、ケーブルを通すためのサービスホール、
耐荷重15kgのテーブル。販売ルートはインター ネット通販で、価格は59,800円。
このお値段、高いか安いかはあなたの使い方次第!
うー、使ってみたい!どなたかお試しになって~!


◆◇◆〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓◆◇◆

だんだんお天気の日が増えてきて天が高くなってきた~!
そう、なんとかが肥えるのよ。えっと、豚!じゃなくて牛!じゃなくて…誰?
そーよ、あたしが太るのよ!
だって仕方ないじゃない。
美味しいものがたくさん生ったり獲れたりするんだもの。
大丈夫、もっと寒くなったら体が蓄えた脂肪を燃焼させて温めてくれるわ。
ほら、熊だって食べ込んで冬眠するじゃない。
だから、大丈夫!と、いつの間にか熊と一緒になってる音美でした。


〇-----------〇------------〇-----------〇-----------〇-----------〇

当環境スペースは数多い施工例と常に最新の技術 革新をもってみなさまの
ご要望にお答えしております。疑問点が少しでもあれば、とことん相談
なさってください。皆様の合点がいくまで、施 主様の夢を現実に近付ける
作業をして参ります。


音に関するご相談ご用命は、環境スペースま で!お待ちしています!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪◆◆◇◇ 防音室体験のご案内 ◇◇◆◆♪

「防音室って実際はどれくらい防音できるの?」…という皆様のご要望に
お応えする機会をつくっております。それが、「防音の体験会」(参加費無料)
アップライトピアノを常時設置しておりますので、実際にピアノを弾いたり、
楽器をお持ち込みになって防音効果を実感してみてください。

◆会場:環境スペース株式会社 (東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F)
◆日時:毎日開催(土・日曜日も開催中!!)

1時間枠 1組となります。完全予約制ですので、ご都合の良い日、お時間を
予約フォームより確認の上ご予約下さい。
※ご予約はご希望日の3日前までにお願いいたします。

予約フォームはコチラ⇒ https://www.soundzone.jp/t_taiken
お電話03-5795-1215でもご予約いただけます。
時間帯:9:30~10:30/11:00~12:00/13:00~14:00 /
14:30~15:30/16:00~17:00/17:30~18:30
	
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無料見積・ご相談はウェブ又はお電話で受け付けております。
TEL:03-5795-1215      HP:https://www.soundzone.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆ 配信不要 ◆◇◆
今後配信が不要な場合はお手数をおかけ致しますが、下記アドレスまで
件名に「配信不要」とご入力頂き、ご返信をお願いいたします。
★件名が空欄ですと、迷惑メールとしてはじかれてしまう場合がありますので、
件名ご入力をお願い致します。
こちらから⇒ info@kankyospace.com

――――― Corporate info ― kankyo Space inc ―――――――――――――
環境スペース株式会社
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F
TEL:03-5795-1215   FAX:03-5795-1216
Mail:info@kankyospace.com
HP:https://www.soundzone.jp/
※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
――――――――――――――――――――― Sounds of Life ―――――――
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定の実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら