1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0214号

メルマガバックナンバー0214号

配信日:2014/4/16

「オーダーメイド防音室で、ワンランク上の音的♪生活を満喫しませんか?」

【防音・音響に関する疑問を解決します 音響分野の設計・施工】

音に関するトータルサイトはこちら⇒ https://www.soundzone.jp/
Facebookはこちら⇒ http://www.facebook.com/soundzone.jp
環境スペース株式会社のトータルサイトはこちら
⇒ http://www.kankyospace.com/


朝日住まいづくりフェア2014 ~日本最大級の住宅専門展示会~
2014年5月30日(金)~6月1日(日)の3日間、東京ビッグサイトにて開催。
環境スペースでは、今年も出展いたしますので是非、ご来場くださいませ♪
専門スタッフが常駐してますので、ご質問等なんでもご相談ください。
入場無料チケットをご希望の方は、HPのお申込みフォームから受け付けています!

入場無料チケットはこちらから⇒https://www.soundzone.jp/t_event

★☆★☆★☆★☆★☆★☆  今日のメニュー  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★                                  ★
★        ある分譲マンションの管理組合の場合         ★
★                                  ★
★                                  ★
★          ★☆  音のトピック  ☆★          ★
★                                  ★
★    エターナルヤング ジェフ・ベックの2014 ジャパンライブ    ★
★                                  ★
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
このメールは環境スペース株式会社のお客様、お取引様宛に送信しております。
不要の方は、お手数ですがメール後方の「配信不要」の欄をご参照下さい。
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…


♪◆◇◆◇◆◇◆◇ 音美の日々ビューティフルサウンズ ◇◆◇◆◇◆◇◆♪

こんにちは、音の専門家、環境スペースの音美です♪

マンションでの生活騒音トラブルは、毎日起こってますね。これはひとえに日本
のマンションは躯体や内装がちゃちなために起こること、個人の尊厳が根付いて
いるアメリカやヨーロッパ諸国は個人の空間作りもしっかりしていて日本みたい
に酷い騒音は無いわよ、なんてふつう考えてしまいますよね。
確かに欧米の住宅事情は日本のものと比べ、かなりしっかり作っていることは確か。
なにせ、築100年の物件を当たり前のように相応値段をつけ賃貸に出し、それを
借りて何十年も住む人がいるのですから。ただ、欧米での生活騒音が日本と比べ
て少ないのは、各個人の最低限の生活マナーが浸透しているところにもあるよう
です。集合住宅の歴史が長いヨーロッパなどの住宅に住んでみると、夜はシャワ
ーを浴びない、ドンドン歩かない、など言わずもがなという暗黙のルールが住
人全員に浸透しているように思えます。今回はそのあたりをサウンドチェーック!


■ □〓〓〓〓〓■ □〓〓〓〓〓〓■〓〓〓〓〓〓□ ■〓〓〓〓〓〓□ ■


■さて、今日のお話はそれと比較した日本のマンション管理組合の運営方針に
ついて。
賃貸はともかく、購入したマンションの管理は管理会社と、住民自身が作る管理
組合が行う二本立てが一般的です。そしてお住まいのマンションを天国にするも
地獄にするも、管理組合の力次第なんてことも言われています。管理会社は清掃
や補修はすれども、24時間そこで暮らす住人の気持ちを汲んでくれることはまず
ありません。あくまで仕事なのです。そこで管理組合の出番なのですが、これが
また骨の折れる「仕事」。


■騒音トラブルの一番困った現象は、騒音を受けている側は見えない相手にドン
ドン妄想を膨らませ、どうせこんなに騒音を出す奴だ、ロクな奴じゃないに違い
ない、と怒りを募らせ、方や騒音源の上階は、静かに暮らしてますよ、気を使っ
てますよ、これくらいは普通生活してたら出てしまうでしょう、という楽観的主
観で、玄関に張り紙がしてあっても、こんな人がいるんだー、うちじゃないなー、
とやり過ごしてしまうことが常です。

こんな状態では、ほっとけば行くところまで行くのは目に見えています。壁を蹴
ったり、怒鳴ったり、ドアを激しくノックするかもしれません。言われたほうも
自覚症状がないですから、なんであんたにそこまで言われなきゃならないんだ!
と苦情を言われた理由より先にその言いぐさが気に入らない、とばかりに反発す
ることもあるでしょう。そんな状況が発展し、ピアノ殺人事件(1974年8月28日)
や騒音おばさん(2007年4月 2審大阪高裁判決確定 )のような人の命に関わる
事件にまで大きくなるのは珍しいことではありません。


■生活騒音問題は、感情公害とも言われているように、壁越しの見えない相手に
じわじわとイライラや、非常識だ、相手にバカにされている、など実際にうるさ
いことのみならず、その原因を作り出す住人の人格にも敵意を抱き始めます。
しかし、これが知り合いや自分の子どもたちだったらどうでしょう。
同じ騒音でも、今日はまた元気だなあ、とかまた始まったな、とか相手の状況を
思い浮かべて理解しようとするのではないでしょうか。相手が誰で何をしてあん
な音を出しているか、という実態がブラックボックスのままでは、決して住民同
士の和解やマナー遵守の気持ちは生まれないでしょう。

そこで、冒頭お話しした管理組合の話ですが、例えばアメリカでは、地域住民が
管理組合のようにみなで持ち回りをして隣人同士のトラブルを調停するシステム
が存在します。しかもこの役を買って出た人は、一定の調停に関するトレーニン
グを受けてから事に当たります。単なる、まあまあお互い様なんだから、では済
まさないところが、人種の坩堝アメリカの懐の深い所ですね。

方や日本では長らく「長屋」など音が聞こえても当たり前、なんだいやけに今日
はうるせえじゃねえか、とか、俺っちも静かにしねえとな、と言う環境の中で集
団生活してきましたから、今よりはるかに譲り合いや忍耐の精神が熟成された社
会だったことでしょう。戦後しばらくは木造アパートも普通のこと、お互い様で
やり過ごせたところもあったでしょう。しかし、近年集合住宅と言えば鉄筋もし
くは鉄骨造が当たり前、その当時、不動産業者も欧米の個人主義がなんたるかも
理解せず、自分だけの空間ですよ、と安易に説明したばかりに、自分のわがまま
は個人主義、苦情を言われたらお互い様、と都合のいい手前勝手な個人主義が浸
透する羽目になったのです。そして果ては、事件が起こるか、そうなる前に警察
を呼んだり裁判に訴えたりとお互いの歩み寄りというプロセスが吹き飛んだ道筋
をたどることになるのです。


■とある管理組合は、お互いが歩み寄らなければ、最終的に裁判をすることになる、
何十万も弁護士に払って勝訴しても相手から取れるのはわずかな慰謝料、その後
も上下の関係は変わらず、関係性がよくなることは無いまま、お互いがここから
出ていくまでトラブルが絶えずに暮らすことになりますよ、と脅しも含め仲裁を
します。一見ショック療法的言い回しですがこれは事実です。
歩み寄りがない関係性に裁判の判決など正に絵にかいた餅です。
ならば、嫌々ながらも歩み寄ったほうが得策である、と判断してくれれば幸いです。
また、水際作戦も奨励しています。新規入居者に対し、近隣住戸への挨拶回り、
家族構成を話し、子供がうるさくするかも、夜遅く帰宅する、などこちらの事情
を知ってもらう、たまに会ったら積極的に挨拶をし、クレームが来た時は迅速に
対応をする、といったことを十分に周知してもらうのです。騒音源になる人ほど、
集合住宅暮らしは初めて、自分の出している音は大して響いていない、と思い込
みがちです。やはり最初が肝心、でしょう。


■お金を掛けたマンションに住めば、十分なスラブ厚があり、床材やサッシも高
性能な部材を利用し、騒音など気にしなくて済む生活が出来るでしょう。
ただし、そんなことを果たして地域住人の何人が実現できているかを考えれば、
お互いの心遣いがトラブルを避ける最良の方法であることは自明の理です。
そして、その心遣いを何倍にも有効にするお手伝いを、環境スペースがさせて頂
きます。うちから発生するこんな音を無くしたい、よそから来るあんな音を遮断
したい、その他どんなご相談にも、当社の豊富なノウハウで的確にお応えします。
どうぞお電話ください!


◆◇◆〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓◆◇◆


当環境スペースは数多い施工例と常に最新の技術革新をもってみなさまのご要望
にお答えしております。疑問点が少しでもあればとことん相談なさってください。
合点がいくまで、施主様の夢を現実に近付ける作業をして参ります。

★音に関するご相談ご用命は、環境スペースまで・・・お待ちしています!

環境スペース株式会社
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F
TEL:03-5795-1215   FAX:03-5795-1216
URL:https://www.soundzone.jp/


◆◇◆〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓◆◇◆

              音のトリビア!

☆ ★ ☆枯れないジェフ・ベックに陶酔する観客 予想外の69歳☆ ★ ☆

■神ワザのロックギタリスト、ジェフ・ベックが4年ぶりの来日ツアーを行いま
した。東京・NHKホール(4日)の客席は、“静かに”燃えていました…。
白いギターを手に現れたジェフは、1曲目から新曲の「LOADED」で攻めたてました。
重低音のデカい音と、女性ベーシスト、リンダ・スミスのパンチあるリズムが
絡み、枯れた境地など微塵もありません。来日に合わせて発売されたミニアル
バム「YOSOGAI」に収録された、まさに予想外に若い前菜でした。


■ジェフは6月で70歳。ジミー・ペイジ(70)、エリック・クラプトン(69)と
共に3大ギタリストといわれて久しいですが、インストゥルメンタル主体のジェフ
は、一番年を感じさせません。エレキのボリュームつまみを微妙にコントロール
しながら、バイオリンのように繊細な音を出すボリューム奏法も繰り出しながら、
「哀しみの恋人たち」「ブ ルー・ウィンド」「レッド・ブーツ」といった代表曲
や甘い「ダニー・ボーイ」などで、圧倒的なテクニックを披露していきます。
まさに現役バリバリトップギタリストです。


■オーストラリア、韓国、欧州各国へと続くワールドツアーの初っぱなに日本を
選んだのは、客層にも関係があります。
「日本人は、ひとつひとつのプレイにきちんと耳を傾けてくれる」周囲にそう話
しているそうです。
ホールは、NHK交響楽団の定期演奏会と同じくらい静かでしたが、1曲終わるごと
にバンドを包み込むような歓声が沸き上がりました。
今夏リリース予定のアルバムに収録されるとみられる未発表曲3曲を含む、全20曲、
約2時間のステージで、観客が総立ちになったのはアンコール場面だけ。
聴くライブの満足度は高いです。


■昔、ギターやってた友人が、ジェフ・ベックは歳取らないよ!このジャケット
見てみ!と見せてくれたのが「Who Else !」のジャケットでした。
そのアルバムから10年以上たったこの「YOSOGAI」でも、しわこそ増えたものの、
プレイはまったく衰えを見せない、ギターの爆発的パワーを見せつけてくれたよ
うです。ああ、久しぶりに買っちゃおうかなあ、ギターの神を垣間見るために。


◆◇◆〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓◆◇◆


んーむ、なかなかのものだったわよ、飛鳥山の桜。まだ満開の桜の樹もあって、
持って行ったイカクンとタラチーズでチューハイが進んだわ。
そして程よく酔いが回った頃、ガード脇の赤ちょうちんの暖簾をくぐると、
焼き鳥のいい匂いがしてこれがまた熱燗が進むのよ!と、結局桜の綺麗に咲き
誇るレポートよりも、如何に美味しい酒を飲んだかの報告にどうしてもなって
しまう音美でした。…ひとり酒は、寂しいわ…。


〇-----------〇------------〇-----------〇-----------〇-----------〇

当環境スペースは数多い施工例と常に最新の技術革新をもってみなさまの
ご要望にお答えしております。
疑問点が少しでもあれば、とことん相談なさってください。
皆様の合点がいくまで、施 主様の夢を現実に近付ける作業をして参ります。


音に関するご相談ご用命は、環境スペースまで!お待ちしています!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪◆◆◇◇ 防音室体験のご案内 ◇◇◆◆♪

「防音室って実際はどれくらい防音できるの?」…という皆様のご要望に
お応えする機会をつくっております。それが、「防音の体験会」(参加費無料)
アップライトピアノを常時設置しておりますので、実際にピアノを弾いたり、
楽器をお持ち込みになって防音効果を実感してみてください。

◆会場:環境スペース株式会社 (東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F)
◆日時:毎日開催(土・日曜日も開催中!!)

1時間枠 1組となります。完全予約制ですので、ご都合の良い日、お時間を
予約フォームより確認の上ご予約下さい。
※ご予約はご希望日の3日前までにお願いいたします。

予約フォームはコチラ⇒ https://www.soundzone.jp/t_taiken
お電話:03-5795-1215でもご予約いただけます。
時間帯:9:30~10:30 / 11:00~12:00 / 13:00~14:00 /
14:30~15:30 / 16:00~17:00 / 17:30~18:30
	
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無料見積・ご相談はウェブ又はお電話で受け付けております。
TEL:03-5795-1215      HP:https://www.soundzone.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆ 配信不要 ◆◇◆
今後配信が不要な場合はお手数をおかけ致しますが、下記アドレスまで
件名に「配信不要」とご入力頂き、ご返信をお願いいたします。
★件名が空欄ですと、迷惑メールとしてはじかれてしまう場合がありますので、
件名ご入力をお願い致します。
こちらから⇒ info@kankyospace.com

――――― Corporate info ― kankyo Space inc ―――――――――――――
環境スペース株式会社
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F
TEL:03-5795-1215   FAX:03-5795-1216
Mail:info@kankyospace.com
HP:https://www.soundzone.jp/
Facebook:http://www.facebook.com/soundzone.jp

※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
――――――――――――――――――――― Sounds of Life ―――――――
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定の実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら