1. 防音工事トップ
  2. » メルマガバックナンバー0225号

メルマガバックナンバー0225号

配信日:2014/10/15

「オーダーメイド防音室で、ワンランク上の音的♪生活を満喫しませんか?」

【防音・音響に関する疑問を解決します 音響分野の設計・施工】

音に関するトータルサイトはこちら ⇒ https://www.soundzone.jp/
Facebook ⇒ http://www.facebook.com/soundzone.jp
twitter ⇒ https://twitter.com/kankyospace
環境スペース株式会社のトータルサイトはこちら
⇒ http://www.kankyospace.com/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆  今日のメニュー  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★                                  ★
★   実際の症状があるのに測定されない低周波音騒音とは?【#2】   ★
★                                  ★
★                                  ★
★          ★☆ 音のトピック ☆★            ★
★                                  ★
★    ドリフトが音を奏でる~DJとスポーツカーのコラボMV登場!   ★
★                                  ★
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
このメールは環境スペース株式会社のお客様、お取引様宛に送信しております。
不要の方は、お手数ですがメール後方の「配信不要」の欄をご参照下さい。
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…


♪◆◇◆◇◆◇◆◇ 音美の日々ビューティフルサウンズ ◇◆◇◆◇◆◇◆♪

こんにちは、音の専門家、環境スペースの音美です♪

低周波音騒音について考察するシリーズ第二回。前回は、低周波音の原因、測定
の難しさを解説しましたが、今回はさらに行政の対応その解決方法等を探ります。
思いもしなかったメリヤス工場から発生する低周波音、それに苦しむ隣接住民の
苦痛は取り除かれるのか。今回はその辺を、サウンドチェーック!


■ □〓〓〓〓〓■ □〓〓〓〓〓〓■〓〓〓〓〓〓□ ■〓〓〓〓〓〓□ ■


■前回では、NKHの取材で低周波音の原因がメリヤス工場のコンプレッサー室から
出ていたことを突き止めました。
さて、その後専門家の西脇教授は、低周波音の測定機器を購入し、隣家の居間など
で何度も測定をしたのですが、最高でも16Hz60デシベルを超えることはありません
でした。住民の訴えは主に自律神経失調症と同様の不定愁訴
(「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」、「よく眠れない」
などの、何となく体調が悪いという自覚症状を訴えるが、検査をしても原因とな
る病気が見つからない状態を指す)でしたが、メリヤス工場からの騒音が原因な
ので音について尋ねてみると、音はもちろん聞こえている、それがやかましいと
いう程のものではない、という状態でした。
そこで、隣家で60デシベルありこれだけ苦しんでいるのだから、80デシベル近い
工場内の労働者はもっと苦しいに違いないと調査したものの、これと言って著し
い症状は見受けられませんでした。


■そうした現象はごく当たり前の発現でした。簡単に言えば、その現場となって
いる住居に住む住民は寝起きをし、食事をし安らぐ場所である、労働者は職務と
してそこにいるため、ある種緊張感を持ちしかも8時~5時など決まった時間しか
いないため騒音にも耐えられる、というものです。

・労働者は健康診断を経た健康者である。住民には病人も弱者もいる。
・労働者は職場を選べる。住民は被害が発生しても簡単に住居を代えることはで
 きない。
・労働の場は交感神経緊張の状況。家庭は副交感神経緊張の休養の場。
・労働者は基本的に8時間勤務、休日あり。住民は24時間年中在住。
・労働者は職場から給与を貰っている。住民は生活費を支出する側。

と言った当たり前な違いが、改めて確認されました。


■普通の音は反射・吸収が顕著で透過は少ない。防音壁が有効な理由です。
ところが低周波音つまり周波数が低いほど、反射・吸収が少なく、透過しやすく
なります。つまり、防音壁の効果があまりないのです。
そして更に、工場内は低周波音もかなりありますが、騒音は更に大きいのです。
この騒音が低周波音被害をマスクするとみられています。いわゆるマスキング効
果です。
隣家では低周波音も当然いくらか減弱はしますが、騒音ははるかに顕著に減弱し
ます。その結果、相対的に低周波音が大きくなることになり、他方それをマスク
してくれる騒音が弱いため、低周波音被害が表面化すると考えられます。
むしろ、そう考えなければこの現実は説明できません。
このことは、防音壁が騒音を低下させながら、低周波音被害をかえって悪化させ
る理由でもあります。単純な騒音被害と考えて防音壁対策をして被害を悪化させ
るだけでなく、これほど対策をしたのにまだクレームを付けるのかと苛立つ音源
側と、ちっとも有効な対応をしてくれないと不満を募らせる被害者側と、両者の
関係がさらに悪化する原因にもなり得ます。


■公害を法律で規制するためには、基準が必要というのが常識です。
騒音には騒音基準が設定されました。基準以上なら違反として行政は対応します。
しかし、基準以下なら対応しない、それが行政です。つまりこの低周波音騒音は、
騒音基準には満たないが明らかに健康被害があるという厄介なものでした。
さて、基準もなく経験も少ないその当時、このメリヤス公害がマスコミに大きく
報道されては、和歌山県としても動かないわけには行きませんでした。
実は和歌山県では1967年頃から住友金属工業(株)和歌山製鉄所の転炉や各種送
風機、空気圧縮器などの低周波音が周辺住民に被害を与えていることが問題にな
っていて、「特殊振動」と呼ばれていました。
その測定には西脇先生も関与しましたが、和歌山県自身もその測定器を当時既に
所有していました。メリヤス公害が低周波音被害だと報道された1975年11月、
県は隣家の居間で測定をしたところ

16ヘルツについて、
  全機フル稼働   48デシベル
  全機停止     44デシベル

という結果を得、その差わずかに4デシベルであるとしました。
そして「これが頭痛・吐き気等の原因になるとは考えにくい」と早々に記者発表
しました。こんなに苦しいのに原因否定とはどういうことか。
住民たちは県に猛抗議しました。そこで県は半年後、同じ居間に測定器を設定し、
1週間の間不快だと思う時に任意にスイッチを押すという測定法を取ることにし
ました。
その測定結果は測定から30年の間、遂に住民には知らされませんでしたが、その
年の翌年の県公害白書にはちゃんと記載されており、最高16ヘルツ・60デシベル
であったというのですから、県の言う全機フル稼働48デシベルも当てにならない
という見解も納得のいくものでした。


■こんな不始末を再び繰り返さないためにも、行政は基準を望むでしょうし、
被害住民も、いつまでも解決されないのは基準がないからだと思い至るでしょう。
しかし、メリヤス公害について考えれば、工場内・78デシベル・被害なし。
隣家・60デシベル以下・被害あり。だからと言って間を取って、65デシベルを基
準にしたらいいかと言えば、65デシベル以上は被害を認め、65デシベル以下は認
めない、こんな根拠のない基準など考えられるのでしょうか。
他の公害と違って、低周波音被害には一般の化学物質の場合のような基準など考
えにくいのです。


■被害はあるのに数値で出てこない被害には動かいな行政。
では、一体どのように基準値を決めたらいいのでしょうか。
被害者の苦痛は取り除かれるのでしょうか。
次号はこのメリヤス公害訴訟、その決着の仕方を追います。


◆◇◆〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓◆◇◆


当環境スペースは数多い施工例と常に最新の技術革新をもってみなさまのご要望
にお答えしております。疑問点が少しでもあればとことん相談なさってください。
合点がいくまで、施主様の夢を現実に近付ける作業をして参ります。

★音に関するご相談ご用命は、環境スペースまで・・・お待ちしています!

環境スペース株式会社
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F
TEL:03-5795-1215   FAX:03-5795-1216
URL:https://www.soundzone.jp/


◆◇◆〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓◆◇◆

              音のトリビア!

  ☆★☆車が音を奏でる?トヨタの異色コラボMVが公開中!☆★☆

■トヨタのAE86といえば、漫画『頭文字D』やゲームなどによく登場するので、
車に興味がなくても聞いたことはあるという人もいるかもしれません。
2012年より新たなトヨタ・86が販売されていますが、この86とG’s MARK Xが登場
し、さらにDJのターンテーブルの上で回されているかのようなミュージック・ビ
デオが公開されています。


■今回公開されたこのミュージック・ビデオは「Party in the Car」というタイ
トル。初音ミクの音楽クリエイターとしても知られるkzがDJで、ボーカルはタレ
ント・アーティストのIMALU。ビッグネームが並びますが、kzだけでなく2台の車
も曲を奏でているのがこの曲のすごいところ。どういうことかというと、車の走
行をセンサーで捉えて音楽に変換できる「DRIFT TURN TABLE」という技術が使わ
れているのです。そこでは、車体を左右に振りながら走行するのに合わせて音が
鳴り、さらにプロジェクションマッピングによって、まるで車がDJのターンテー
ブルの上に乗せられたかのようにドーナツ・ターンを行うシーンが収められてい
ます。


■9月27~28日に“ULTRA JAPAN 2014”というフェスが開催されました。
これは、アメリカで行われている世界最大級のダンス・ミュージックのフェス
“ULTRA MUSIC FESTIVAL”の日本版。
動画に登場しているkzも出演し、ULTRA JAPANの協賛をトヨタが務めたことにより
この動画の制作が実現したのです。
kzは今回の音楽・動画制作に「かつてない車とのコラボレーションというアイデ
アに興奮した。ダンス・ミュージック、ドライビング、そしてデジタルテクノロ
ジーの融合という新しいエンターテイメントの可能性を示すプロジェクトになっ
たと思う」とコメント。
映像から、音楽と車の未来も感じられるのではないでしょうか。


◆◇◆〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓■〇■〓〓〓〓〓□●□〓〓〓〓〓◆◇◆


皆既月食見ました?その直後のスーパー台風。凄かったですね。
大丈夫でしたか?屋根とか飛びませんでした?
最近は、いつものこと、とは聞き流せないことが多すぎますね。
昔から天体ショーがあるとき、不吉なことありといいます。
確かにあったのよ、不吉なことが。10個買ってきたはずのお団子、お月様が完全
に消えてから顔を出し始める間に…。団子の数が減ってたんだろって?
どうせあたしが食べたんだろって?
ちょっと!あたしが数え間違えてたのよ!
でも、その後全部食べるのに5分とかからなかったことを内緒にする音美でした。
美味しかったんだもん♪


〇-----------〇------------〇-----------〇-----------〇-----------〇

当環境スペースは数多い施工例と常に最新の技術革新をもってみなさまの
ご要望にお答えしております。
疑問点が少しでもあれば、とことん相談なさってください。
皆様の合点がいくまで、施 主様の夢を現実に近付ける作業をして参ります。


音に関するご相談ご用命は、環境スペースまで!お待ちしています!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪◆◆◇◇ 防音室体験のご案内 ◇◇◆◆♪

「防音室って実際はどれくらい防音できるの?」…という皆様のご要望に
お応えする機会をつくっております。それが、「防音の体験会」(参加費無料)
アップライトピアノを常時設置しておりますので、実際にピアノを弾いたり、
楽器をお持ち込みになって防音効果を実感してみてください。

◆会場:環境スペース株式会社 (東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F)
◆日時:毎日開催(土・日曜日も開催中!!)

1時間枠 1組となります。完全予約制ですので、ご都合の良い日、お時間を
予約フォームより確認の上ご予約下さい。
※ご予約はご希望日の3日前までにお願いいたします。

予約フォームはコチラ⇒ https://www.soundzone.jp/t_taiken
お電話:03-5795-1215でもご予約いただけます。
時間帯:9:30~10:30 / 11:00~12:00 / 13:00~14:00 /
14:30~15:30 / 16:00~17:00 / 17:30~18:30
	
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無料見積・ご相談はウェブ又はお電話で受け付けております。
TEL:03-5795-1215      HP:https://www.soundzone.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆ 配信不要 ◆◇◆
今後配信が不要な場合はお手数をおかけ致しますが、下記アドレスまで
件名に「配信不要」とご入力頂き、ご返信をお願いいたします。
★件名が空欄ですと、迷惑メールとしてはじかれてしまう場合がありますので、
件名ご入力をお願い致します。
こちらから⇒ info@kankyospace.com

――――― Corporate info ― kankyo Space inc ―――――――――――――
環境スペース株式会社
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル3F
TEL:03-5795-1215   FAX:03-5795-1216
Mail:info@kankyospace.com
HP:https://www.soundzone.jp/
Facebook:http://www.facebook.com/soundzone.jp
twitter:https://twitter.com/kankyospace

※当マガジンに掲載された記事を許可無く転載・配布する事を禁じます。
――――――――――――――――――――― Sounds of Life ―――――――
		
 
▲ Page Top

防音室・防音工事のお問い合せ

お電話でのお問合わせ

とりあえず情報収集がしたい方

具体的に相談がしたい方

建築ワーク.comへのリンク
防音体験ルーム
防音体験ルーム 環境スペースでは、防音室をご検討いただいている方に防音室の防音性能を試していただける防音体験ルームをご用意しております。防音性能、音の響き、室内のデザイン等、実際に防音室をご覧いただき、防音室を造るときのご参考になさってください。
  • 防音体験ルーム詳細はこちら
施工実績一覧
施工実績 これまで、環境スペースにて数多く対応させていただいた防音工事、音響測定の実績を、ほんの一部ですが、ご紹介いたします。
  • 施工実績一覧はこちら
資料ダウンロード
資料ダウンロード 防音室を制作するときのノウハウ集をウェブ上でダウンロードしてご覧いただけます。防音室、音に関する理解を深めるためにご利用ください。
  • 資料ダウンロード詳細はこちら
デザインコレクション
デザインコレクション 環境スペースの自慢のデザイナーが制作したデザイン集をご覧いただけます。ご自身の防音室の内装をご検討いただくときにご参考になさってください。
  • デザインコレクション
メールマガジン
メールマガジン 毎月、最新の防音室に関する情報、音に関する豆知識、環境スペースのトピックス・ご案内等をメールでお届け。
  • メールマガジンの詳細はこちら
  • メールマガジン・バックナンバー
イベント情報
イベントイメージ画像 環境スペースでは、防音室の完成見学会、勉強会等のイベントを開催しております。あなたの防音室づくりの悩みや不安を解消して、理解をより深めていただくためにご活用ください。
  • イベント詳細はこちら
防音の豆知識
防音室の基礎知識 防音室を制作する上で、最低限、理解していただきたい情報を豆知識としてまとめさせていただきました。防音室を考えるときに気を付ける事、注意するポイントをご覧いただけます。
  • 防音の豆知識の詳細はこちら
  • 音の辞典・音に関するマメ知識
soundzone blog
soundzone blog
  • ブログ一覧はこちら