• ピアノ室 I様

お客様データ概要

お客様名ピアノ室 I様
用途ピアノ室
広さ7.5畳
施工日数約2週間
施工エリア神奈川県

防音室を作ったきっかけ

一家揃って楽器演奏が趣味というI様ファミリー。親子3人で、グランドピアノ、シンセサイザー、バイオリンを演奏なさっており、以前から、引越ししたらご近所に気兼ねなくセッションを楽しみたいと考えていらっしゃいましたので、マンションご購入のタイミングで防音室を造ろうと決心されました。

お客様の要望

お客様の要望

引越す前は消音ピアノで演奏されていた奥様。夜でもご近所に気兼ねなくグランドピアノを演奏できるくらいの防音性能をご希望でした。
7.5畳のお部屋を防音室に改装しようと決めたのですが、四角形の部屋ではなく、梁も複雑に通っているため、どうしたらお部屋のスペースを無駄なく使えるかお悩みでした。
また、全体の収納が少ないので室内にあるクローゼットは潰さずにそのまま使いたい、というご要望もありました。

解決方法

オーダーメイドで施工するため、複雑な部屋や梁の形状にも問題無く対応。無駄なデッドスペースを作ることなくお部屋全体を丸ごと防音室にすることができました。そのため、クローゼットを潰さなくても十分な広さが確保できました。
お好みのインテリアで防音室での生活を楽しめるよう、吊下げ式のライトもご提案。もともと天井が高いお部屋でしたので、グランドピアノの屋根を全開にしてもぶつからず、圧迫感もないお部屋に仕上がりました。

ご成約

ご成約

様々な角度・視点からご提案をさせていただき、
お客様のご要望通りのデザイン・性能でご成約となりました。

施工開始

施工中の様子
※クリックで画像の全体を表示できます

  • 浮遮音層工事(床)

    浮遮音層工事(床)

    マンションの躯体から床を浮かせた構造(浮き床)にするため、防振ゴムを設置します。間隔や数量は細かく計算されています。ピアノのペダルを踏み込む振動などに効果があります。

  • 浮遮音層工事(天井)

    浮遮音層工事(天井)

    マンションの躯体から浮かせた構造にするため、既存の天井から防振ゴムのついた金具で浮き構造を吊っていきます。この防振材があることによって、外部への音漏れを防ぎます。

  • 浮遮音層工事(壁)

    浮遮音層工事(壁)

    躯体の壁から離した構造にするため、LGS(Light Gauge Steel 軽量鉄骨)で下地を立てていきます。この下地を基に、吸音材や遮音効果のある石膏ボードを貼っていきます。

竣工時測定報告書(サンプル)

  • 竣工時測定報告書サンプル1
  • 竣工時測定報告書サンプル2
  • 竣工時測定報告書サンプル3
  • 竣工時測定報告書サンプル4
  • 竣工時測定報告書サンプル5

施工担当者からのコメント

施工担当者からのコメント

(写真はイメージです)
完成後のマンションに防音工事をする場合、一部を解体する必要があるため日数がかかってしまうことがあります。また、工事の際に大きな音が出る工程もありますが、事前に近隣の方へのご説明なども行い、普段の生活におじゃまにならないように進めてまいります。