防音室をご検討の皆さま。

防音室ができるまでには、どんなプロセスを踏むの?
期間はどのくらいかかるの?

など、気になりますよね。

今回は、お問い合わせをいただいてからお客様に快適な音楽空間でお過ごしいただけるようになるまでの標準的なプロセスを簡単にご説明いたします。

■お問い合わせ

WEB問い合わせフォームお電話でお問い合わせを承っています。
工務店様やハウスメーカー様、楽器店様経由でご相談をいただくこともございます。

■状況のヒアリング

お電話にて、状況のヒアリングを行います。

・お客様の主なお悩みやご要望
 (音がクレームになっている、深夜でも気兼ねなく音を出したいなど)
・演奏する楽器や演奏方法
・用途(練習、レッスン、ライブ、コンサート、レコーディングなど)
・建物の状態(新築・既築、マンション・戸建て、部屋の間取り、建築構造など)
・周辺環境
・ご予算 その他設備上のご要望
・工事期間 完成予定時期のご要望

■現地調査、音響測定

現場にお伺いし、実際に状態を拝見させていただきます。
個々の状況に応じた遮音プランニングのため、音の測定を行います。
(音源のレベルや暗騒音や周辺の調査など)

測定について詳しくはこちら→https://www.soundzone.jp/service_kenchiku

■お打合せ

現地調査を踏まえ、お客様のご要望やご予算等との兼ね合いで、

どのような防音室を施工するかお打合せを行います。

求める遮音性能や、内装デザインについてもお打合せいたします。

 

■ご提案

現地調査での測定結果とお打合せの内容を反映し、実際のプランをご提案します。
図面を作成しご覧いただきますが、場合によりパースや模型でお見せすることもございます。

■お見積り

ご提案に基づき、費用概算のお見積りをご提出いたします。
ご契約のご判断をいただきます。

■ご契約

ご契約いただき、ありがとうございます!

夢の音楽空間実現のために尽力させていただきます。

■基本設計 



・用途に合わせた部屋の機能や照明などの計画
・遮音や空調などの計画
・部屋のコンセプトに合わせたデザイン
などを踏まえ、主な部屋の形状や配置を設計図に起こします。

■実施設計

基本設計プランに基づいて、より細かな遮音仕様や内装材料(色・柄も含む)等
細かい部分まで設計していきます。

■施工前打ち合わせ

お客様に、工事の詳細内容をご説明いたします。

■施工



搬入経路を養生し、部屋の解体を行います(必要な場合)。
床、壁、天井、建具などの施工を実施いたします。
施工中もお客様に現場の確認をしていただきます。
施工期間の目安は下記の通りです。
・個人宅 ピアノ室 約2週間~
・個人宅 ホームシアター、オーディオルーム 約3週間~
・プロユース ドラム室  約3週間~
・プロユース ライブハウス、レコーディングスタジオ 約4週間~
etc…

■完成、音響測定



施工が完了し、防音室が完成します。
完成後に、当初想定していた遮音性能が実現できているか、音響測定を行います。

■お引き渡し



ここで、いよいよお客様に快適な空間で音楽をお楽しみいただけるようになります!

■アフターフォロー

1年後の定期点検を実施しています。
その他、気になる点などございましたらいつでもお電話等でご相談に乗ります
追加工事等のご要望にも対応いたします。


以上が環境スペースでの防音工事の流れです。
施工のイメージのご参考になりましたでしょうか。
o;?