カラオケ・ボーカルスタジオの防音工事・防音室・費用・対策のことなら環境スペースにお任せ|サウンドゾーン

カラオケ・ボーカルスタジオの防音工事

カラオケ・ボーカル

カラオケルームを作る場合に最も重要なことは、近隣、外部施設に迷惑をかけず、快適に歌える空間を実現させることです。

近年、専門家に相談せずに設計・建築されたカラオケ施設からの苦情処理が多く、後から改修されているところも少なくありません。

開業後の改修では、コストがかかるだけではなく、十分な対策が出来ない場合もあります。

環境スペースでは、一般家庭から商用施設のカラオケルームまで、防音・居住性を重視。

プロ用スタジオ設計の技術と、店舗設計のデザイン性を生かしたカラオケルームから、ロビー、フロント等の空間まで、使いやすく快適な環境をデザインいたします。

カラオケルームに求められる音響条件

カラオケルームに求められる音響条件

1. 遮音・防振設計

遮音は、部屋から室外へ漏れていく音と室外から侵入してくる音の両面から考えますが、カラオケルームの場合は室内で出す音が隣接する部屋や隣戸に迷惑にならないようにすることが重要です。

また、幾つかのカラオケルームが隣接する場合も、隣の部屋に影響しないような遮音設計が必要です。

部屋の遮音性能は、D値という等級で評価されますが、D値と聞こえ方はおおよそ下記表のような関係になっています。

外部の状況、隣室の使用条件により必要な遮音性能は変わりますが、おおよその目標値を次ページに示します。

■遮音等級と聞こえの関係

遮音等級 D-65 D-60 D-55 D-50 D-45 D-40 D-35 D-30 D-25 D-20 D-15
カラオケルーム 通常で
は聞こ
えない
ほとん
ど聞こ
えない
かすか
に聞こ
える
小さく
聞こえ
かなり
聞こえ
曲がハ
ッキリ
分かる
よく聞
こえる
大変良
く聞こ
える
うるさ
かなり
うるさ
大変う
るさい
※↑の表は横スクロールできます。

「建築物の遮音性能基準と設計指針」日本建築学会より

●一般家庭のカラオケルーム

カラオケルームの隣室 目標値
他人の家(居間・台所 etc…) D-60~65
他人の家(寝室・居室) D65~70
外部 D-55~65
自分の家(居間・台所 etc…) D-30~55
自分の家(寝室・居室) D-60~70
一般家庭の中のカラオケルーム

●商業施設のカラオケルーム

カラオケルームの隣室 目標値
外部 D-55~65
隣接する施設 D60~70
カラオケルーム D-50~60
通路 D-30~40
ロビー・フロント D-30~50
商業施設の中のカラオケルーム

遮音設計では、直接音だけでなく、壁・床・天井に入射した音が物体内を伝搬し隣室に放射する音(固体伝搬音)があるため遮音・防振構造(浮遮音層)が必要となります。

カラオケルーム同士のクロストークは、性能が悪い場合、お互い競争でボリュームをあげたり騒いだりして、近隣のトラブルに発展する可能性もありますので設計には十分注意が必要です。

商業施設の中のカラオケルーム

カラオケルームの良い室内環境をつくりだすために、室内の静かさが必要となります。

外部からの騒音及び内部の設備騒音です。内部の設備騒音の目標は下記に示す表よりNC-25~35程度になります。

また、外部騒音は、特に隣室がカラオケルームである場合、となりの部屋の音が邪魔になり、静かなバラードが歌えないなど問題となる場合もあり注意が必要です。

用途別室内騒音の許容値

2. 室内音響設計

(1)室内の響き(残響時間)

「響き」は、音楽に豊かさや暖かみを与えますが、響きすぎると歌いずらく、マイクのハウリングなどの原因にもなります。

また、拡声器を使用しマイクにエコーなどをかけ気持ちよく歌うには、室内の残響時間は、できるだけ短いほうが良いと思われます。

また、当社の吊下げ式音響調整パネルKSApanelを使えば、自らお好みの響きに調整できます。

響きすぎて困っている、ハウリングで音量が上げられず困っている場合も現状の仕上げをいじらずに音響調整ができます。

※設置にあたり補強が必要な場合もございますので、KSApanel単品での販売はできかねます。測定や工事と併せてお申し込みください

KSAパネル

(2)音響障害の防止

歌いやすく、快適な音空間を実現するためには、“響き”だけではなく、音質を悪くする反射音を無くすことが必要です。
特に、平行する大きな反射面がある場合は、音響障害となりますので対策が必要となります。

■平行する大きな反射面の対策

拡散処理(形状変形) 部屋の形状を変形する拡散体を取り付ける
吸音処理 内装仕上げを吸音構造にする吸音パネルを取り付ける

3.自宅でできる防音対策3選

ここ最近コロナ渦の影響により、自宅でのカラオケ需要が増えています。

近所に騒音が響き渡らないよう、自宅で簡単にできる防音対策3選を紹介します。

  • ・遮音シートと吸音材
  • ・防音マイク
  • ・防音テープ

遮音シートと吸音材

遮音シートや吸音材を壁に貼ることで、音が外部に漏れるのを防ぎます。

それぞれの価格帯は、以下の通りです。

  • 遮音シート : 3,000~10,000円
  • 吸音材 : 3,000~13,000円

片方のみだと防音効果が半減してしまいます。

両方とも貼ることをオススメします。

防音マイク

マイクの周りに防音用のカップを取り付けられます。

カップは取り外し可能で、通常のマイクとしてもお使いいただけます。

ただし、基本的にイヤホン・ヘッドフォンの使用が前提になりますので、使用感は好みが分かれるかもしれません。

防音マイクの価格帯は、5,000円~10,000円ほどになっています。

防音テープ

ドアや窓の隙間に貼ることで、隙間からの音漏れ軽減します。

しかし防音テープのみでは、十分な防音対策とはなりません。

別の防音対策と組み合わせて、お使いください。

防音テープの価格帯は、300~600円ほどになっています。

以上が自宅で簡単にできる防音対策になります。

いずれの場合も、あくまで簡易的な対策であって、大音量でカラオケを楽しみたい場合は不十分な方法です。

大音量でのカラオケをするなら、防音室をご検討ください。

4.防音体験ルームのご紹介

弊社には防音体験のできるショールームがございます。

防音効果を確かめてみたい方や、検討されている方は、下記のボタンからお申し込みください。



防音工事の施工事例・お客様の声を見る

施工事例

防音工事の施工事例

環境スペースで防音工事の設計・施工させていただいた施工事例をご紹介します。

お客様の声

防音工事のお客様の声

環境スペースで防音工事の設計・施工させていただいたお客様のお喜びの声をご紹介します。

防音体験ルームのご紹介