ダンススタジオの防音工事

ダンススタジオ
ダンススタジオを作る場合に最も重要なことは、近隣、外部施設に迷惑をかけず使用できる、快適な空間を実現させることです。近年、専門家に相談せずに設計・建築された施設からの苦情処理が多く、後から改修されているところも少なくありません。開業後の改修では、コストがかかるだけではなく、十分な対策が出来ない場合もあります。 工事期間中の使用もできなくなり大損害となる場合もあります。また、市販のダンス用、体育館用システム床を使用する場合、使用方法を間違えると現在のスラブより性能が低下し問題となる可能性もありますので十分な注意が必要です。
環境スペースでは、プロ用スタジオ設計の技術と店舗設計のデザイン性を生かし、防音・防振を重視したダンススタジオの設計から、ロビー、フロント等の空間まで使いやすく、快適な環境をデザインいたします。

ダンススタジオに求められる音響条件

ダンススタジオに求められる音響条件

1. 遮音・防振設計

遮音は、部屋から室外へ漏れていく音と室外から侵入してくる音の両面 から考えますが、ダンススタジオの場合は室内で出す音や床の振動が隣接する部屋や隣戸に迷惑にならないようにすることが重要です。空気伝播音は、D値、床衝撃音は、L値という等級で評価されますが、D値、L値と聞こえ方の関係はおおよそ下表のようになっています。外部の状況、隣室の使用条件により必要な遮音性能は変わりますが、おおよその目標値はD-55~65、L-10~L-30となります。

■遮音等級と聞こえの関係

遮音等級 D-65 D-60 D-55 D-50 D-45 D-40 D-35 D-30 D-25 D-20 D-15
ダンススタジオ 通常で
は聞こ
えない
ほとん
ど聞こ
えない
かすか
に聞こ
える
小さく
聞こえ
かなり
聞こえ
曲がハ
ッキリ
分かる
よく聞
こえる
大変良
く聞こ
える
うるさ
かなり
うるさ
大変う
るさい
※↑の表は横スクロールできます。

■床衝撃音

遮音等級と聞こえの関係

「建築物の遮音性能基準と設計指針」日本建築学会より

ダンススタジオでは、振動を伝搬させないような床の防振構造が必要不可欠となります。 また、壁・天井に入射した音が物体内を伝搬し隣室に放射する音(固体伝搬音)があるため壁・天井の遮音・防振構造(浮遮音層)が必ず必要となります。
苦情の多いダンススタジオでは、防振構造が無いところが非常に多く問題となっています。たとえば、地下室につくるので壁の遮音層はいらないと考えがちなのですが、それが致命傷になってしまう場合があります。また、市販のダンス用、体育館用システム床を使用する場合、使用方法を間違えると現在のスラブより性能が低下し問題となる可能性もありますので十分な注意が必要です。

室内環境

ダンススタジオで良い室内環境をつくりだすためには、室内の静かさが必要となります。そのためには外部からの騒音及び内部の設備騒音を防ぐことです。内部の設備騒音の目標は下記に示す表よりNC-25~35程度になります。また、外部騒音は、建設場所の事前調査が必要となります。

■用途別室内騒音の許容値

用途別室内騒音の許容値

2. 室内音響設計

■(1)室内の響き(残響時間)

KSApanel 響きは、音楽、会話に豊かさや暖かみを与えますが、響きすぎると室内の騒々しさやレッスンの会話に支障があります。鏡面が全面反射性になってしまうため、室内の残響時間は、できるだけ短いほうが良いと思われます。また、当社の吊下げ式音響調整パネルKSApanelを使えば、自らお好みの響きに調整できます。現在、響きすぎて困っている場合や、拡声器を使いレッスンすると、ハウリングでスピーカの音量が上げられず困っている場合も現状の仕上げをいじらずに音響調整ができます。

■(2)音響障害の防止

快適な音空間を実現するためには、“響き”だけではなく、音質を悪くする反射音を無くすことが必要です。平行する大きな反射面がある場合は、音響障害となりますが、ダンススタジオの鏡面は大きな反射面となりますので、鏡に対抗する壁面には、何らかの対策が必要です。

■平行する大きな反射面の対策

拡散処理(形状変形) 部屋の形状を変形する拡散体を取り付ける
吸音処理 内装仕上げを吸音構造にする吸音パネルを取り付ける

防音工事の施工事例・お客様の声を見る

施工事例

防音工事の施工事例

環境スペースで防音工事の設計・施工させていただいた施工事例をご紹介します。

お客様の声

防音工事のお客様の声

環境スペースで防音工事の設計・施工させていただいたお客様のお喜びの声をご紹介します。

防音体験ルームのご紹介

o;?