換気、足りていますか?防音室もそうでない部屋も。

(2020/02/27)

筆者の個人的な話ですが、

先日の三連休、とあるダンスイベントに出演させていただきました。

イベント自体は中止にならず何とか開催できたのですが、主催者の方から

「不自由をおかけしますが、今回は楽屋を閉め切らないようにお願いします」との注意事項が。

 

 

 

 

 

 

 

複数の出演団体が時間帯で入れ替わって楽屋を使わせていただいたのですが、

新型コロナウイルスの影響もあって、換気を徹底したいということでした。

 

 

時期も時期なので、今回は「換気」について少しお話しさせていただきます。

 

 

楽屋の話は一旦置いておいて。

 

環境スペースが主にいただくお仕事は「防音室」の工事です。

楽器の演奏のために防音室を作るケースが多いのですが、

つい練習に集中しすぎてしまい、頭がぼーっとしてしまった経験、ありませんか?

もしかすると、防音室換気が足りなくて、部屋の酸素濃度が低くなってしまったのかもしれませんよ。

 

 

 

 

 

 

防音室はその性質上、気密性を非常に高くしてありますので、通常のお部屋に比べて空気の入れ替えがしにくい構造です。

ロスナイは回しっぱなしにしておくのがちょうどいいくらいです。

また、音を出していない時は、ドアや窓を開けて積極的に換気をすることをお勧めします。

 

人は、通常1時間に約6畳の部屋分の空気が必要になると言われています(一人あたり)。

防音室内で楽器演奏の練習に熱が入ってくると呼吸も心拍数も上がりますので、

更にそれ以上の量の空気が必要になるはず。

特にこの季節は暖房器具も使用していますので空気が汚れがちになります。

しっかり換気をして新鮮な空気を入れ、気分をスッキリさせると練習の効率も上がりそうですね。

 

 

 

 

 

 

防音室以外のお部屋も同じです。

暖房効率を上げるためや

花粉などの対策のために

必然的に窓を閉め切ることが多くなってしまいます。

 

でも、注意してください!

閉め切った部屋には、健康に良くないこんなリスクがいっぱい!

 

■一酸化炭素中毒

冬場の暖房器具やガスコンロから出る一酸化炭素。

頭痛や吐き気などを催すことも。

 

 

 

 

 

 

■酸素濃度低下による酸欠

主に人間の呼吸によるもの。

上にも書きましたが、1時間に6畳の部屋分くらいの空気を入れ替える必要があります。

 

■結露

人の呼吸や料理、乾燥対策の加湿器などからの水蒸気が、外気との温度差によって結露してしまいます。

放置しておくとカビの原因となります。

 

■ハウスダスト

洋服の繊維くず、ダニの死骸やフン、ペットを飼っているならその毛などは

アレルギーやぜんそくの原因にもなってしまいます。

 

■ウイルス

インフルエンザや、新型コロナウイルスなども。

ウイルスは軽いので、空気中を舞って移動します。

換気をすることでウイルスを部屋の外に排出することができるのです(ハウスダストも同様)。

冒頭でお話しした、楽屋を閉め切らないように、という注意は

まさにこの対策方法だったんですね。

 

理想では、2時間に1回くらいのペースで5分から10分程度の換気をするのが望ましいそうです。

花粉が気になるという方は、早朝や夜間の飛散が少ない時間帯を狙ってみるのも良いかもしれませんね。

 

ウイルスについても、

マスク・手洗い・うがいなど、今できる対策をしっかり行って

必要以上に過敏にならず、落ち着いて乗り切りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

環境スペースは、「防音」や「音響設計」だけでなく、

飲食店医療施設などの経験も生かした緻密な換気計算

臭気対策のトップ企業であるカルモア社と提携した設備提案も含めて、

常に快適な室内環境をご提供いたしております。

 

 

 

環境スペースにて常設されている防音体験ルームをご紹介します。
防音工事により、実際にどのくらい防音ができるのかご体感ください。

お問い合わせ・見積依頼

0120-901-651

防音工事のお問い合わせ・見積・資料請求は無料です。
防音体験ルームのご利用は事前にご予約が必要です。


               
換気、足りていますか?防音室もそうでない部屋も。関連記事