ピアノが脳に良い理由。子供の習い事にもおすすめ

(2018/12/17)
弊社のご相談の中でも一番多いのが、ピアノ室の防音工事のお問い合わせです。

やはりピアノを習っているご家庭や、ピアノ教室を開設されるお客様が多いことが伺えますね。



本日はそんなピアノのお稽古が、脳の発達に影響を…と言ったお話です。

 

どんな世代でも、習い事の定番と言えば、『ピアノ』を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。小さい頃に習った経験のある方は多いはず…。

 

実は脳の発達には『ピアノ』のお稽古がとても良い、といったデータが近年科学的に証明されているんです。

 

「学習塾、英会話、習字、スポーツ系など、ほとんどの習い事をやってもHQはほとんど変わりませんが、ピアノだけ突出して高い効果が見られるそうです」



HQとは“人間性知能”のこと。これは人間らしい人生を送るための能力のことで、夢や目的に向かって適切に行動する能力“未来志向的行動力”と理性・思いやり・協調性を身に着けて生きる能力“社会関係力”のこと。つまり人生をよりよく生きる能力がピアノを習うことによって、形成されるというんです。これは非常にバランスの取れた人間像なのでは!?そんなお子さんに育ったら本当に嬉しいですよね。

 

また東大合格生の2人に1人はピアノ経験者というデータも。子供の頃の習い事経験に、ヴァイオリンやエレクトーンなどの他の楽器を含めると約6割を超えるそうなんです。

さらに東大合格率1位を誇る、全国有数の進学校・開成中学校高校では、授業でピアノを教えており、音楽理論を踏まえて自分で曲を作り、最後のテストで演奏するといったハイレベルな授業を展開しているようなのです。

 

「ホンマでっか!?TV」でおなじみ、脳科学者の澤口俊之先生もピアノと脳の関係性についてこう述べています。

 

‟ピアノというのは、両手を並列かつ複雑に使い、楽譜を一時的にも記憶しながら演奏し、さらに次に弾く楽譜を先読みします。そして特に重要なのは両手を同じように使いますが、その使い方がまったく異なるという点です。これは他のものにはない非常に高度な行為なんですね。つまり、ピアノをやっていると、自然にすべての脳機能を高めてしまうというわけです“

 

確かに考えるだけでも、頭のトレーニングになりそうなイメージがします。

さらに脳の構造まで劇的に変えてしまうという効果も証明されているそうなんです。

 

“ピアノのレッスンを続けることによって、脳の監督役でもある前頭前野が構造的に発達し、HQ(人間性知能)の長期的な発達につながります。また、脳梁(のうりょう)と呼ばれる部分が太くなり、左右の脳のバランスがよくなるんです。小脳も大きくなり、運動機能や知的機能、感情的機能までもアップします。さらに、海馬とよばれる部分が発達し、記憶力がアップするので、学力向上につながります。つまり、ピアノを習うことによって、脳機能をまんべんなく育て“地頭”をよくすることができ、スポーツや学力まで効果を及ぼすんです“

 

小さい頃からピアノを習うことによって、こんなにも多くの効果が得られるとは驚きです。しかも地頭を良くし、運動神経までも良くなるとは恐るべしピアノの効果!

 

ちなみに、最も効果的な時期は5歳~8歳。約4か月くらいで効果があらわれはじめ、2年ほどで脳の構造に変化が見られるとか。

 

ここまで聞くと、お子さんの習い事には是が非でもピアノをおすすめしたくなりますよね。



そしてお子さんだけではなく、これは大人にも言えること。

子どもほど顕著ではありませんが、大人の脳にも大人なりに効果があるそう。

まだ遅くはありません!

大人になってからピアノを習いたい!、小さい頃に習っていたあの曲をもう一度弾きたい!と思っている方はぜひもう一度チャレンジしてほしいですね。

 

 
o;?