駅で自由にピアノ演奏♫ 音楽ホールが素敵なコミュニティに

(2019/01/24)
JR品川駅構内に1月27日までピアノが置かれているのはご存知でしょうか?

このピアノは誰でも弾いて良いそうで、偶然通りかかった方が、自由に演奏をしているそうです。

小さなお子さんから、ご年配の方まで、幅広い年代の方が参加されている様子がSNS上やニュースなどで取り上げられていましたね。

中には、バイオリン、ギターなど他の楽器をお持ちの方と自由にセッションしたり、

腕自慢の方がいらっしゃったりなど、

演奏しているかたも、ふらりと立ち止まった方も本当にみんな楽しそう!

いつもは忙しくすれ違うだけの駅の広場も、こんな風に音楽を楽しむ場に変化しているなんて、とっても素敵ですね♪

その場にいる皆さんが、癒されたり、楽しんだり、思い思いの時間をすごしているようでした。

そして音楽を愛する方がこんなにたくさんいらっしゃることも、嬉しい発見です。



 

 

 

 

 

 

さて、音楽を奏でる空間は駅や広場など、楽器さえあればどこでも楽しむことはできますが、

実際、発表会やリサイタル、コンサート、ライブなどでは、音楽ホールなどで演奏する方が大多数だと思います。

 

音楽ホールは、豊かな響きが求められ、舞台から発した音が壁、天井等ホール空間で反射を繰り返し、

どの客席のお客様にも同じ響きが提供されることが大前提です。

もちろん演奏家にとっても、演奏に適した音響空間になっていることが理想です。

また座席によってステージが見えない等の、偏りがあっては絶対にいけません。

ホールは本来は音楽を聴くための空間というだけではなく、社交場としての位置づけも合わせて持っている為、

音響が優れ、デザイン的にもありきたりでない、

訪れた人たちが皆等しく快適に感じられる環境を提供しなければならないのです。

 

弊社『環境スペース』では

音楽ホールに求められる音響条件 は、

1.外へ漏れる音、振動が問題にならないこと
2.外部からの騒音や設備騒音が少なく静かであること
3.室内が響きすぎたり音質を悪くする反射音が無いこと
4.ステージから出た音が客席後方部まで、良い音で適度な音量で聞こえること

と考えております。



専門的な音の診断に基づき、お客様のご要望に寄り添い、環境に応じた音響設計を施工していきます。

どんな音楽ホールを作りたいか、どんな楽器を演奏するのか、デザインやご希望をじっくりとヒアリングさせていただきます。

お見積もりや工期など、気になる点は積極的にご質問ください。

しっかりとご納得いただいた後、防音工事に取り掛からせていただきます。

 

弊社にて防音工事を設計・施工させていただいた音楽ホールをご利用いただいた演奏家さん、お客様からは、こんな喜びの声をいただいております。

バイオリニスト:内藤歌子様より

“他のホールと大きく違う点は、音の響きだと思います。
同じ規模のホールでの演奏経験はたくさんありますが、大抵リハーサルのときには音が良く響いても、お客様が入場された本番になると、お客様の衣服に音が吸収されてしまい、バイオリンの音が伸びないと感じることがありました。こちらでは満席で演奏しても、豊かな響きをキープしてくれるので、とても弾きやすいです。”

音楽ホール制作:鏑木様より

“満足しています。想像以上の仕上がりでした。建てる前も、建てている間も想像がつかなかったのですが、この広さで希望の響きが実現できるのか不安でした。
内装工事に入った頃、一声「ああ~」と出しただけで、その出来映えに感動しました。自分が上達したと思うくらいでした。今ではいろいろな方に利用していただいていますが、この響きや雰囲気にも満足されているようです。”

皆さんに喜びを感じていただき、非常に嬉しく感じます。

音は繊細なので、

今後も音響設計を考えた、音楽を楽しむための心地よい環境を実現して参ります。

 

音楽は、世界共通言語だと言われています。

誰もが魅力を感じ、同じ感覚で同じ感動を共有できるものです。

品川駅のピアノのように、いつでも皆様が自由に音楽を楽しんでいただける場所を提供するお手伝いをするのが、私たちの理想です。

音楽による素敵なコミュニティ作りの一端を担えるよう、地域に愛される豊かな音楽活動の体験の場として、

今後もお客様皆様が満足してくださる、そして音楽を愛する皆さんがご納得してくださる音楽ホール制作に、力を注いで参りたいと思います。

 
駅で自由にピアノ演奏♫ 音楽ホールが素敵なコミュニティに関連記事
o;?