世界で一番大きな音とは?その意外な影響も。

(2020/02/20)

突然ですが、

以前の記事で、「世界で一番静かな場所」についてご紹介させていただきました。

  ※「世界で一番静かな場所~「無響室」ってどんなところ?」

 

では、逆は?と思ってしまうのは人間の心理ですね。

ただ、さすがに「一番うるさい場所」を特定するのは無理があるので、

今回は「世界で一番大きな音」についてのお話です♪

 

 

 

 

 

 

 

まず、身近な音がどのくらいの大きさなのか、簡単にご説明します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このホームページ上でも色々なところに貼ってある表なので

見覚えのある方もいらっしゃるでしょう。

 

人が「うるさい」と感じる音圧レベルは、概ね70㏈(デシベル)以上からです。

また、10㏈上がるごとに、人の耳では音の大きさが2倍になったように感じます。

ということはつまり、

30㏈40㏈に上がった時の差と

100㏈110㏈に上がった時の差は、数字の上ではどちらも同じ10㏈ですが、

体感上ではもっと差があるように聞こえる、ということです。

面白いですよね。

 

この表では120㏈までしか書いていませんが、

例えばあと10㏈上げて「130㏈」になると・・・

体感上では、飛行機のエンジン(プロペラエンジン)の音の「2倍」?!ちょっと想像できませんね。

また、だいたい100㏈を超えたあたりから、痛みなど、聴覚機能に異常があらわれ始め、

苦痛を我慢できる限界がだいたい130㏈だと言われています。

 

 

 

 

 

 

更に上げて140㏈

飛行機のジェットエンジンの離陸時の音を真横で聞いている状態、だそうで、

これはもう鼓膜が破れてしまうレベルです。

 

これをふまえて。

 

地球上で計測された最大の音圧レベル(音の大きさ)は

なんと 172㏈ だそうです。

しかも、音源から160㎞も離れた場所での計測値なんです!!

 

これは一体何の音かというと、

「火山の噴火の音」なんです。


(Wikipediaより)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

1883年(明治16年)、インドネシアのクラカタウで起きた途方もない規模の大噴火、

その噴火の爆発音が160㎞離れたジャカルタで観測されており、

それが現在最も大きな音と言われています。

160㎞といえば、東京からなら静岡を少し超えたあたり。

大阪からなら、名古屋のちょっと先あたり。

そんな離れたところでも172㏈だなんて、

音源付近ではいったいどれだけの音圧になっていたのでしょうね。

誰か数字に強い方、距離減衰を計算してください・・・

 

とにかく、とてつもない規模の噴火です。

火山から2,000㎞離れた場所(東京から例えると上海は余裕。台北の手前まで)では

「銃声のような、並外れて大きな音」が、

3,200㎞離れた場所(東京からだと香港、マニラあたり)では「大砲のような大きな音」が、

また、4,800㎞離れた場所(東京からだとバンコクあたり)でも「遠くで銃声のような音」が聞こえた、

と伝えられています。


(参考)東京からの距離
赤:2,000㎞
緑:3,200㎞
青:4,800㎞


 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、世界中で火山噴火の音が記録され、その範囲は地球上の13%にも及び、

爆発音は実に5日間にもわたって地球を3周したというデータが残っているのです。

(データによっては4周と報告されているものもあるそうです。)

 

ちなみに、地球上の大気の中で出すことのできる音の限界は 194㏈ だそうです。

それ以上の音は空気を通り抜けることができず、「衝撃波」となるのだそう。

(アポロの月面ロケットが発射される時に220dBを計測したという説もあるようですが、

これはもう「音」ではなく「衝撃」として捉えられているようですね。)

 

凄まじかったのは音だけではありません。

爆風による気圧の上昇は、ニューヨークやワシントンDCでも観測され(噴火から18時間後!)

噴煙は高度27,000mにまで到達し、

膨大な量の火山灰の影響で、北半球全体が数年にわたり

平均気温が0.5℃から0.8℃も低下したと言われています。

全世界的に異常気象が引き起こされ、ヨーロッパではその後数年間、

赤色や七色など不思議な色の太陽が観測されていたそうです。


(写真はイメージです)


 

 

 

 

 

 

 

ところで。

 

みなさんよくご存じの有名な絵画、ムンクの「叫び」


(Wikipediaより)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと不気味にも思える背景の色合いは、

実はクラカタウ噴火後の不思議な太陽の色がモデルになった、という説もあるそうですよ。

 

クラカタウの噴火が 1883年、

ムンクが「叫び」を描いたのは10年後の1893年のこと。

 

多くの犠牲者も出た世紀の大噴火ですが、

意外なところで、芸術家のインスピレーションの源ともなっていたのですね。

 

 

見えない音を数値で表す!

環境スペースの音響測定事業については こちら※ をご覧ください。

(さすがに172dBは測れませんが。)

 

 

以下は、防音体験のご案内です。

環境スペースにて常設されている防音体験ルームをご紹介します。
防音工事により、実際にどのくらい防音ができるのかご体感ください。

お問い合わせ・見積依頼

0120-901-651

防音工事のお問い合わせ・見積・資料請求は無料です。
防音体験ルームのご利用は事前にご予約が必要です。


               
世界で一番大きな音とは?その意外な影響も。関連記事