頑張れライブハウス!かつてのバンドマンより愛をこめて。

(2020/03/12)

新型コロナウイルスの影響で、全国のイベントが中止や延期を余儀なくされています。

中でも矢面に立たされているのが、ライブハウス

残念なことに、感染しやすい条件が揃ってしまっているということで、

不本意にも注目されてしまいました。

 

環境スペースでも多くのライブハウス防音工事のお手伝いをさせていただいています。

個人的にも、学生時代には広島の某ライブハウスにとてもお世話になりましたので、

今の状況が悔しくてなりません。

「3.11の時には音楽で元気を届けることができたのに・・・」という記事などを見ると

本当にいたたまれない気持ちになります。

 

本日は、「頑張れ!」の気持ちも込めたライブハウスのお話です。

 

 

 

 

 

 

 

ライブハウスは、言うまでもなく、大きな防音室です。

基本的な構造は、マンションのピアノ防音室や戸建住宅のドラム防音室などと変わりません。

実際にライブハウスを施工した時の写真がありますので、よろしければご覧ください。

※「ライブハウスができるまで」

 

一般住宅の防音室と大きく違うのは、用途を除くと

「音量(音圧レベル)」なのではないでしょうか。

アコースティックがメインのライブハウスもありますが、

多くは生ドラム+スピーカーの大音量を鳴らします。

オーディエンスのレスポンスもあります。

また、夜間に営業するライブハウスも多いですよね。

 

よく、地下のライブハウスから、防音はそこまで考えなくても大丈夫だろうと思っていたら、

1階どころか3階のテナントさんからも苦情が来てしまった、なんて話を聞くことがあります。

確かに、地下で音を出すことによって、外(道路)への音漏れは軽減されますが

建物の躯体を伝わる音・振動(固体伝搬音)は地下だからといって防ぐことはできません。

過去の記事で何度もご紹介しているので、

いつも読んでくださっている方にはすっかりお馴染みかと思います。

固体伝搬音の対策をするのなら、ライブハウス全体を建物の躯体から離して

振動を伝えないようにする構造(浮き構造)が必要になるのです。

 

 

 

 

 

 

 

ライブハウスのような高い音圧レベルの防音対策として、

建物の床(コンクリート)の上に吸音材であるグラスウールを敷き詰め、

ビニール、金網でカバーした上から更にコンクリートを打設する

「湿式」という工法が用いられています。


黄色いのがグラスウールです。

配管もしっかり覆います。

ビニール・金網でカバーして・・・

コンクリートを打設します。


 

 

 

 

 

 

 

 

床だけでなく、天井や壁、エントランスも厳重に防音させていただきましたので、

このライブハウスはなんとマンションの1階(!)にもかかわらず、

住民の方やご近所の方からの苦情もなく、大変ご満足していただきました。

ありがとうございます。

 

ライブハウスは防音するだけでなく、音の響きも重要なポイントです。

ライブ」「デッド」という言葉をご存知の方もいらっしゃるでしょう。

ライブ」とは、音の響きが長めな状態を指す言葉で、

ジャズ系やアコースティックがメインのライブハウスでは

「ライブ目」の音響に設計することが多いです。

逆に「デッド」とは、余計な音が響きすぎない状態です。

ロックやポップスのようなジャンルでは、ミキサーやエフェクターなどで

音を加工したりしますので、音が響きすぎるとかえって不都合です。

このように、メインに演奏されるジャンルに応じて、

ライブハウス内の音響設計も行われています。

コンクリートむき出しの内装もかっこいいのですが、

ジャンルによっては音が響きすぎてしまうので、

響きを抑える処理(吸音処理)が必要になる場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

筆者がまだ防音業界のことを全く知らなかったうん十年前のことです。

恥ずかしながら、当時ロックバンドを組んでいたのですが、ある時趣向を変えて

なじみのライブハウスでアンプラグドのライブをさせてもらったことがありました。

その時に「何だかいつもより音が響きにくいなー」と

若造が生意気にも思ってしまったのですが、

今思えば、そのライブハウスは「デッド目」で設計されていたので

アンプを通さない生ギターの音が響きにくいのは当然のことだったんですね。

マスター、まだ元気かな。

 

ライブハウスは、観る人も演奏する人も、運営する人も

みんなが幸せになれる空間です。

一日も早くこの難局を乗り越えて、

またみんなで幸せになれる日が来ますようにと願うばかりです。

 

 

 

 

 

 

そうそう、せっかくご近所に迷惑をかけないように防音したライブハウスだから、

観終わったあとは外で騒がないように気をつけましょうね。

 

本日も最後までお読みくださってありがとうございます。

以上、うん十年前の特技は「高速8の字巻き」だったSがお届けしました!

 

環境スペースにて常設されている防音体験ルームをご紹介します。
防音工事により、実際にどのくらい防音ができるのかご体感ください。

お問い合わせ・見積依頼

0120-901-651

防音工事のお問い合わせ・見積・資料請求は無料です。
防音体験ルームのご利用は事前にご予約が必要です。


               
頑張れライブハウス!かつてのバンドマンより愛をこめて。関連記事