防音室のエアコン事情

(2018/07/17)

夏も本番。連日うだるような暑い日が続いていますね。
30度を超える気温がもはや当たり前である近年。
暑さ対策は命を守るための切実な課題となってきています。

さて、防音室ご利用の皆さまはきっと感じていらっしゃることでしょうが防音室内は、暑いです。
これはごまかしのきかない事実。

なぜなら、防音室は気密性が高い造りだから。
そして、壁に吸音材として充填する「グラスウール」は、断熱材としてもつかわれる素材なのです。

さらに、防音室内に熱を発する機材を置いている場合は、その熱もこもりさらに暑くなります。
防音室の暑さ対策は必至。エアコン設置はマストです。

熱に弱いPCや音響機器などの精密機械やピアノや弦楽器、木管楽器などの温度・湿度でコンディションが変わる楽器の状態を保つためにも防音室内ではエアコンを必ず回しておきたいところです。

でも、防音室って、気密性を高めることで音を外部に漏らさない構造なんじゃないの?
エアコンを設置するということは、防音室の壁に穴をあけるってことだよね?
音、漏れないのかな・・・??
と気になりませんか?

確かに、防音壁に穴をあけると遮音性能が下がります。
さらに、その穴の先に音を伝達する(響かせる)ものが設置されている場合、音はダダ洩れになってしまいます。

しかし、そこは防音工事の専門、環境スペースですからもちろん音漏れの起こらないようきっちり対処しております。

防音壁にダクトを通すための穴(スリーブ)のあけ方や、室外機につながるダクト周りの処理など、音が漏れないための工夫を、様々な技術をもって施します。

場合によっては、室外に設置して冷気を取り込む構造にしたりしてエアコン自体の稼働音までも防げるように設計します。
レコーディングスタジオなど、些細な音にも神経を使う空間には必要な技術です。

場合によっては設置するエアコンの機種も制限されますので、防音室を施工する際は、エアコンの設置の件もあらかじめご相談いただけると良いと思います。

環境とスペースのプロ
である環境スペースですから防音室で快適にお過ごしいただけるよう、あらゆる側面から快適な環境づくりをプロデュースしております。

環境スペースにて常設されている防音体験ルームをご紹介します。
防音工事により、実際にどのくらい防音ができるのかご体感ください。

お問い合わせ・見積依頼

0120-901-651

防音工事のお問い合わせ・見積・資料請求は無料です。
防音体験ルームのご利用は事前にご予約が必要です。


               
防音室のエアコン事情関連記事