アパートの画像

本日は筆者が実際に体験した騒音トラブルをお届けします。舞台はマンション、アパートといった集合住宅。
騒音トラブルと一口にいっても人の話し声、足音、テレビなどの家電、挙げればまだまだ沢山ありますが今回は音楽の重低音にフォーカスしています。

■夜な夜な聞こえてくる重低音

オーディオの画像

あれは今年の1月くらいでしょうか、夜になるとどこからともなく「ズンズン」といった音楽の重低音が聞こえてくるようになりました。壁に耳をつけて聞くとかすかにボーカルのような音も聞こえてきます。
時間は夜の10時頃、大音量で音楽を鳴らすのは自粛すべきであろう時間帯です。

実際「大音量」といえるような爆音ではありません。ただただ「ズンズン」と低音だけが響いてくるのです。これまでにも隣人の音楽が聞こえてくることはありましたが低音だけというのはあまり記憶にありません。
筆者は近くに線路がある立地に住んでいるため夜になっても電車の音がうるさいので普段から耳栓を使用して就寝しています。
しかしこの体に直接響いてくるような音楽の低音、もとい「重低音」は耳栓では防げませんでした。

ここで先に低音と重低音の区別を説明します。調べたところこのあたりの定義がかなり曖昧で明確な決まりがあるわけではなく、例として音の単位Hz(ヘルツ)で示すと100Hz以下、または20Hz~100Hzの間、または20~30Hz以下の低音を重低音と区別するようです。この時点でバラバラですね。共通するのは音というより振動として捉えられる音域とのこと。ちなみに日常会話は250Hz~4,000Hzといわれています。

■重低音は何故耳栓で防げないのか

スピーカーの画像

さて、この重低音ですが1日では終わりませんでした。最初に聞こえた日から毎晩続くようになりました。これはもう黙ってはいられません、何しろ耳栓で防げないのです。
これは一体何故なのか?また何故重低音だけが響いてくるのか?この答えは当ブログでも何度か紹介している「固体伝搬音」だからです。音の伝わり方には2通りありひとつは「空気伝搬音」。音源から放出された音が空気中を伝わっていく音のことで音源からの距離が離れるほど減衰し、壁などの遮蔽物によっても減衰します。こちらは耳栓でかなり効果が期待できます。

もうひとつが「固体伝搬音」です。これは壁・天井・床に入射した音が物体内を伝搬して空気中に放射する音のことです。困ったことに距離が離れていても空気伝搬音ほど減衰しません。「ズンズン」と音楽の重低音だけが響いてくるのはこれが原因です。
更に厄介なのは部屋で聞こえる感覚だけでは音源の特定が難しいです。筆者は隣の部屋から聞こえてくると感じましたが管理会社に連絡したところ隣室は「空室」でした。

結局この騒音トラブルは管理会社に連絡し全戸に注意用の張り紙を配る対応をしていただいたところ連日響いて来た「ズンズン」という重低音はなくなりました。それでも時折「ズンズン」と聞こえてきますが以前ほど頻繁ではないので我慢することにしています。
このように騒音トラブルでお悩みの方は是非弊社、環境スペースにご相談・・・いや、ちょっとおかしいですね、この手の事案では被害者の筆者ではなく可能な限り加害者である人物が防音対策をしてほしいものです。

このブログでは主に音に関係するテーマで色々なジャンルの話題を取り上げております。
筆者のアパートにも防音対策をしたい今日この頃です。最後までお読みいただきありがとうございました。

お問い合わせ・見積依頼

0120-901-651

防音工事のお問い合わせ・見積・資料請求は無料です。
防音体験ルームのご利用は事前にご予約が必要です。

環境スペースにて常設されている防音体験ルームをご紹介します。
防音工事により、実際にどのくらい防音ができるのかご体感ください。


               
マンションやアパートで聞こえてくる音楽の重低音関連記事