【夏の音】癒しの効果「1/fゆらぎ」を活用して、人生に癒やしを | 防音室・防音工事は環境スペースにお任せ|サウンドゾーン

GWを過ぎると、もう初夏を感じる季節ですよね。

窓を開けると気持ちの良い風を感じ、夏の湿気が本格化する前のさわやかなひと時、個人的に大好きな時期です。

少し早いですが、夏の音と言えば、どんなものを想像しますか?

波、花火、風鈴など癒しの音、またお祭りやビールの音、セミの声など、たくさん想像できますね。

あるいは、蚊、雷、夕立など、一般的には嬉しくない音も多いかもしれません。

本日は、せっかくなので癒しの効果がある音について、お話できればと思います。

「波の音」は、癒やしの音

夏の音と言えば、あのザザーンという「波の音」について、好きな方が多いかと思います。

ゆったりと寝そべりながら、波の音を聞いていたいですね。

ずーっと聞いていられますし、そのうち眠ってしまうことも…。

波の音のような「水」の音は、聴覚を利用した「癒し」のカテゴリーの ひとつだと言われています。

水の音を聞いていたら、なんとなく落ち着いた…という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ヒーリングミュージック」と呼ばれる音楽カテゴリーでは、水音が大切な役割を果たしています。

水は人間の身体にとって、最も基本的な物質のひとつですし、波の音や川のせせらぎは、母親の胎内の音に似ているとも言われています。

その同じリズムで海岸に打ち寄せる、波の音に耳を傾けていると、心の不安やイライラを取り除き、だんだんと穏やかな気分になりますよね。

実は「1/fゆらぎ」と言われる、リラックス効果が含まれているからなんです。

1/fとは、「規則的なもの」と「不規則的なもの」が調和した状態

「1/fゆらぎ」のfとは振動数、あるいは周波数のことで、英語のfrequencyの頭文字のfからきているものだとか。

「パワー(スペクトル密度)が、周波数fに反比例するゆらぎ」のことを言うそうですが、もう少し簡単に言うと、一定の様でいて、実は予測できない不規則なゆらぎの事を言います。

波音に加え、小鳥のさえずり、雨音、電車の揺れ、キャンドルの炎の揺れ、等々。

「規則的なもの」と「不規則的なもの」が調和した状態、日頃感じている「癒し」には、この「1/fゆらぎ」のメカニズムが大きく関わっているそうですよ。

変わったものでは「木目」も「1/fゆらぎ」効果があるそうです。

よくよく考えてみると、木目調の空間だと落ち着きますよね。

カフェなどでも、木の造りだとリラックス出来そうな雰囲気がしますよね。

暖かく柔らかい印象もたらすそう。

お休みの日に、自然に触れ合うと元気になりますよね。

世の中は1/fで溢れている

さて「音」に戻ると、人の声にも一万人に一人の確率で、この「1/fゆらぎ」を持つ人がいるそうです。

歌手の宇多田ヒカルさん、美空ひばりさん、小田和正さんなど。

ヒット曲にも、その声が出ていることが多く、これは生まれ持ったものだそうです。

改めて聞いてみると、確かに心地よい声なのは間違いなさそうです。

以前ブログでご紹介した、『モーツファルトを聴くと、花粉症が良くなる』の記事と同様に、モーツァルトの楽曲の高周波にはリラックス効果がある、という話と似ています。

α波が出て、心地よく感じる。自律神経を整えてくれるんですね!

一般的にクラシック音楽には、「1/fゆらぎ」が多く含まれている楽曲も多数あります。

クラシック音楽を聴くと眠くなってしまう時があるのは、それも一因かもしれないですね(笑)

人の声は、男女とも16歳ぐらいで声変わりし、その後何も意識せずに過ごしていると、80歳ぐらいで男女の声の差はなくなるんだとか!

ちなみに身長の高さと声のトーンは、ほぼ反比例します。

最近は女性の平均身長が高くなったことから、低い声の女性が増えたともいえます。

また、男性的な言葉遣いを続けていると、無意識に声のトーンは低くなるそうです!

逆に、女性らしい人に囲まれていると、声が高くなるというデータも。

環境によって人の声の高さが変わるとは、驚きを隠せません。

声は使えば使うほど磨かれていくものだそうなので、意識して磨いていきたいものです。

音楽の癒しの効果を上手く利用して、ストレスの多い世の中を、渡っていけたらいいですね。


               
【夏の音】癒しの効果「1/fゆらぎ」を活用して、人生に癒やしを関連記事